シグマ85mm F1.4 DG Art は2016年中に発売される?

Canon Rumors に、シグマの新しい中望遠単焦点レンズ「85mm F1.4 DG Art」に関する噂が掲載されています。

Sigma 85mm f/1.4 DG Art Coming to Photokina [CR3]

  • シグマがArtシリーズの85mm F1.4 DG を9月のフォトキナで発表すると聞いている。発売は発表直後ではないかもしれないが、2016年末までには発売されるはずだ。

    現時点では、このレンズのスペックは不明だが、現在、選ばれた写真家達によってテストが行われている。シグマ85mm F1.4は、非公式にディスコンになっている(※以前に紹介したフジヤカメラのツィッターからの情報です)。

 

何日か前にPhoto Rumorsで85mm F1.4 DG Art の噂が流れましたが、Canon RumorsもCR3の信憑性で、同様の噂を掲載しているので、このレンズの登場はほぼ確実と見てよさそうです。

レンズの詳細は不明ですが、85mmは純正の他にツァイスのOtusやMilvus、手ブレ補正付きのタムロンの85mm F1.8などがリリースされている激戦区なので、シグマがどのようなレンズを出してくるのか興味深いところですね。

2016年5月29日 | コメント(8)

コメント(8)

SIGMAのArtはカリカリってイメージあるけど、ポトレ用なのでボケも重視して欲しい。

現行の85mmで満足してるので、
135mmが先に欲しかったな〜。

85mm=ポートレートとは限らず、さらにポートレートでもカリカリ描写が良いという考えもあるので、他社が85mmを柔らかく繊細な描写の設計にしているなら尚更シグマには逆に痛いほどのカリカリカミソリ描写85mmを出すという手もありますね。
何れにせよシグマが85mm単焦点にどう手を出してくるか楽しみです。

自分の周りの人間は、可愛い女性より、厳ついおっさんばかりなので、硬いポートレイトレンズもあったら、ほしいかも。

85mmArt描写よりもポートレートで使える重さなのか気になります。Artレンズはどうしても重いです。
ただ描写が許せるなら重さは・・・でも軽い方がいいよね。

ART単焦点シリーズって結構ボケ綺麗に思ってるんですけど、そう感じない人も多いんですかね
ART50mm、ART35mmを私以外にもポートレートで使ってる方をよく見かけるので、 この路線で85mmも仕上げて欲しいです

ライトさんや、TTRさんと自分も同意見です。85=ポトレ=柔らかいではなく開放からの圧倒的な解像を期待してます。人物中心撮影ですがシグマレンズの開放からのキレは自分大好きです。期待してます!

最近、シグマのホームページから従来品が消えています。
いよいよ、発売間近ということでしょうね。
EFマウントの85mm(CANON以外も含めて)は、古い物が多いですから、Artシリーズで良い物出してもらえると うれしいです。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2019年
1月 2月 3月 
2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2019年3月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

このブログ記事について

このページは、2016年5月29日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ツァイスはKマウント用レンズを復活させる計画は無い?」です。

次のブログ記事は「NovoflexがAF対応のLEICA SL - EFレンズ用のマウントアダプタを発表」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る