オリンパスE-M5II の前面・上面・背面の画像

読者の方から、オリンパスE-M5II の前面・上面・背面の画像を提供していただきました。

E-M5II では、背面の液晶モニタがバリアングルモニタになっているようですね。上面のダイヤルやボタンの配置は現行型からかなり大きく変わっているようで、電源スイッチもE-M1と同じ左肩に移動されたようです。ボディの質感もこれまでよりも良くなっているという印象です。なお、ボディーカラーはシルバーの他にブラックも用意されるようです。
------------------------------------------------------------------------------------
画像を送って下さった方ありがとうございました。

oly_e-m5ii_silver_f001.jpg

oly_e-m5ii_silver_t001.jpg

oly_e-m5ii_silver_b001.jpg

2015年1月15日 | コメント(90)

コメント(90)

バリアン。待ってました。
インターフェイスは結構変わりましたね。
できればOM-Dシリーズでの統一感。
OLYMPUS全体の統一感を出して貰えると
よいのですが。

来週辺り来るかと思ったら意外に早く来ましたね。

バッテリーグリップはE-M5と同様のパターンなのでしょうかね?
フラッシュはどうするのかが少し気になります。

14-150Rが防塵防滴化だったら…とは思いますがまあ、妄想ですね(笑)
さて、続報に期待します。

E-M10に続き、AP2は本格的に廃止?

バリアン、ヒンジが下辺についているのはソニー(Aマウント機)だけですが、特許とかあるんですかね?
便利なんだけど、左辺にヒンジだと液晶が横にはみ出てあまり好きくないのですが。

これが本当なら格好よくなりますね.偽ペンタ部分がさらに尖ってOM-1/2ぽっくっていいですね.
気になるのがシャッターボタン周りのダイヤルが不自然に不必要に高く,操作しづらすそう.さらにシャッターボタンも真上向きでα7のようで押しにくそう.
それにしても,ちょっとOM-1/2に似すぎて,これってフェイクでは?

バリアングルついに来ましたか、よかったです、ずっと待ってました!
バンザ~イ!

バリアングル!
迷います(笑)

E-M1同様のFnレバーが付いたので、E-M5Ⅱの操作性は劇的に良くなるでしょうね。Fnボタンが4つもあるのが気になります。スタイルはレリーズ周りはOM-3・4、全体的にはまんまOM-1・2ですね。E-M5Ⅰよりも好みです。

ペンタ部がなんとなくE-M5よりシャープになったような…というかトンガリ度があがってる?実物を見たらその部分だけで買ってしまいそう(笑)。


PEN E-P5に劣っている部分を、全て解消してほしいです。バリアンは歓迎です。

Fnレバーが付いてE-M1に近い操作性を得て、さらにバリアングル液晶ですか。完璧に近い進化ですね。気になるのはAFとEVFの性能でしょうか。
E-M1ブラック所持でさらに銀を買い足そうかと思案していたところに、E-M5後継機の情報。正式発表が楽しみでなりません。

OM-1/2風のアタマといい、OM-3/4風のボタン配置といい、くすぐってきますね。何といっても電源レバーの位置がたまりません。これで、マウント部にシャッタースピードダイヤルがあったらカンペキです(笑)。
バリアングルモニターを閉めて、撮影に没頭したいですね。

見た目がさらによくなりましたね。本当に高級感がありますし、なによりバリアングルが本当に良いです。あとはEVFの性能が気になります。

E-M5は買ったものの、ボタンの感触・背面側のダイアル位置が
遠くて扱い難く、また当初は手振れ補正の音が気になったりと、
少々難点があってE-M1に買い換えましたが、デザイン・操作系の
改良もされていそうで良いですね。
E-M1の様にグリップ部は膨らんでいるのが握りやすいので、
小さいのが利点なのと、待望のバリアングルが必要で、像面
位相差AFが要らなければこれが最適かと。
…と言ってもまだデザインだけで内容まで分からないのですが。

