オリンパス E-M5 Mark II の詳細スペック

読者の方から、オリンパスE-M5 Mark II の更に詳細なスペックの情報を提供していただきました。
  • オリンパスE-M5 Mark II のスペックは次の通り

    - 有効1610万画素LiveMOSセンサー
    - ハイレゾコンポジット撮影機能(RAWで6370万画素、JPEGで4000万画素)
    - 動画は1080/60p、720/60p
    - 動画のフレームレートは24fpsも選択可能
    - 最大ビットレートはALL-Iで77Mbps。IPBで52Mbps
    - シャッターの最高速は、機械式シャッター1/8000秒。電子シャッター1/16000秒
    - 連写は11コマ/秒(連写モードH)、5コマ/秒(連写モードL)
    - 連写枚数は連写モードHでRAWで16枚、JPEGで19枚。連写モードLでは制限なし。
    - ISO範囲はISO100相当~ISO25600
    - 5軸 手ブレ補正。補正効果はシャッタースピード5段分(CIPA)
    - 液晶モニタは3インチ103.7万ドット。バリアングル
    - EVFは236万ドット。アイポイントは21mm
    - バッテリーはBLN-1。撮影可能枚数350枚
    - メディアはSD/SDHC/SDXC(UHS-I対応、Eye-Fi対応)
    - 大きさは123.7mm x 85mm x 44.5mm
    - 重さは417g(ボディのみ)。469g(バッテリーとメモリカード含む)
    - 使用可能温度は-10度~40度(動作時)。-20度~60度(保存時)
    - 使用可能湿度は30-90%(動作時)。10-90%(保存時)
    - パワーバッテリーホルダーHLD-8
    - 発表は2月5日

 

ハイレゾコンポジット撮影機能は、JPEGでは40MPですがRAWでは更に高解像度の63.7MPの画像が得られるようですね。この機能でどのような写真が撮れるのかとても興味深いところです。あと、1/16000秒の電子シャッターも便利そうですね。

[追記] 初出で動画が1080/30pになっていましたが、IPBでは1080/60pが可能のようです(情報ありがとうございます)。
-----------------------------------------------------------------------------------------
情報を提供して下さった方ありがとうございました。

2015年2月 3日 | コメント(43)

コメント(43)

ハイレゾコンポジット撮影、すさまじい数字ですね…
三脚もって山に行きたくなります。
E-M1のさらなる動体撮影機能強化もあるそうなので、動のE-M1、静のE-M5m2という感じなのでしょうか。

M5m2に12-40、M1に40-150の二台もちとか、贅沢ですよねぇ…

RAWで6370万画素、JPEGで4000万画素

恐らくファイルサイズがとても大きくなると思うんですが
UHS-Iまでの対応で、UHS-IIには対応しないんですね。
残念です。

機械式シャッター1/8000秒。電子シャッター1/16000秒

キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

あとWi-Fiは?もちろんつくよね?
AF性能はどうなんだろう?
これは買っちゃいそう。。

電子先幕シャッターの有無が気になります。
シャッターディレイで誤摩化されたく無いです。

RAWでは更に高解像度の63.7MP! 電子シャッター1/16000秒!
すごいですね。でも、私が一番(^_^)したいのは、バッテリーがBLN-1。買います。バリアングルには目をつぶって、買います。動画のスペックが変わったようですが、ビデオカメラを買いたいわけじゃないので、まったくどうこうありません。スチルにこだわった仕様にとても好感を覚えます。

買わない理由が見つからないスペックですね。あとは価格次第。
RAWの6370万画素は最初の一ヶ月くらいしか使わないだろうなぁ。

自分はE-M1を使っていて、E-M5 Mark IIには興味なし…と思っていましたが、
ハイレゾコンポジット機能は興味ありです。

何とかE-M1もファームで対応してもらえないですかね…とオリンパスに甘えたい所ですが、
オリンパスにファームアップ対応したい気持ちがあったとしても
E-M1も発売1年以上経ってるのでさすがにハード的な差があって対応は無理そうですね。

