シグマ「sd Quattro」のインプレが掲載

デジカメWatchに、シグマのミラーレスカメラ「sd Quattro」のCP+会場でのインプレが掲載されています。

【CP+2016】シグマ、フォビオンミラーレス「sd Quattro」ハンズオンを実施

  • sd Quattroは、グリップ側がマウント側より短い変則的なデザインだが、写真で見るよりも実物はぐっとカメラらしい。金属ボディの質感も悪くない。
  • レンズ光軸やボディ中央から右側にシフトしたEVFが特徴だ。背面から突き出しているせいか、右目を当ててみてもそれほど違和感はなかった。
  • 特筆したいのはグリップの持ちやすさ。ただでさえ大きく突き出しているのに、裏面にもサムグリップが設けられている念の入りようだ。ラバー素材やシボパターンの感触もしっくりくる。
  • 注目のSFDモードは本体メニュー内から起動する。1回のレリーズで露出の異なる7枚の画像を撮影、専用のRAWデータ(X3Iファイル)を生成する。RAW現像ソフトのSIGMA Photo Proで合成すると、広ダイナミックレンジな画像が得られるという。

 

sd Quattro /sd Quattro Hは、非常に個性的なデザインですが、ホールディングは良好のようですね。EVFの位置が気になるところですが、これもあまり問題はないようです。

サンプルが出てくるのは、まだ当分先かもしれませんが、特にsd Quattro Hからどのような絵が出てくるのか非常に楽しみです。あと、7枚の画像から合成して広ダイナミックレンジが画像が得られるSFDモードも、とても興味深い機能ですね。

2016年2月25日 | コメント(42)

コメント(42)

う〜ん、後は値段ですね。Hの方が特に気になります。
絵の方は、ま〜良いのは分かっているのでISO800まで使えれば御の字です。
値段は30万は行かないと思いますが、28万ぐらいかなー?

EVFの位置は左が良かったなあ。
Quattro Hのセンサーは面白い形をしてますね。製品版でもこうなのでしょうか

センサーは窓の形が八角形なだけでふつうの長方形ですね。失礼しました。

なんか話では、Hの方は少し遅れるようですね。
(4月から夏前くらいになるそうです)

EVFを右眼で覗く場合、顔の中心が光軸付近に来るのですね。合理的かもしれない。

Hの絵が楽しみ‼️

>EVFを右眼で覗く場合、顔の中心が光軸付近に来るのですね。合理的かもしれない。

左眼の場合は逆にかなり使い辛そうな気が・・・。

「H」はへたすると1年後とか思ってましたが、触らせてくれる実機があるとすれば、初夏くらいには発売されるのでしょうね。楽しみだ!

パワーグリップ付けた状態が、板にレンズ付けたみたいで独特ですね。意外と未来的でカッコ良いかも。

SFDモードはSPPでもSDのみの対応なのだろうか?
Merrillで露出ブラケットで撮影して、それを合成出来ると凄くありがたいのだが。

連写中は、EVFもブラックアウトでした

このボディ、ひょつとすると将来Canonマウントで出るかも…

自分は左目が効き目なので
このファインダー位置は辛いですねぇ

こんなもんかな?と
手持ちのカメラで試してみましたけど
鼻が親指の付け根に当たりますね

さすがにシグマさんなので考慮してるとは思いますが
利き目によって使い勝手がガラッと変わるものってのは止めて欲しいですねぇ

あと
フランジバック短めで作ってくれてたらDNレンズが充実するかも!
と思ってたのでそこも残念

フォトヨドバシのレポートでは、
sd Quattroは「夏頃」、sd Quattro Hは「年内にはなんとか」
と書いてますね。

私も左目が利き目です。
普通にレンズ同軸にファインダーとホットシューの配置で作れなかったんでしょうか?
逆に目下開発中なら、販売までに変更も間に合うんじゃ??
ファインダーの右目派左目派はどのくらいの割合なんでしょうかね?

ショートフランジバックにしなかったのは、
画質を最優先に考えたからでしょう。
センサーの特性上、マウント遊びには向いてません。
また、レンズを選ぶボディである事は明確ですが、
優れた純正レンズを最大限に活かすボディでもありますね。

CANONユーザーなので、EFマウントのレンズを使う手段が用意される事を祈ります!
あと利き目が左なので、EVFの使い勝手が悪そうなのが気になる。
わざわざ「右目を当てて違和感無い」とインプレする辺り、左目では使い辛いのかな。

OVFバージョンも作って欲しい。
コストはOVFのが安いんじゃないんですか?

