コシナが「NOKTON 10.5mm F0.95」を正式発表

コシナが、マイクロフォーサーズ用の超広角単焦点レンズ「NOKTON 10.5mm F0.95」を正式発表しました。

NOKTON 10.5mm F0.95

  • 最新の光学理論を用いた設計による10群13枚のレンズ構成。非球面レンズ2枚3面を採用することで高次元の描写性能を追求。絞り開放でも画面の周辺部まで充分な解像力を確保。
  • カメラの撮像素子から17cmの距離まで近づいて撮影することが可能(撮影倍率1:8.2)。
  • 新設計の絞り切り替え機構により、クリック音を発生させず絞りリングを無段階で開閉させることが可能。
  • フィルターを装着しても全長の変わらない着脱式の花形レンズフードを付属。
  • 高い精度で加工・調整された総金属製ヘリコイドユニットと、適度なトルクを生み出す高品質グリースの採用により、滑らかな操作感覚のフォーカシングを実現。
  • 希望小売価格は14万8000円(税別)、2015年6月発売予定。

 

昨年のフォトキナに展示されて注目を集めていたNOKTON 10.5mm F0.95 が正式発表されました。価格は、以前に北米での推定価格が1250ドル(約15万2000円)と発表されていましたが、国内でもほとんど同じ価格設定のようですね。

このレンズは、プロトタイプモデルのインプレで非常に高く評価されていたので、製品版でどのような描写を見せてくれるのかとても楽しみです。

2015年5月20日 | コメント(6)

コメント(6)

遂に来たか~!
今時だとわざわざ単焦点でもって「超」広角というには
物足りないので今回はパス。
でも6mmF2とか7mmF2とかあれば欲しい。AFではフォーカシングの難しい超広角こそMFしやすいレンズが必要だ!

11-22を使ってる人間からすると
気付いたら買ってるかもしれないレンズ?
かなり欲しい・・・

これ、解放だと盛大にパーフルフリンジが出るので星撮りには向かないかもしれません。
コマ収差は確認してませんが出そうですね。

NOKTONのF0.95シリーズは、非常に気になっています。
懐に余裕があれば、全部そろえたい誘惑があります。
写りはどうなんでしょうかね?

一段絞ってもf1.4、これならシャッター10秒、ISO800で十分星撮りできそうですね。
一段絞ってコマ収差やフリンジが少なければ是非買いたいてす。

きたー
E-M5Ⅱでの星撮りに、8mmF1.8と並んで待っていたレンズです。
価格もフィッシュアイと同じくらいかな。

フィッシュアイのような歪みがない純粋な超広角。しかもフィルター装着可能!
開放で撮ってみたいですが、夜間ではピント追い込みが相当大変そうですね(^^;


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2019年
1月 2月 3月 
2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2019年3月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

このブログ記事について

このページは、2015年5月20日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「リコーGR II がインドネシアの認証機関に登録、今月中に量産が開始?」です。

次のブログ記事は「パナソニックが4K 60fps・120fpsと8Kの動画技術の計画を発表」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る