高画素化の是非は置いておくとして、マイクロフォーサーズは画素数の限界だと
思っていましたがコンポジット機能等を駆使すればまだ上は目指せそうですね。
コンポジット対応なら1画素の極小化も避けられますし。

この機能が手持ちで使えるようになったE-M1次機種に期待します。

申し分のない性能です。
あとはローパスレスであれば嬉しいのと、お値段だけ・・・。

すごい内容ですがE-M5系とE-M1系の
区別がついていないようなスペックですね^_^A

ハイレゾコンポジットはセンサーシフトでないとできない技術でしょうから
他のセンターシフト式のメーカーも刺激を受けてより良い技術になる事を期待しちゃいます。

ハイレゾでRAW記録がサポートされることにビックリ。しかも60Mとは。7-14PROとセットで風景撮りたいのでこっちも早めにヨロシク...ってE-M5IIは2月末出荷ですか。しばらくはパナの7-14で頑張ろう

>KENさん
ここ最近の情報ではMark IIになっています。

RAWで6370万・・・・!?(゚〇゚;)

このスペックに新型センサーと位相差AF積んだら完全に「俺の考えた最強のOM-D」ですね!


個人的にはセンサーシフトはもちろんですが、画質がさらに上がっているのかどうか、さらに強力な5軸手振れ補正に興味がありますね。

シャッター速度は想定内です、EP5ですら達成していたはずですし。

EM1の利点が位相差AFくらいになってしまったような気がします・・・・。

連写モードLで5コマ/秒。AF追従ですよね。
機械式シャッター1/8000秒。電子シャッター1/16000秒
コンパクトな一眼でよくここまでやってくれました。

あとは、外付けフラッシュが同梱なのかどうかが気になります。

ハイレゾコンポジット撮影、建物とかならともかく、風で動く自然相手にも使えるんですかね。
楽しみな昨日ですが、はっきりしない部分に不安があります。でも物撮りには最強そうですね。

RAWの方が画素数が多いってことは、合成等のソフトウェア処理は全くしないということですかね?
それだと風で木が揺れてるだけでも使えないし、人が少しでも入ったら駄目なので使いドコロがムズいような・・・

 もともとの立ち位置が、E-M5は新しい境地を切り拓くものであり、E-M1が資産を継承するものであったと理解しています。
 
 像面位相差AFが非搭載ではないかといぶかる向きもあるようですが、M5とM1を並行して使っている身としては、フォーサーズレンズの使用に関しては文句なしにM1に軍配を上げますが、マイクロフォーサーズレンズに関しては、むしろM5の方がハズレが少ないと感じることがよくあります。
 
 本当にRAWで63.7MPというスペックを叩き出してくるのであれば、M5-5ⅡにPro12-40、M1にはPro40-150を付けっぱなしにして、フィールドカメラのベストシステムになりそうです。

 山岳での撮影ではレンズ交換が間に合わなかったり、雨天や吹雪の中ではレンズ交換自体が不可能な場合がよくあります。
 マイクロフォーサーズシステムの「2台持ち」した場合の負担の少なさは、体験すれば誰でも納得できると思いますよ。

センサーシフトにより、ほぼ4倍密画素状態を作り出すということですね。
原理的にシフト中に撮影対象が動いてはならないというのは当然のような気がします。

E-M1持ちとして、サブ機どうしようかと思ってましたが、このスペックならサブと言うより使い分けで欲しくなりました。

画素単位でセンサーずらしてとるのであれば、ベイヤー型でも3層センサーと同じような画像が撮れるということ……にはならないんですかね。

OM-Dシリーズは,グレードに関係なく,後発機種が必ず欲しくなりますね。
バッテリーがBLN-1で即購入したいのですが,位相差AF非搭載で引っかかっています。
M5Ⅱに12-40,M1には40-150の2台持ちをお考えの方が多いようですが,12-40でハイレゾコンポジット機能が真価を発揮出来るのか?
とか何とか買わない理由を探しては居るけど,結局買っちゃうんだろうな。