ファインダーがホットシューの位置にするには、
一眼レフのように出っ張らせるしかありませんね。
右にズレた今の位置だと、どっちみち他の目の視界は開けていないので瞑るでしょうし、利き目云々は関係ないと思います。私は良く聞く利き目のテストでは、左が優勢ですが、一眼レフを使うときは右で覗きます。左は開けています。何とかなるもんです。

ISOがどこまで使えるかが一番きになる

>利き目云々は関係ないと思います

写真の限りでは左眼でファインダーを覗くと鼻の位置がグリップの真後ろになり、かなり構え辛そうに見えますが・・・。

cp+で触ってきましたが私は左が利き目なのでファインダー位置は使いにくかったですが思ったより問題ないなという印象を受けました。
私が触ったのはHなしの無印ですが好感度は個人的には800は辛い、、、
これはDPシリーズの印象と似ているので高感度はDPとあまり変わらないのかなと思いました。
私はDPxやDPmを使っていたので書き込み速度は随分健闘しているなーという印象でしたが友人は動作が鈍すぎると言っていました。
個人的には手振れ補正のあるレンズや明るい単焦点が使えるので高感度は400まででも一部を除きなんとかなるのではないかと思いました。
個人的に1番魅力的なのが色味でDPxやDPmは癖のある色味だと感じていたので随分すっきりした色味になったなーと思いそこに魅力を感じました。
そしてなにもり質感の表現が素晴らしく久々にぐらっときましたが価格が気になります、、、
なんとか手の届く価格で出して頂きたいです。
すぐには買えませんがいつかは購入したいカメラです。

利き目が左目だけど昨日三分間試しに使った限りでは気にならなかったな。
極標準的な日本人顔での感想。

自分も
視力とかは左右で変わらないですが
無意識に何か覗くときとかは左で覗いてしまうので
「おっと・・・」
となりそうです
まぁ慣れるとは思いますが。

それにしても
面白い物を出すメーカーがあるというのはうれしいです
シグマは元気ですね

利目は左で手も左利きですがカメラは右目右手ですっかり慣れてしまっています。
世の中の多くが右利き用に、それこそカメラはほぼ100%右利き用ですので、無理な体勢で構えるより身体を慣らす方が良いのかも知れませんね。

>ポジティブ兄さんさん
EVFはパネルと基盤とレンズ程度で済みますが、OVFとなるとレンズにプリズムにミラーボックス一式とパーツ点数が比ではない上に、しっかりとした調整も必要ですので、EVFが普及してきた現在OVFの方がコストは高くなってしまいますね。

このファインダーの位置は脇を締めるため、つまり高画素機を手持ちで撮影しても、なるべくブレを発生させないための配慮と思います。

ボディ左上のファインダー機で撮影すると右脇が開きやすいので、こちらの方が合理的と思います。

完全に素人なのですが、なぜミラーレスカメラの利点である
ショートフランジバックにならなかったのでしょう?

フランジバックを長く取る利点の方が画質的に有利だったのでしょうか?
それともFoveonセンサーの特質として、ある程度の光路長が必要なのでしょうか?

もちろん方式からして異なる独特なセンサーの性能をフルに生かすには
専用レンズが良いのでしょうが、せっかくのミラーレスなので、
レンズ遊びができた方がより楽しいと思ったもので。

なかなか魅力的なカメラに見えますね。早くレビューを見たいです。

ファインダーの位置は一見奇抜ですが、縦構図で構えるときはそのときによって左になったり右になったりするわけで、結局慣れの問題でしょう。シグマのことだから何か理由はあると思うのですが、たとえばバッテリーグリップを着けて縦構図に構えたときの見やすさとかあるのかもしれません。単なるレイアウト上の都合といったガッカリな理由ではないことは確かですね(と思いたい)。

ドットバイドットでフルカラーが利点なんだから像面位相差はいらないと思うんだけどなぁ
DPMもdpQもコントラストだけで悪く無い精度だし、ベイヤー的になるとfoveonのメリットを削るだけな気がします
SFDモードには期待してます
dpQにも適応されるといいな

SAレンズは一眼レフ用だから、コントラストAFのヴォブリングが苦手なのでは? その対策で像面位相差AF付けたのかと。

皆さんが言うように、ファインダーの位置が左のほうが、両眼視できますし、グリップのデザインも、グリップの下が長く、反対が短い方が良かったような。
外人など手の大きい人はグリップ短いとキツいですからね。
しかし早く実写が見たい!

SD14&FE&Mユーザですが、SAマウントには正直がっかりしました。フランジバック短くしてマウントアタプタにていろんなレンズが使えればどんなにいいか。ライカMをFoveonで使ってみたい! ですが、たぶんそうするとSAマウントは死にますし、シグマも出来ないのでしょう。ボディを売りたいか、純正レンズシステムを守りたいか。前者で良いとも思うのですがねー。

CP+には触れるHは出てません
AFは像面位相差入ったとはいえ、他社とは比較するのはまぁかわいそうということで、、、

とても楽しみなカメラです。
ファインダの位置だとか発売時期だとか、正直どうでもいいです。
ただ1つ期待することは、「唸らせるような絵を出してくれるかどうか」に尽きます。
AFが遅くたって高感度に弱くたって、それがあるからこそ好きだし使いたいと考えている方がほとんどではないでしょうか。
発売時期が延びてもいいので、そこだけは譲らない製品に仕上げて欲しいです。

