ツァイスがBatisシリーズに新レンズを追加することを明言

Photo Rumors で、ツァイスのBatisシリーズの新レンズに関するコメントが紹介されています。

Zeiss is working on new Batis lenses

  • ツァイスが最近、フルサイズミラーレス用のレンズ群(現時点ではソニーFEマウント用のみだ)についての質疑応答を公開しており、そこで他の焦点距離のレンズが将来登場することを認めている。

    Q: 別の焦点距離のレンズの追加は計画しているか? もししているなら、それは何?
    A: 別の焦点距離のレンズが追って登場する。現時点ではそれ以上の詳細は公表したくない。

 

ツァイスのBatisシリーズのレンズは、現在85mm F1.8 と25mm F2 が発表されていますが、この他にもまだ新しいレンズが登場するようですね。次のレンズがどのようなスペックになるのか興味深いところです。

本家ツァイスのソニーのEマウント用のレンズも、Touit(APS-C用AF)、Loxia(フルサイズ用MF)、Batis(フルサイズ用AF)と3シリーズになり、かなり充実してきましたね。

2015年5月26日 | コメント(9)

コメント(9)

135mmの望遠単焦点レンズがほしいですね。

AマウントレンズのSonnar135のFE版のような。

90mm STFなんて出してくれないですかね。
まあこれはツァイスに言うことではないですが…

Loxiaやソニー製ツァイスと同じ焦点距離のレンズを出す予定はあるのか、
Loxiaは続けるのか、知りたいですね。

これは期待。
zeissはすでに7本のEマウントレンズを発売or発表しているので、今後もこのペースで投入が続くんでしょうね。

Eマウントのツァイスの拡充は
ソニーとの協業をより積極的にやりたいとの、
思惑があるのでしょうね。

京セラやハッセルブラッドとの提携の時代より、
ユーザーにもメリットが大きく歓迎です。

コシナとの提携も、ライカ・キャノン・ニコン用を
ガッチリやっているので交換レンズブランドとして、
盤石になりましたね。

LoxiaもBatisもそれなりの値段のするレンズですから、それほど多くを売らなくても採算がとれるのかもしれませんが、しかし、それでも、Eマウントだけにしか使えないレンズを2つもシリーズ化するのは何となく不思議な気はします。

近い将来、フルサイズのミラーレスカメラが、ソニー以外からも発売される情報をツァイスさんは秘かに掴んでいるんでしょうかねえ。

間を埋める50mmの(マクロ)プラナーと予想
あとは超広角か望遠でしょうね。決まって要望に出るホロゴンなどがリリースされれば面白いですね。

ゆくゆくは、28mmf1.4が出れば欲しいな…

Batisはタムロン設計のようですしね。
提携どんどん広がってますね


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年9月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

このブログ記事について

このページは、2015年5月26日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ニコンがCOOLPIX P900 の供給不足をアナウンス」です。

次のブログ記事は「キヤノンが小口径の新しい超望遠レンズを開発中?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る