オリンパス初の電子シャッター機になるのですかね。
静音モードもあるのでしょうか。
あと、電子シャッター時のISO感度も気になります。

富士がファームアップで電子シャッターを追加したので、
M1のファームアップに電子シャッターを入れてもらえないか、期待してしまいます。

情報としては3層と同じでしょうけど、ブレというリスクを考えると同じというわけにはいかないでしょう。そもそも三脚に載せていても自然の世界では極小の振動があるのでそれを止めるのは難しいです。こういった技術で恩恵を得られるのは像の鮮明さより正確な色情報と考えたほうが論理的です。

高画素機で本気の風景撮りなら三脚前提、風で木の葉が揺れるなどは注意する点ですよね。
いままで出来なかったことが、m4/3の可搬性を有したままで能になる。楽しみです。

4回シャッターを切るのでしょうか?
にしてもこのスペックでオリなので、防滴目的のシステムを組むのにペンタか迷ってしまいます。防滴目的なのでレンズは最低限で良いですし(標準ズーム、マクロ、広角の3本だけでいいですし)手ぶれ補正はペンタより強力ですし、レンズが小さいのも魅力です。
ただm4/3だと今のEマウントと被りやすいですし、凄く迷ってしまいます。EマウントでD810、5D3クラスのAF性能のが出ればAFに強いレフ機を追加しなくても良いのですけど。
OVF機も少し触りたいですけど。

ハイレゾコンポジットはベイヤー型センサーの欠点を埋めて補完の必要が少ないデータを得られるということでしょうか。
対象は選ぶにしてもフルサイズ機やシグマにどこまで迫れるのか楽しみです。

動画性能のアップに手振れ補正が更に強力になるようで、
パナしか持ってないので1台はオリが欲しいなって思ってたのでかなり惹かれます。
ハイレゾコンポジットはスキャナに入りきれないような印刷物を撮るのに便利そう。
ポスターカレンダーをデータ化したいのでどれくらい撮れるのか楽しみです。

CAF性能について特に触れられてないということは、今のままなんですかね?
バナの空間認識AFなみとは言わなくても、ある程度の改善はされてて欲しいですが。

センサーの有効画素数が微妙に増えてますが新型あるいは改良型でしょうか。
機械式シャッターでの1/8000はそれだけでも十分に魅力的ですね。
ハイレゾコンポジットは手持ちでどこまで使えるか大変興味があります。

電子シャッター1/16000はF0.95をピーカンでも使える範囲ですかね?
それだとこれからNDフィルタを使わなくて済みます。

寸法と重さは大きくなってますがこれは仕方ないだと思ってE-M5から買い替えます!

この画素数のデータをメモリカードに保存するのにかかる時間は気になりますね。日の出や夕焼けなんかは刻々と光景が変わっていくので、あまり保存い時間がかかるようだとちょっと辛いかも。

RAWってどう状態なんだろ?
専用ソフトでしか表示できないデータなのか
一般的なベイヤー配列に変換された後のデータなのか

フォーサーズレンズを所有しない身としては、あえてM1と2台持ちする意味はないですね。
E-M5系列に位相差AFが搭載されれば、それ1台でベストであると考える次第です。一般的な素人ですから。

芸術新潮の赤瀬川原平追悼号で、彼が最後に愛用したのはE-M5であると知りました。ライカ同盟の彼がです。
それを知り何故か、E-M5 MarkⅡは、ただあのデザインとサイズだけで、あとのスペックなどどうでも良く、欲しくなりました。(笑)

これでE-M1系の筐体の作りこみだったらなあ…
E-M1 MarkⅡに期待。

RAW63.7MPって凄いですね。
私は現像にSILKYPIX使っているので対応してくれるのかちょっと心配です。
Jpegが40MPということはカメラ内現像時に何か色々補正して使いやすくしている可能性もありそうだなと思いました。

明日の発表が楽しみです。

これは以前に噂されていたAPCSセンサーなのでしょうか??

