オリンパスが次のm4/3カメラに1/16000秒のメカシャッターを採用?

43rumors に、オリンパスの新型m4/3機のシャッターに関する噂が掲載されています。

(FT3) New Olympus Mechanical shutter will do 1/16,000 (and electronic for 1/32,000)

  • 匿名のソースが、オリンパスの次のマイクロフォーサーズカメラには、1/16000秒のメカシャッターが搭載されると教えてくれた。そして、1/32000秒の電子シャッターもある。この機能はE-M5後継機への搭載もあり得るように思われる。

 

信憑性の高い噂ではないようなので、参考程度に聞いておいたほうがいいかもしれませんが、もし事実だとすると、メカシャッターで1/16000秒はすごいスペックですね。ただ、シャッターを高速化すると、シャッターユニットのサイズが大きくなったり、振動が大きくなったりする問題もあるようなので、その辺りの対策が鍵になりそうです。

電子シャッターの1/32000秒は、富士フイルムがX-T1等に既に採用してきているので、オリンパスが採用してもおかしくはなさそうですね。

2014年9月26日 | コメント(31)

コメント(31)

電子シャッターではなくメカシャッターというのは凄い
こういうの見たら欲しくなるのは病気だなぁ・・
自粛しないと

夢気分で待ってます。

これからの時代、電子シャッターの更なる進化に期待したいですね

メカをガチャガチャと動かすのはデメリットが多すぎます
動体撮れるようになったらメカシャッター不要で更に小型化、高耐久ですね

一辺がフルサイズの約半分なので、幕速はフルサイズの1/8000秒と同等という事かしら?それでも十分早いけど。

高感度耐性を上げるために基準感度を高めに設定することで、低感度側は弱くなっているのは否めませんね。
その対策として、センサーサイズが小さいメリットを生かしてシャッター速度を上げるということでしょうか。楽しみなような、しかしE-M1には載らないという現実もあるわけで、悩ましいです。

1/16000って学術用途以外に使い道あるんですかね?
1/8000すら滅多に使わない自分には想像がつかない
世界です。

あと高速にしても活かせる明るいレンズが無いのでは?
感度上げて対応?大口径レンズへの布石?

ボディ内手ブレ補正が優れるオリンパスに電子シャッターですか
今まで技術的な問題で搭載してなかったと思ってましたが。
シャッターブレと音が気になる身としては、今年一番のニュースですね
レンズ交換式で一番ぶれないカメラになりますね
メカシャッターはシャッターユニットの大型化で弊害の方が大きそうですが、どうでしょうか

オリンパスって、自社でシャッター造ってないですからね。
コパルがα9で1/12000sec.を達成した時には次の目標をX1/500sec.1/15000sec.としていましたが、それから久しく、既に当時の技術者もいません。

また、4/3規格はセンサとシャッターの間隔が広く、シャッタースリットを狭くしても動体静止効果が得られない為、メカでわざわざ不安定な高速シャッターに挑む理由がありません。

恐らく1/8000sec.より高速に傾注するのであれば、従来のフォーカルプレーンシャッターであるはずはなく、何か違う方法を採るはずです。

次のと言われても、
どういうグレードの機種になるのでしょうか。

順番的には、M5後継機でしょうか。
でも、M1を上回るスペックで出してくるというのは疑問ですね。

F1.0~F1.2くらいの明るい単焦点も出してくるということではないでしょうか。

大口径単焦点だったらF2.8通しのズームと違ってE-M5の後継機のようなフラッグシップにならないカメラにも合いそうです。

m4/3にはNOKTON F0.95シリーズもありますしね。

幕速を上げるのはシャッターメーカーの大きな協力が必要でしょうけど、
スリット幅を狭めて成立するなら十分可能でしょう。
個人的には、1/125s付近で発生することがある微ブレの解消を
併せてお願いしたいところです。

ただ、ゴミ写りこみの少なさと引き換えに動体静止効果の薄い4/3だけに、
数字だけ高速化しても実利がどれだけあるか?という疑問は残りますけどね。

以前の記事にあったF1.0クラスのレンズへの対応でしょうかね。

何はともあれ、露光の組み合わせが広がることはいいことです。
そのシャッターユニットを搭載した新ボディと、噂?のF1.0レンズが同時に発表されれば、「おおーっ」とワクワク度が倍増します。
期待せずに、期待してます!