操作性や性能は向上しているんだろうけど、なんか先代の方がかっこいい気がします。

デザインもいいし、シルバーのカメラも欲しいんどけど最近のカメラのプラスチッキーなシルバーのカメラはあまりかう気になりません。

14ー150がリニューアルで、動画機能強化が噂されるので、まさかと思うがAP2廃止の代わりにマイク端子があるかどうかが非常に気掛かり。あまり知られていませんがE-M5、E-P5、E-M1と動画手ぶれ補正と動画AFは飛躍的に進化(E-P3のコンニャク現象は完全に過去の話)し、三脚必須のGH-4では撮れない手持ち動画(個人的には動画最強5軸手ぶれ補正で新境地が開けました)がカメラ単体で簡単に撮れてしまうOlympusの最新機種として、そこは押さえてほしいところ。

AP2が無くなってすっきりしましたね。
最初からEVFの付いてるOM-Dではほとんど意味の無いAP2でしたからね。

3軸可動液晶も良いですね。
μ4/3になってからチルト液晶ばっかりでちょっと残念でしたがやっと4/3並の使い勝手になりそうです。

後は防塵防滴が継承されるかと5軸手振れ補正の安定度(特定のシャッタースピードでの誤作動が無くなってるかどうか)です。

噂の画素ずらしでの高画素化も楽しみですね。
(個人的には高画素化より画素混合での画質向上出来た方が嬉しいですが・・・)

パナのGシリーズの更新が止まってるので新しいE-M5IIには結構期待しています。

シャッタースピードはE-M1同等でしょうか?
明るい単焦点を活用するためにもSS1/8000ほしいです。

納得の出来ならGX7を手放して購入したいです。

えっ( ´△`)…X-T1買っちゃったでわないですか。

ても、親指AFでフリーズするのが改善させてたら買いましょうかね~(;´∀`)

E-M5はデザインのオモチャっぽさが質感をスポイルしている所がありましたが、今度のデザインは質感アップに寄与してますね。
各部に多角形イメージを持たせ、全体は統一されています。

背面のデザインにイマイチ感はありますが、全体的にはE-M1のデザインよりは好感を持てると感じました。

筐体の大きさはE-M5とそれ程変わらないか、小さくなっている様にも見えます。(錯覚でしょうか・・笑)
EVFがどの程度強化されているのか気になります。

ホットシューより細くとがらせる必要がありますかね。
銀塩世代じゃないんでかっこ悪く見えます。

 ようやくバリアングル復活ですね。使いでが悪いので暫く離れていましたが、これで操作性がよければ再びオリンパス機が購入対象になりそうです。

特定のシャッタースピードで誤作動というのはE-P5ではすでにないですよ。というかE-M5でもないと思います。
シャッターの振動がセンサーに伝わって微細にぶれる現象と勘違いしていませんか?
なぜかオリンパスばかり騒がれるけど一般的な現象です。
対策は先幕を電子式にしてシャッターの振動を軽減させるくらいしかないみたいです。
E-M5には搭載されていませんが、オリンパスの場合、低振動モード0秒というのが電子先幕式のことです。

OM1、2のデザインが、ここまで続くとは当時は誰も思っていなかったのでは。。。。OM1は使ってました。 
とにかくとてもオリンパスなデザイン!でも何故名前が EM.....OMD で 統一したほうがにいいと思います。

この画像、フェイクっぽいですが、
本物なのでしょうか?

なぜならば、ホットシューの下に、マルチコネクタが無いんですよね。

これが無いと、現行のアクセサリがかなり限られてしまいますし、
添付のフラッシュもモデルチェンジということでしょうか?


バリアングルは歓迎します。
私はバリアングル機を3台ほど使っていますが、
通常は、裏向けています。
液晶汚れ無くていいんですよね。

電源スイッチ左側は改悪のような気がしますね。E-M1で不満だった部分です。

アクセサリポートは全く必要無かったので、すっきりしていいですね。
縦グリップ内でも良いので、マイク端子とヘッドホン端子があれば、予約買いです。
カード書き込み途中の再生はできるようになったかなぁ?