コンポジットをどういうロジックでするのかが気になりますね。

単純にピクセル単位で色補完した後に合成するのとずらした画素を利用してピクセル単位で色合成してから画素数を増大させるのかでかなり画質が変わってくると思います。
(8回露光して合成という情報も有りましたから結構複雑な事してる可能性が高そうです)

ピクセル単位での色合成前提ならISO感度上げて露光時間を減らす事も出来そうですから絞り開放から使えるレンズの多いμ4/3ならトータルの露光時間短縮、被写体ブレの耐性もそこそこ期待できるかも。

単純に画素数増大だけにピクセル移動させるのは勿体無いのでピクセル単位の色合成とノイズリダクションにも効果が有ると三脚前提でも使いたくなると思います。

将来的には画角は少し狭くなると思いますが手振れ補正に対応しつつコンポジットって方向に進むのでは。
(コンデジでは手持ち夜景で既に実装されてますし)

手振れ補正の性能向上は周波数の低い一般的な手振れだけじゃなくて高周波まで対応できるものなら良いですね。
シャッターショックは高周波なのでこれに対応できるなら特定のシャッタースピードで誤作動してた事にも対応できますし三脚使用でも手振れ補正切る必要が無くなり軟い三脚のゆらゆらにも対応できるかも。

久しぶりに出てからの作例が楽しみなカメラになりそうです。

順当な進化で、食指が動きそうです。
オートWBの電球残しで、弱中強を設定できるようになるとうれしいのですが。

えーと、かなり前に出ていた情報にあったHDMIクリーンアウトはどうなったんでしょうか。。。M1はコレがないが故、動画仕事で使えないとゆー。OM-Dはマクロ動画の撮影には最強なのでM1ファームにもひっそり入ってくれないかな。

現在pm2とepl3の二台もちです。markIIはハイレゾや通常撮影の画質次第ですが魅力的です。
pm2+12/2.0、em5markII+40-150/2.8 ポッケに20/1.7
軽量で高画質。microFTならではです。
作例が早く見たいですね。

ハイレゾコンポジットは電子シャッターを使うとよさそうですね(迅速に複数回の露光&振動防止)。

いよいよ明日発表。

高速シャッターでの動体静止効果の少ないフォーサーズ/マイクロフォーサーズの欠点を、電子シャッターで補って欲しいので、電子シャッターの動作範囲と使い勝手が気になります。

通常の画質はE-M5と同等なようですが、ローパスを省略してモアレが出る弊害を心配しています。
センサーシフトを考えると、ローパスフィルタは省略してしまうんでしょうけど。

E-M1持ちですが、画質が同等であれば、ファインダー、バリアングル、ライブコンポジット、電子シャッターという付加機能の対価が、現在サブ機に降りているE-P3を代替できるに値するかというのが購入のポイントになりそうです。

レンズキットのお得感に期待です。
12-50、ZD12-60を持っているので14-150IIキットがどこまでお徳か、個人的にはそれが問題です。
台湾の価格はちょっと高いように思います。

香港のサイトではすでにE-M5markⅡの紹介がされてるみたいですね。
http://attach.mobile01.com/attach/201502/mobile01-9732ef11f373e4809eca8eef84fc5cf4.jpg

マイク端子があるみたいで安心しました。

とにかく明日の正式発表が楽しみです。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2017年9月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

このブログ記事について

このページは、2015年2月 3日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「キヤノンEOS M3 の画像」です。

次のブログ記事は「「HD PENTAX-D FA★70-200mm F2.8」と「HD PENTAX-D FA 150-450mm F4.5-5.6」の画像」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る