まさか、、かつてのpenにあったようなロータリーシャッターとか…⁈

E-M1使いさん

同じシャッタースピードがでるパナソニックのGM1を持ってますが、1/16000は炎天下にf1.7以下のレンズを持っていくと普通に使いますよ

>>robinさん
幕速はかならずしもシャッタースピードに直結しません。
幕速が同一でも、先幕と後幕の並走間隔が短くすればシャッタースピードは上げられますから。
また、フォーマットとシャッタースピードも連動しません。センサー端から端までの露光時間はフォーマットが大きくなれば長くなりますが。
むしろ、小さいフォーマットの方が小さいシャッター羽根で済むため、小さい部品を動かす方が機械的に無理がないというのは関係することでしょう。

明るいレンズを晴天化で使うだけなら電子シャッターで済みそうですが、違うんでしょうか?
ローリングシャッター現象はわかりますが、1/16000秒で動きが止まる被写体を,明るいレンズの開放で使うという前提が思いつきませんでした
微ブレのリスクを冒してまで搭載するものなのかと

こんな早いシャッタースピードを搭載するなら、もっともっと明るいレンズの需要を考えてるんですかね。

まぁまだFT3ですけど。
個人的にFT5以外は当たらない事ばかりな気がするので 笑
でも期待してます。

銀塩の9xi使ってた頃、確かに1/12000秒はおろか1/8000秒も使ったことが無かったなぁ。フィルムもISO64とかだったし。
でもX接点1/300秒は日中シンクロで重宝しましたね。全速同調可能なレンズシャッターSLRと併用できましたからね。
だから今回、スリット幅じゃなくて幕速が上がってくれればと期待します。そうなればおのずとX接点は上がることでしょうから。

カメラメーカーが各社とも電子シヤッターに重きを置きつつあるので、日本電産コパルかエプソンが対抗策としてメカニカル高速シャッターを開発してるとの見立ては出来そうですね。

幕速上がりますかね?
従来維持のまま、スリットが狭くなるだけじゃないかな…。
オリンパスにはスーパーFP発光があるから、ストロボ同調に困らないし。

あるいは、電子シャッターの幕速(?)が向上したのかもしれません。
SONYセンサー使ってるから、グローバルシャッターが遂に実用化したのかも。
ローリング歪みがないなら、電子シャッターで困りません、というより電子シャッターの方が嬉しい…。

懐かしいですね。

α9の衝撃を思い出します。

NOKTON愛好家の方には受けそうな企画ですね。

本筋は動画に関係していると思いますが・・・。

43時代に、静電誘導だかを使った高速シャッター特許を出してたと思うので、それを使うのかな?
現行のシャッターユニットはセイコープレシジョン製だと思うので、セイコーから
なにがしかの提案を受けた可能性もあるね

動体撮影が有利になります(^^)

ますますシンクロが有利になりますw

明るい野外でのポートレイト。背景をぼかして人物を際立手たいときフィルター要らずになるのでいいですね。

炎天下で開放で、花の回りを飛んでる虫を、さらにシンクロして、というような超高速シャッターならではの写真、ちょっと見てみたいです。ニコンが得意としてましたが、オーバースペックでもニッチすぎる機能でも、今までにないスペックって、イメージングを拡張しますよね。

フィルム時代の pen FT に装備されていた、ロータリーフォーカルプレーンシャッターは、  1/500s でストロボ同調出来ましたから、そのシャッターのシャッター幕を2枚にして、スリットを狭くすれば、可能ではないかと考えられないことはないと思います。

もう、約45年前の製品ですから、その後の、シャッター幕の材質や技術の進歩から実現可能ではないかと思われます。

何人か触れてる人がいるように、
シャッター効率を上げれば高速化が生きるだろうね。
ただし、ゴミの写りやすさと相反するが。

幕速が上がってX接点速度が上がればFP発光時のガイドナンバーも上がるから、
どちらにしても日中シンクロ派にも嬉しいかな。

止めることにこだわらなければ、
ISO50とか使えるように
してもらえればいいことだと
思うのですが。
高感度重視な空気のなかでは
難しいのでしょうね。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2019年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2019年9月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

このブログ記事について

このページは、2014年9月26日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「富士フイルムのカメラボディの販売台数は7月の時点で昨年の2倍を達成」です。

次のブログ記事は「ソニーが10月に4K動画対応のRX20を発表?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る