頭の見た目が変わったなぁと思っていたら、アクセサリーポート2が無くなったんですね。
全体的にE-M1の操作体系に近づけている気がしますが、1/2レバーと電源レバーが付いた代わりに
再生ボタンがあおりを食って押しにくい位置に移動しているのは、少し残念な気もします。

これはカッコイイ
是非7-14proと共に夏までには発売して欲しいものです

うむ、端整なスタイル。
肩のダイアルも水平になって
デジタルなのに工作精度感が性能に直結してそうに見えて
良いな。
またロングセラーになりそう。

カッコイイ。けど、見たいのは、そのウルトラ解像度で撮った写真の方なんだ! 

静止画専用で一切構わんので、価格の上昇を抑えて欲しいなぁ、、。

このデザインは、良いですね。
ヤバいです、買ってしまうかも❗

上面の「P」ってボタンは何だろう?

なかなか、良さそう。
バリアングル復活、大歓迎、ボタン配置もいいかな?
リアダイアルも右寄りで使いやすそう、グリップは、仕方ないかな?別グリップ買います。

チルトからバリアングルモニタにしたぶん横に伸びて、逆に高さは少し抑えてきたようですね。銀塩のOMにより近づけてきた感じで断然かっこ良くなった(と自分は思います)。

電源の位置、トグル式のモードダイヤル、ダイヤル切り替えレバー等はM1と併用予定の自分にはありがたい仕様です。バッテリーもM1,M5と同じだといいな。
グリップ部には段差があるようなので、M10同様の外付けグリップが準備されてそうな気がします。

格好良すぎる。
高級感が増しバリアングル液晶、操作性もE-M1と使い分けるには統一感があり使いやすそう。
後はシャッタースピード1/8000とE-M1と同等のEVF、画質の進化があれば買いたい。

おお。これは素晴らしい。
Fn4まであるし、レバーもあるし、レンズ横のボタンもあるし、E-M1の優れた操作性をかなり取り入れていますね。こりゃすごい。

もちろんバリアングルも大歓迎。

キャンペーンでE-M1シルバーを買い増したので購入予定はないのですが、物欲をそそりますね。

カッコいい!買いたい!
ここまでOM-1/2に似ていると、OMマウントじゃないのかと思ってしまう(笑)

このカメラに似合うレンズは何なんでしょう?
12-50mmは長いし、12-40mmは太いし。25mmか新しい14-150mmですかね。

Fn2のボタンは「ハイライト&シャドーコントロール」、
Fn3はモニター&EVF切り替えボタン、Fn4はHDRに見えます。

ところでキットレンズは大きな12-40mm PROか、
相変わらず使えない12-50mm電動か、
まさかの14-42mm沈胴か、
できればコレに似合う12-40mm F3.5-4.5くらいの
「ソコソコズーム」が欲しいかも。
グリップの無いこのボディじゃ重いレンズは厳しいもんね。

決してバリアングルを否定するものではありませんが、歓迎の声が圧倒的なのに驚いています。
バリアングル採用で背面にFnボタンが配置できず、結果的にボタン類が上面右に集中したので間隔もせまく、カスタマイズしてFnボタンを活用して撮る人にとっては、誤操作しやすいのではと気になります。

メインスイッチが片手(右手)で操作出来ないのは使いづらいのでは?

ミラーレスなどは極端な小型化をするため液晶左にファンクションボタンがくることはありません。
バリアングルのヒンジを設けても問題なかったのでしょう。
(2軸の可動液晶でも同じですね)
ただあの当時でもバリアングルはできただろうし、E-M5が出し惜しみだったような気が…しないでもありません。

前面にあるボタンが気になる…。Fnボタンだったら凄い良さそう。ボタン多いのは良いなあ…

 とっとおと。さん
バリアングルに対する歓迎の声が多いのは、
たぶんオリンパスのm4/3機で、初めての採用だからではないでしょうか?
4/3機だと、E-3、E-5、E-620、E-30など後期のボディに多くみられましたが、
m4/3になってからは全くなかったので、「やっと付いた」と思った人も多いのでは、と思います。

ただ最近のカメラの背面レイアウトの余裕の無さは問題だと思います。

操作性良さげ。
センサーが変わっていないのでパス。もしくはお安い現行EM-5と思ってましたが・・・。
HDRとか高感度ノイズとかもよくなっているだろうし。
欲しいですね。

背面側からリアダイヤルをよぉ~く見ると、上下2つに分かれてるような?シャッターボタンは2×2ダイヤルのリア?フロント?