ファインダーはBGを付けて縦位置で撮るときを考えてこうなったのだと思いますが、私はグリップを下にして縦で撮るのでライカMと同じファインダー位置にしてほしかったですね。
あとグリップが短いのはちょっと疑問ですね。
グリップの深さや太さは人それぞれですが縦の長さはできるだけ長いほうが小指が余らず収まりがいいと思うのですが、敢えて短くしている理由がいまいち理解できません。
それでもこのような面白いカメラを出してくるのがシグマっぽいなとも思うので、これからも他社がやらないようなことをやってみてほしいとも思います。

シグマはゴミ対策用にダストプロテクター付けてます。
マウントの内側にある紫色のやつです。

CP+2106 山木社長の「新製品について」をYouTubeにアップしました。

sd Quattroは夏前ぐらい、Hは年内に発売したいとのことでした。
価格もsd Quattroは「なるべく頑張りたい」、Hはセンサーコストがかかるので価格差がでるとのこと。

触った感じは、AFも早く、グリップも良く、いい感じでした。
ISOボタン液晶脇にが独立したりと、ボタンの位置などが変わりました。
液晶ファインダーは、表示品質が1〜2世代古い感じでした。
GH4のOLEDとくらべると画素が少し荒く、ギラついていました。
表示遅延は気になりませんでした。
背面液晶はきれいで、実用に問題ないと思います。

手持ちのレンズやSDカードは付けたり、画像の記録も禁止でした。
18-35mm F1.8 DC HSM | Art などが着いていました。
重量バランスも良く、ファインダーを覗けば、安定した撮影ができます。
MFでも拡大表示や、フォーカスピーキングでシビアなフォーカシングが出来ました。
シャッターショックは小さくはないですが、あります。
高画素でも問題ないのか、検証が必要でしょう。
電子先幕シャッターなどの機能はあるかわかりませんでした。

とにかくシグマは動きが速いのに、いい製品が次々出てくる。
ますます期待が高まる会社です。

プレビューボタンやそれに類するスイッチはあるのでしょうか。実絞り固定だとか、開放絞りからプレビューできないというのはどちらも困ります。

そして撮影中のピント確認のための拡大表示はフルスクリーン表示になってしまうのでしょうか。拡大表示中に構図の確認ができなくなるのは困ります。フジX-T1のような別窓表示、もしくはパナソニック・ライカ連合の多くのカメラが採用しているような拡大表示小窓を視野の一部に重ねて表示する方法をオプションとして選べるようにしないと、個人的には道具として使い物にならないと思いました。

もうSD15のような上面液晶は戻ってこないのでしょうね...。SD1以降、「上から見て露出がわからないカメラ」になってしまったのが非常に残念で悲しいです。

EVFは結構後ろに接眼部が出ているので、左目で見ても右手と干渉しにくいようです。

私も左目が効き目ですが、実機を触った感じでは右目でもまるで問題なかったですね
一眼レフカメラと違ってアイカップが大きので覗きやすいです

>SA-11さん
絞り込みがどうなっているのか自分も興味有ります。
後、SD15の上面サブ液晶にあった露出インジケーター便利でよく使っていたのにSD1から無くなったんですよね〜。
シャッター押す度に背面液晶はブラックアウトするので
絞り値確認するのにいちいちファインダー覗くの面倒臭くって、、、。
折角ダイレクトイメージセンサーを歌っているのに
Quattroセンサーから違う仕事するピクセルが混じる様になってきました。
チョット勿体ない気もしますが、時代的にしょうがないんでしょうね。

発売が待ちどおしいですね。

変化の受け止め方に賛否両論ありますがSD1既存ユーザーの目線で見ると全て正常進化です。

SAマウントの継承も「ピント精度確保」の為のミラーレス化でミラーレスカメラを作る為のSDQでは無いと解釈しています。

ファインダーが右目で見る設計も悪くないと思います。
SD1にオリンパスのマグニファイアイピースME-1を付け、50mmF1.4を装着すると完全に等倍で見えます。
両目で見る光景が同じ大きさ、右目だけにファインダー情報が付加され全く違和感なく撮影に集中出来ますよ。

唯一の心配はQuattro特有の解像感が消失する問題と特有のマダラ模様とノイズが解消されているかです。

2機種出すならもう一機種はHでは無くMerrillにして欲しかったかな。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2019年
1月 2月 3月 4月 5月 
2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2019年5月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

このブログ記事について

このページは、2016年2月25日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「コシナが「HELIAR-HYPER WIDE 10mm F5.6 ASPHERICAL E-mount」と「SUPER WIDE-HELIAR 15mm F4.5 ASPHERICAL III E-mount」を正式発表」です。

次のブログ記事は「ペンタックスがCP+でD FAレンズのロードマップを公開」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る