ニコンが「AF-S NIKKOR 500mm f/4E FL ED VR」と「AF-S NIKKOR 600mm f/4E FL ED VR」を正式発表

ニコンが、蛍石と電磁絞りを採用した2本の超望遠単焦点レンズを正式に発表しました。

開放F値4の、焦点距離500mm、600mmの超望遠レンズを発売

  • 株式会社ニコンイメージングジャパンは、ニコンFXフォーマットデジタル一眼レフカメラ対応、開放F値4の、焦点距離500mm、600mmの超望遠レンズ「AF-S NIKKOR 500mm f/4E FL ED VR」と「AF-S NIKKOR 600mm f/4E FL ED VR」を発売する。
  • 蛍石レンズ2枚を採用し大幅な軽量化を実現。「AF-S NIKKOR 500mm f/4E FL ED VR」は従来製品の「AF-S NIKKOR 500mm f/4G ED VR」よりも約20%(約790g)軽量化した約3,090g、「AF-S NIKKOR 600mm f/4E FL ED VR」は従来製品の「AF-S NIKKOR 600mm f/4G ED VR」よりも約25%(約1,250g)軽量化した約3,810gを実現している。
  • 蛍石レンズ、EDレンズによって色収差を効果的に補正できるほか、ナノクリスタルコートの採用でゴーストやフレアを抑えることができ、高い光学性能を実現。
  • VR機構をさらに進化させNORMALモード撮影時、手ブレ補正効果4.0段(CIPA規格準拠)を実現しているほか、スポーツなど動きの激しい被写体の撮影に適したSPORTモードを搭載。
  • 汚れが付着しにくく付着しても簡単に拭き取れるフッ素コートをレンズ前面の保護ガラスに採用。
  • 「AF-S NIKKOR 500mm f/4E FL ED VR」の価格は税別120万円、発売日は2015年7月16日。
  • 「AF-S NIKKOR 600mm f/4E FL ED VR」の価格は税別147万5000円、発売日は2015年7月16日。

 

ニコンの2本の超望遠レンズは、大幅な軽量化とVRの強化で、訴求力が大きくアップしそうですね。価格は旧型よりも少し高くなってしまいましたが、蛍石2枚+EDレンズ3~4枚+ナノクリスタルコートという大変贅沢な仕様なので、これは仕方がないかもしれませんね。

2015年7月 2日 | コメント(9)

コメント(9)

400F2,8FLから着き始めたセキュリティースロット(盗難防止用セキュリティーワイヤー取り付け部)改善されたのかな?私のは初期ロットなせいかプレートが薄くてクリアランスが大きくカタカタしていました。また、トランクケースは薄い素材だったり、中の小物入れスペースが中途半端なのでテレコンに合わせて欲しいだのとニコンプラザで改善をお願いしたんだけど。改善されていたら良いな。400FL用トランクは間もなく新型になります。
テレコン×1,7と×2 もリニューアルして欲しい!

MTFが凄過ぎてびっくり
欲しいが高いなぁ

新 500mm の MTF は凄いですね。 800/5.6E の 「MTF 直線」 ふたたび、といった印象です。 現行 500mm で十分という人も、これは心が揺らぐかもしれませんね。

新 600mm は、三脚座の位置が全てを物語っているように見えます (笑)。

ここまで軽くなると手持ちでも充分いけますね。
ただ、クレジットカードの限度額の都合上、なかなか手を出しにくい。

MTFを見る限り、キヤノンのレンズ以上の性能と見えますが実写ではどうなるのでしょうね。
ニコンのハチゴローもMTFは素晴しいですが、ボケが二線ボケになっている写真も見ますし、実写サンプルが気になります。

最近動体撮影にハマりだしたので新ゴーヨン欲しいですねぇ。
大幅に軽くなった上にMTF曲線も驚異的で、ニコンの動体撮影者には垂涎のレンズとなりそうですね。
どんな写りをするのか使ってみたいものです。

更に次世代レンズになったときはMTFの評価基準を引き上げないと
意味なくなりますね。60本評価もいるんじゃない?

サンプルとMTF見たけどすっごいなぁぁぁ
高いけど、値段だけの価値はありますねほんとに
私が買えるのは何年後かな・・・

800f5.6が2013年、400f2.8が2007年、500/600f4が2008年の発売です。
300f2.8は2010年発売ですので普通に順番は最後ですね。
最初にリニューアルしたら3年で更新ですね。。。
早くて来年です。たぶん。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2019年
1月 2月 3月 4月 5月 
2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2019年5月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

このブログ記事について

このページは、2015年7月 2日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ニコンが「AF-S DX NIKKOR 16-80mm f/2.8-4E ED VR」を正式発表」です。

次のブログ記事は「インドネシアの認証機関にオリンパス「E-M10 Mark II」が登録」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る