どなたかも言っていますが
私も液晶を裏向けて使いたいです
銀塩っぽく
撮影リズム優先で

あぁ、うぅん、、、
電源レバーの位置は微妙ですかね。

E-M10 の様な内蔵フラッシュになったのかしらん?
E-M5 付属のフラッシュ(アレはE-M1にも付いてるのかしら?)
何気に唯一の防塵防滴対応フラッシュだったりするような。

AP2ポート無くなったら MALつけらんないじゃん(☍⊖⁰)
バリアングル、、実機触ってみないことには喜ぶべきかどうか
判断つかんかな?
現行のチルトで上下から見るのには見やすい角度だったんで
その傾きが出来るかどうか次第かな。
ローアングルまたはハイアングル縦位置撮影の時には液晶見やすそうですね∩(のωの)∩

縦位置グリップが共用できたら良いのに。あれ、高いんだよな

これに、どんなデザインの縦位置グリップが付くのか、それが楽しみ。あとブラックボディの質感かなあ。
レンズ。29/1.2なんてのが来るといいかも。

テレセンさん、*9さん

今まで何で付けないんだろうと私もず~っと不思議でした。
でも判りました。

ここで付けてきたって事は、
背面スペースの関係もあるけど、
ホントは‘次の新型の売れ行きのため’でしょう。
やっぱり商売ですからねえ。

現に私もまんまとはまりそうです(笑)

フロントビューとリアビューのシルエットが違うように見えるのですが?

僕もバリアングルこんなに求めている人がいたとは驚きました。個人的にチルト液晶の方が煩くなくて好きなのですが。まぁ、好みですよね。デザインもちょっとトンガリ頭になってしまったかなって気がしますが、横からの画像がまだなのでなんとも言えないかな。後はセンサーシフトなどの中身がどうなっているかが気になります。

バリアン絶対賛成派です。

バリアングルにより、
 ・縦位置でも、上下撮影が行いやすい。
 ・不要時は裏向けていることで、汚れや破損しにくい。(再生確認はEVFで十分)
 ・うしろギリギリに下がって撮影時、横から液晶を見て撮影しやすい。

たしかにバリアンにすることにより、背面のボタン配置が苦しくなるのは確かですが、
私としては、ファインダーを覗きながら押せないボタンは、メニューからたぐればいいと思っていますので、
背面の液晶近くのボタンは不要です。

ストラップ取付け部が前面寄りになってます。
これもバリアングルの為?キットレンズとのバランスか?
それとE-M1を超えた・無いものが有るのやら??

機体名はE-M5Ⅱで最終決定なのか気になりますね。
もし、これで決定ならキャノン方式の1D、5Dのようにオリンパスユーザー以外から見てもわかりやすくなりますね。

この画像のようにアクセサリポート(AP)廃止だと、E-M10のようなペンタ前面部にフラッシュ内蔵なのでしょうけど、既出の噂のような4K動画にも対応するのであれば、AP必須のマイクセットやマクロライトの要望もあるわけで、ここらへんは矛盾点が出てきますね。

バリアングルはE-M5からの買い替え需要を促すための大きな説得材料になりますね。(私のように腹・腰・ローアングルからの角度が好きな人にとってはチルトのほうが使いやすいですがねw)

E-M5用のバッテリグリップHLD-6が流用できなくもないデザイン、どうなのでしょうか。。。E-M5のようにグリップだけ取り外しできる構造になるのであれば、3ダイヤル構成で、どれか1つはISO設定にしてもらいところ。

