ライカがLEICA T 用の2本の単焦点レンズの発売を予告

ライカがLEICA T用の2本の単焦点レンズ「アポ・マクロ・エルマリートTL f2.8/60mm ASPH.」と「ズミルックスTL f1.4/35mm ASPH. 」の2016年の発売を予告しています。

ライカ アポ・マクロ・エルマリートTL f2.8/60mm ASPH.

  • ライカのレンズならではの独特の描写と美しいボケ味が楽しめるレンズ。全撮影距離において、絞り開放から全ての絞り値で優れた描写が実現可能。2016年秋に発売を予定。

ライカ ズミルックスTL f1.4/35mm ASPH.

  • APS-Cフォーマット用の新たなスタンダードとなるレンズ。同クラスのレンズの中ではあらゆる点で他の追随を許さぬ性能を誇る。光学系にインターナルフォーカス方式を採用しているため、フォーカシングを行っても全長は変わらない。2016年春に発売を予定。

 

以前に噂が流れていたライカの35mmと60mmの開発が発表されました。新しいレンズは大口径標準レンズと中望遠マクロということなので、いずれもレンズラインナップに必須の単焦点レンズですね。レンズ構成などの詳細スペックや価格などはまだ発表されていないようです。

Leica_60mm_macro_001.jpg

 Leica_35mmF1.4_001.jpg

2015年10月31日 | コメント(8)

コメント(8)

ライカSLの発表で、ライカTの魅力が増したように思います。S、M、Rのレンズの利用も純正でカバーし、合理的な戦略ですね。一番心配なのは、生産体制です。

おや。ライカT発表時にシルバーのレンズを出す予定は無いと無いと言ってたのに、結局出すんですね。

なんかシグマっぽいデザインですね。
きっとすごい価格なんでしょうけど。

面白い展開になってきましたね、、、!

先のSLに続き、今回のシリーズは、TLになるとのことであれば、今後、フルサイズのTシリーズが、登場する前兆でしょうか?

個人的には、フルサイズのTシリーズが、一番待ち遠しいです!!

TシリーズのフルサイズバージョンがSLですよ。
APS対応レンズの名前がTからTLに変わっただけ。

茶筒デザインが流行りつつありますね

SLの方が発表されてすぐにTLレンズもとは、随分な勢い。
35mmの方は換算だと50ちょいくらいの画角だと思うんだけど、フジみたいに換算でメジャーな画角を狙うわけではないのかな?と思ったけど、23mmが既に出てるんだよね。
X-Uとやらもあるようだし元気だな。

Tのズミルックス待って良かったです。新ファームウェアもアップしてもらい、有り難いですが、EVFを内蔵し防塵・防滴、センサークリーニング機能を搭載したT2を期待したいです。フラッシュは残して欲しいです。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年9月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

このブログ記事について

このページは、2015年10月31日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「キヤノンがEF-M 35mm F1.8 STM を2016年に発表?」です。

次のブログ記事は「ソニーFE85mmはツァイスのBatisに配慮して発売が遅くなる?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る