DxOMarkにシグマ50mm F1.4 DG HSM(Fマウント)のスコアが掲載

DxOMark に、ニコン用のシグマ「50mm F1.4 DG HSM Art」のスコアとレビューが掲載されています。

Sigma 50mm F1.4 DG HSM Art Nikon-mount review 

 テスト機はD810  Sigma
50F1.4Art 
Sigma
50F1.4旧型 
Otus
1.4/55  
Nikon
58f/1.4G 
Nikon
50f/1.4G 
DxOMarkスコア 45 35 48 30 35
解像力 34P-Mpix 23P-Mpix 33P-Mpix 25P-Mpix 21P-Mpix
透過 1.7T 1.5T 1.6T 1.6T 1.5T
歪曲 0.1% 0.4% 0.2% 0.5% 0.5%
周辺光量落ち -1.2EV -1.6EV -1.6EV -1.3EV -2.3EV
色収差  9μm 11μm 6μm 2μm 7μm

  • シグマ50mm F1.4 Art のD810によるスコアは45で、このクラスでベストのスコアに近い値だ。ピークの解像力は34P-Mpixの素晴らしい値で、これはセンサーの最大の解像力(36P-Mpix)に迫っていることを意味している。このレンズは歪曲が非常に小さく、周辺光量落ちも低い値で、色収差も比較的少ない。
  • 解像力は開放から良好で、特に中央は良好だが、隅にいくに従って解像力は低くなり、また色収差もいくらか目立つ。1段絞ると画面全域(大部分は画面の中間域から外側)で解像力は顕著に改善する。F2.8では、非点収差がほとんど無くなり、周辺部まで際立った解像力になる。
  • 色収差は少ないがトップクラスではなく、開放付近では隅でいくらか目に付く。周辺光量落ちは、開放では-1.2EVだが、F2でほとんど問題はなくなり、F2.8で解消する。
  • Otusとの比較では、特に開放付近ではOtusの方が良好だが、シグマも素晴らしい性能で、F2.8まで絞ればその差は小さくなる。
  • シグマ50mm F1.4 Art は高解像力で収差がよく補正されており、とても魅力的な選択肢だ。

 

シグマ50mm F1.4 は、ピークの解像力ではずっと高価なOtusを超えるスコアで、総合スコアでもOtusに迫るスコアを出しているのはすごいですね。価格もOtusに比べると現実的なので、収差が少なくシャープなレンズが欲しい方には、シグマは有力な選択肢になりそうです。

2016年2月21日 | コメント(11)

コメント(11)

シグマレンズの高評価っぷりがすごいですね。
純正ももっと頑張ってもらわないと…。

透過が比較的悪いのは、レンズ枚数が多いからなんでしょうか・・・?

SIGMAが815gでNikonが280gと考えると素直にSIGMAすごいと言えないですが解像度を求めるような用途には最高といえそうですね。

α99で使っていますが、驚くような描写です。
Art35mmも素晴らしいですが、こちらも負けていません。
このレンズのすごいところは開放からカッチリ写るところで、
描写が甘くなるから少し絞って・・・と考えず、
被写界深度だけを考慮して撮影できるのがいいですね。

シグマを見ているとやはり画質と重さは基本的に比例するのかなと思います。
高性能化に伴い大きく重くなってきているのはシグマだけではないですが。
フィルム時代と隔世の感があります。

シグマ50mmF1.4Artも高評価ですね・・・・・・・。
アダプターの開発と併せ、自由な発想で撮影機材の構築が楽しめます。

思い切って購入して以来、このレンズのヌケの良さ、クリアな写りに感動しています。
繊細で、美しい。

サードパーティ製で歪曲が少ないのは非常に助かります。

D810で使いましたが、解像感がすごいです。
ニッコールレンズにも解像力重視レンズを出して欲しい!!

シグマレンズは補正レンズの枚数が多すぎて、
実質F1.8になっているのが興味深いですね。
ナノコートやTスターのような、透過度の高いコーティングを
シグマが身につけたら、さらにすごいことになると思います。

なるほど。すごいですね。
でも、星を撮るならNikon 58f1.4Gなんだよなぁ。
もっと色収差を気にして欲しいんだけど。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2019年
1月 2月 3月 
2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2019年3月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

このブログ記事について

このページは、2016年2月21日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「リコーが近日中に新型アクションカメラ「WG-M2」を発表?」です。

次のブログ記事は「タムロン「SP90mm F/2.8 MACRO VC」と「SP85mm F/1.8 Di VC」の価格と発売日に関する情報」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る