最後にやっぱり像面位相差AFが搭載されるか否かが一番気になります。E-M1のスペシャルサイトでは竹・松レンズも結構押していますしね~。

アクセサリポート(AP2)は廃止ですか。
写真で見るとフラッシュは内蔵しているように見えないので、ワイヤレスコマンダーの機能のみ、カメラに内蔵かもしれません。
Fn3と表示切替スイッチが共用のように見えますが、E-M1のように液晶を起こすと自動で背面表示に切り替わるんでしょうから、まったく別の機能を割り当てても困らない、ということなんでしょう。
これ買っちゃうと、今年のPROレンズが遠くなるのが悩ましいところです。

私はバリアングルよりチルトの方が使いやすくて好きです。 だってバリアングルを引っ張りだして回転させて、、面倒なのとレンズの線上にモニターが来ないからです。 それにパソコンの画面が横長なので縦位置撮影は極力しないし。 でもEM5を持っているとモデルチェンジされることはとても気になります。 高級感が増したようだし買い替えるかも、

ペンタプリズムは入っていないのにこの形では、ミラーレス機よりも一眼レフ機が良いですって自ら主張してるみたいです。

なんか、哀しい。

せっかくいいカメラなのに昭和のカメラを見ているようなデザインが好きじゃない。

バリアンで良いと思いますよ。
むしろEM-1はバリアンでなければならなかった。E-5の後継を謳うのであれば。
チルト式だとEVFとアイカップが出っ張っていてウェストレベルができないのも解消されますね。

おそらく動画スペックを上げて、その利便性のためのバリアンなのだと想像します。

デザインに関してはOM-1世代のハートを射貫いてきたのと(笑)、Fnレバーを付けてきたのが一番眼を引くところで、操作性は洗煉されてきたな、と思います。
あとはオプショングリップが、安価でバリエーション豊富だと嬉しい。
5軸手ぶれ補正のデキ次第で40-150mmF2.8の母艦に検討します。

なんというOM-3感
いいと思うけど
特段E-M5とE-M1二台で何一つ困ってないし
特にそそるものがないので見送りかな
E-620使ってた頃なら即乗り換えてたろうけど

うーーん

かっこいい、、、

EM5は見た目が嫌いで結局買わなかったのですがこれは、、、しかも解像度を上げる機能が入ったいるという噂が本当ならこれほど魅力的なカメラはありません。

いくらくらいになるんでしょうかね、、、

バリアングルきましたね~。

でもジェイコプスラダーさんの言うように、バリアングルはE-M1系で採用すべきだったと思います。逆にE-M5系はチルトで行くべきだったかと。

そうすれば、ボディの物理的な部分で

 E-M1系 :やや大きい、防塵防滴、バリアングル
 E-M5系 :中くらい、防塵防滴、チルト
 E-M10系:やや小さい、チルト

というヒエラルキーが構成されて、発売時期によりセンサー性能やソフトウェア的な部分で下剋上が生じても納得できるラインナップになったのですが。

まあ、こうなった以上E-M5IIには機能てんこ盛りで、E-M1に下剋上を起こしてもらいたい。そして、迷った末にキャッシュバックキャンペーンに釣られてE-M1を買ってしまった私を激しく後悔させて欲しい!(涙)

コストに関わる部分は別にして新技術は出し惜しみしないのがオリンパス流だと思ってるので下克上気にせずガンガン行って欲しいですな

E-3、E-M5、E-M1を使っています。私も「まっくどぼん」さん同様、圧倒的にチルト支持派です。3機種を使い比べての率直な感想です。タッチディスプレイになると、バリアングルはさらに不利になりそうですが、そのあたりはどうでしょう。

電源ボタンに関しては、E-M5よりもE-M1の位置の方が好きです。が、シャッターボタン付近にあれば私的にはベストです。

バッテリーが共有できて、高画素静止画の質が良ければ是非とも購入したいと考えています。

コマンドダイヤル周辺のFnボタンの密集具合が凄まじいですね(汗)。
心なしかボディの厚みが増しているように感じるのですがセンサーシフト撮影機構の影響でしょうか?。

