ソニーFE24-240mm F3.5-6.3 OSS の自由作例のサンプルが多数掲載

dpreview に、ソニーのフルサイズ用の高倍率ズームレンズ「FE24-240mm F3.5-6.3 OSS」の実写サンプルが多数掲載されています。

Sony FE 24-240mm f/3.5-6.3 OSS real-world samples posted

  • 我々は、風景やポートレート、他の多くの被写体でソニーFE24-240mm のテストを行った。Adobeがまだこのレンズのプロファイルを提供していないので、RAWファイルを現像するのに穏やかな歪曲補正を適用している。これは、それぞれの画像のキャプションに記載した。

 

FE24-240mm は、広角端では周辺部の流れと周辺光量落ちが少々気になり、また、望遠端は遠景では全体にソフトな感じがしますが、それ以外の中間域は高倍率ズームとしてはなかなかシャープな描写という印象です。

歪曲は、未補正のサンプル(キャプションに「NO LENS CORRECTIONS」と記載されているサンプル)を見ると、広角端ではかなり目立ちますが、これは補正が前提の設計なのかもしれませんね。

2015年4月 7日 | コメント(3)

コメント(3)

なんか全体にコントラストがわるくないですか。
10倍ズームじゃこんなものかな。

実際に使ってみると逆光にはかなり弱い印象があります。光源が画面内に入ってくると、とたんにコントラストが低下します。コーティングの性能が低いんでしょうかね?
ただ、24mmスタートの利便性は優秀で、旅行にはこれ一本でいいかなと思えてしまいますね。
私はα7Sを使っているので、F値が暗いことは運用上あんまり問題ありません。RAWが歪みまくっている方が問題ですね。アドビから早くプロファイルが提供されませんかね。

フルサイズの24mmスタートの10倍ズームなのである程度画質は妥協しなければならないと思います。悩みどころは、そもそも画質で妥協するのであれば、APS-C機の高倍率を使うほうが軽くて安いという点です。
便利なレンズではあるのですが、この葛藤があって購入を躊躇しています。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2019年
1月 2月 3月 4月 5月 
2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2019年5月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

このブログ記事について

このページは、2015年4月 7日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「キヤノンEF50mm F1.8 STM の外観に関する噂」です。

次のブログ記事は「シグマ150-600mm F5-6.3 DG OS HSM Contemporary はコストパフォーマンス抜群のレンズ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る