パナユーザーの私から見ても、これは超カッコイイと思います。バリアングル液晶の裏返すとまんま銀塩OM-3/4に見えますね。軍艦部分のダイヤルもカッチリ感が伝わってきて前モデルのフニャフニャ感は無さそうですし。どなたかがおっしゃてるようにマウント部分にSSダイヤルがあると満点でしたね。これも触ると欲しくなるカメラに間違いなさそうですね。

第一印象は「カッコイイ」です。

Ⅰ型は既に手放しましたが、
液晶の視認性・使い勝手とボタン類の押し具合が良くなっていれば、
ついつい触手が伸びてしまいそうです。
あとは、特に暗所でのAF精度と高感度画質の良し悪しです。

グリップを付けるなら、KUMAさんの言う通り、3ダイヤルにしてほしいですね。

以前E-M5を持っていたのですが、HLD-6をつけると、元のダイヤルの意味がなくなるし、Fnボタンも劇的に推しにくくなるのでかなり不満でした。

3ダイヤルになるならグリップつけることで操作性の向上も狙えるので、ぜひやるべきですね。

他が良くなってそうな感じなだけに電源スイッチ残念だなー
電池容量の不足しがちなミラーレスこそ右手の親指or人差し指でサクッと電源入れれる方が良いと思うんだけど。

パナのGH1〜4とE-M5を使っていますが(GHは動画と写真、E-M5は写真用)、E-M5のチルト液晶が使いやすく気に入っていました。バリアングルは自由度は高いでしょうが、嵩張り好きではありません。
電源スイッチも他の方が言われているように、シャッターボタン周りがベストだと思います。
デザインはOMの歴史のあるオリンパスならではのもので、これはパナが絶対に真似できないものですね。

電源スイッチとバリアングルモニターについて賛否両論ですね。

OM-1からOM-4Tiまでこの位置の電源スイッチを使っていますが、不便に感じたこと無いですよ。カメラを上から見た時に電源の状態がひと目でわかるのが、当時からのメリットですね。
そもそも電源のON-OFFは一連の撮影開始時と終了時ににするだけなので、右手人差し指がいいという必要性を感じませんし、ある程度の大きさが確保されたレバーの方が操作しやすいです。

結局のところ「慣れ」なんだと思いますね。

バリアングルのモニターは大歓迎です。
縦位置で使えないティルトモニターは、機能的に不完全なものだと思います。印刷原稿は縦位置もけっこう多いですから、これでやっと不満が解消されます。

光軸がズレると言う意見もありますが、これもやはり「慣れ」の問題でしょう。
E-3、E-5でも使っていましたが、とくに不便さはありませんでしたよ。

ボタン・ダイアルなどが新しい配置になったので、
次のE-M2もこれに準じた配置になるかもね。

あくまでも自分の好みとして、現行E-M5のデザインのガッカリ感を全部ツブして、
良い感じに仕上げてくれたという印象です。
3年前は、リークしていた部分部分の画像が想像をかき立てて期待したのに、
全体を見た時は本当に残念に思いましたので…。

今回、たいして興味もなかったのに、この画像見て、ちょっと物欲。

デザインは先代のほうが好きだけど、操作性は向上しそうなのでこれもいいかなと思う。先代も残しておいて使い分けたいですね。E-M1のようなガッカリするようなデザインじゃなくて良かったですわ。

丁寧にブラッシュアップされた感じが伝わってきますね。
最近の一眼はコストダウンばかり意識した製品ばかりで魅力がなくなっていましたからね

先代は前例が無かっただけに手探り感あふれる中途半端なデザインでしたが、DfやX-T1のヒットもあり、銀塩寄りに吹っ切れましたね。
ストロボは電池式が同梱になるのか、完全にオプションになってしまうのか?
可動液晶はどちらの方式も一長一短あるので、選択肢がなくならないようにE-M10シリーズはチルト式を踏襲するべきですね。

バリアングル液晶賛成派の一人です。
ただ、フォーサーズ機のような中途半端なものにして欲しくないな、という希望があります。フォーサーズ機ではE-3からバリアングル液晶が搭載されましたが、E-5に至るまで、すべての搭載機で縦位置にして自分の方に液晶画面を向けると画像が逆立ちします。。。これ、他社のバリアングル液晶搭載機ではありえない仕様。記念撮影をしようとした時など使いにくいことこの上なく。。。

1972年、オリンパスM-1発売。

エルンスト・ライツ社(現ライカ)よりネーミングのクレームを受ける

その後、オリンパスOM-1 と改名、システムを展開。


正面から見ると、当時の面影が見える >E-M5II

やっと来たバリアングル!!チルトではなくバリアングルを待ってました。

 グレイスさんと同じく、バリアングルようやく来ましたね。背の低い高山植物や地面や水面すれすれに撮る時にはやはりこれが無くてはダメで、M-1も只それだけでパスしたので、待ってたかいがあります。

 そして、今回、画像そのものにサプライズがありさうですし、このデザイン含め正式発表が楽しみでなりません。

現行モデルの写真とテキトーに重ねてみたところ
こんな感じでした。

・幅はIIの方がヒンジ側にやや大きい
反対方向はほぼ同じ
・軍艦部の高さはほぼ同じ。ただしIIの方がフラット
 モードダイヤルはIIの方が高い
・マウントからボディ底部まではIの方がやや長い
・ペンタ部はIIの方が低く細身。かなりトンガリ
・厚みはグリップ部以外でIIがわずかに厚め
グリップはさらにIIの方が厚い

全体的にはIIの方が大きく感じられそうです。

グリップ部の形状が結構異なっているので、
I用の外付けグリップは使用できなそうです。
グリップの張り出しがやや大きくなった分、素の状態でもそこそこホールド性は良さそうですが。

あ~、CP+が待ち遠しい

縦グリップが共用だとすると、そこに方向キーがないので、やはりAFポイント変更ボタンに指が届かない。
残念。

かっこいいですね。
きっと買ってしまうと思います。

ただ、この銀塩ライクなデザインが好まれるのもいつまでだろう?って思ってしまいます。
斬新なデザインのオリンパス機も見てみたいです。

私は、E-M1では右肩の「Fn1」を使って親指AFしています。
レバー中央のボタンは少々遠いので。
で、サブで使っているEーM10も右肩のFn1で親指AF。ところがこの機種は「Fn1」上面なんですねえ。むむむ。選択肢無し。
しかもRECボタンを合わせて、割り当て可能ボタン4つが上面配置とは、手探りで押し間違えそうです。
その他、モードダイアルや、電源ボタン、メニュー、再生ボタンも、三機種共でそれぞれ位置と組み合わせが違っていて、混乱しそう。もう少し統一感が欲しいところ。

がっかりです!!。というのは言い過ぎですが、両肩上面の成型がでこぼこ過ぎ、もうSFチックです。でも本当にこんな感じなのかな?正面はいかにも銀塩時代を彷彿させる、そっち好きの方々にはたまらない感じに仕上がっているように見えるのに、なんか超ハイブリッドです。せめてレトロモダンかシンプルでくくれるイメージでまとめて欲しかったです。でも他の方も言っていたけど「フェイク感」は有り有りで、よく見てください。グリップのエッジラインが正面と上面では3次元的につながりがなんか変です。具現化するとこのラインが前後に凸凹な感じになります。この時点で目くじらを立てる場合でもなので、これをフェイクと考えて更にブラッシュアップされた良い製品が発売される事を期待しています。買い替え予定なんで。

フェイクじゃないでしょ。ルーモアから別の画像もリークしてるし、、、
http://photorumors.com/2015/01/17/new-olympus-e-m5ii-accessories-leaked-hld-6p-and-hld-8g-grips-plus-a-new-fl-lm3-flash/

シルバーモデルを見てダサいと思ってたけどブラックかっこいいじゃないですか。これなら買ってしまうでしょう。気になるのはレンズキットです。17mmだったらいいな。HLD-6Pを共通にしてくれて助かります。.


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2017年9月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

このブログ記事について

このページは、2015年1月15日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「富士フイルムが海外で「XQ2」を正式発表」です。

次のブログ記事は「オリンパスの新型14-150mm F4-5.6の画像」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る