CCDセンサー採用のMマウント機の画像が掲載

Prosophos.com に、以前話題になったCCDセンサーのMマウント機の画像が掲載されています。

Prosophos

  • これは新しいCCD Mマウントカメラの画像だ。

The rumors about a new M mount camera with CCD sensor (Leica Rumors)

  • 数ヶ月前のCCDセンサーのMマウントカメラの噂を思い出して欲しい。Prosophosがこの謎めいたカメラのいくつかの画像を公開している。以下は以前にProsophosに掲載されていた情報だ。

    - このカメラはライカ製、ハッセルブラッド製ではない
    - ボディは湾曲しているが、センサーは曲面型ではない
    - 独自の形状のMマウント機
    - 24MP以上の解像度のCCDセンサー
    - 妥協の無い画質

 

以前にスケッチがリークしていた謎のMマウントのCCDカメラですが、今度は画像が出てきました。この画像を見る限りではボディの質感はなかなか高そうですね。このカメラは、ライカとハッセル以外のメーカー製ということですが、どのメーカーが開発しているのか気になるところです。

Mmount_ccdcamera_20160825.jpg

2016年8月25日 | コメント(32)

コメント(32)

コシナっぽくないですなぁ

CGではないでしょうか。ボディ側面からマウント円筒面(円錐面?)にかけての網目柄の貼り革の形状が非現実的に見えます。それともこのような貼り革を立体成型することもあるのでしょうか。

こ、これは、!!!
コシナではなさそうな感じですが、もうこうなったらどこの製品でもいい。出してください。MadeInJapanのMマウント機。
ホントにCCDだったら・・・即ゲットです。
もうワクワク感がたまらない!(でもホンネはコシナだったらいいのに・・・)

何なのでしょう。シャッターダイアルやアクセサリーシューは見慣れたライカのパーツに見えますが。どこがこのようなカメラを作るのでしょう。

M9のセンサー交換用に新たに用意した話もありましたし
どこからの供給なのかは知りませんが未だにライカ判CCDの開発も続けてるのは確かなようですね

CMOSに駆逐されたCCDという印象があるのだけれど
現行のCCDがCMOSより優位な点ってあるのでしょうか。

湾曲とか、CCDも気になりますが、これって背面液晶がない?

このカメラのセンサーとM9のセンサーに互換性があると、M9ユーザーとしては将来、交換部品が欠品する不安が払拭できて非常にありがたいですね。

CCD搭載でMマウント!
すごく気になりますね。
低感度での画質の粘りと言うか、綺麗さが忘れられないので、
出来れば手の届く金額で発売して欲しいですね。
もしかして、フジなのかな〜と思います。

しばらく音沙汰の無い、Konostという可能性も感じます。

AD変換をセンサー上で行わず、別のチップ上のソフトウェアで行うので、14bitより大きなエリアで変換処理が行えるのが利点ですかね。かつては22bit変換をペンタが実装しており、jpgに落としても確かに階調がなめらかで、RAWもなかなか破綻しない粘りがありました。
ハード依存しないので、変換ファームのバージョンUPで画質向上の余地が大きいかも。
高感度はアナログデータを伝送する分ノイズが乗るので不利と言われていたと思います。

低感度領域ではCCDのほうがCMOSより画質が良いので、高感度や動画と関係無く、あくまでフィルムの感度域での撮影に拘ったということでしょうね。
現在の技術でCCDセンサーを作ったらどうなのか見てみたいものです。

自分も背面液晶が無いように見えます。
ファインダーの上に(ISO?)ダイヤルらしきものも見えますし、以前のイラストとはデザインが異なっている感じですね。

シックな感じのデザインに仕上がってそうですが、メタリックのラインが目立ち過ぎのような気もします。

コシナですかね。

でも、コダックから出たら嬉しいですね 笑…
昔作ってたので、CCDセンサーだったら若干可能性ありますし…

背面モニターが曲がっているように見えます。
レンジファインダー窓も曲がっているように見えます。
ボディを内側へ曲げるのが今後のトレンドになるのでしょうか?
随分分厚いカメラのようですね、大きなレンズを付けるにはバランスがいいのかしら?
庶民には手の届かない価格で出て、「庶民にはこのカメラの良さはわからないだろう。」なんて言われそうな気がします。

昆布さん

私もそれ思い出しました!
こちらの記事だとKONOSTは2,000万画素CMOSセンサーですね
http://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/690199.html

昆布さん、わかめさん、情報有難うございます。
記憶の隅にありましたが、
やはりKONOSTのボディにそっくりです。

CMOSセンサーでしたが、他社との差別化でのCCD搭載の可能性がありますね。
ベンチャーですが、この様な企業が出てくると日本企業もうかうかしてられないですね。

どちらにしても、久しぶりのワクワク感です。

EPSONってことはないか。

leicaの新しいmなのではないのですか。アクセサリーシュウとシャッターダイアルはままleicaですよね。

ライカみたいに見えますね。
でライカでないとすれば、ライカにそっくりなレンズを作ってるHandeVisionという可能性があるような。
スケッチの時の文字もHから始まってましたし。
でもやっぱりコシナだったら1番嬉しいのでまだ妄想しておきます。

昆布さん、わかめさん、Pさん・・・
おっしゃるとおり、KONOSTですね。

リンクサイトで見るともう相当完成されているようで。
残念ですが、コシナさんではなかったです。
でも、L社とS社独壇場の舞台で新たな参入者で盛り上がって欲しいものですね。これを機会にコシナさん参入して欲しいな。
S社もきっと技術的にはこのレベルのRFデジタル作れると思うのですが。

デザインが今一歩・・・余りにもデジデジっぽいので少し残念な気がします。アナログっぽいのを作って欲しいです。

これでしょうか。
http://konost.com/?page_id=6654

フルフレームのようです。
価格は8万円〜10万円あたりだと嬉しいです♪
ちなみに下記のよう書いてありますが、
世界初のデジタルのレンジファインダーはライカではないのでしょうか。
The World’s First True Digital Rangefinder

光学的二重像合致式を捨てたM型ライカ、ということですかね。

konostのHP、覗いて見ましたがイメージセンサーははっきりとCMOS(amsグループのCMOSIS社製の由)と書いてありましたし、写真のようにボディは反っていないので、この記事のカメラとは別物であると思います。

しかし、konostのカメラもそれはそれで興味を惹かれます。

ヘリコイドさん、そういうことなんですね。
キヤノンユーザーさん、そうでしたか、ということはライカ以外に2つのmマウントのデジカメが現れる可能性がありますね!

konostというカメラがあるんですね。 HPの写真を見るとボディーの両端が曲がっているので、アングルによっては全体が反って見えるようです。 だからこれだと思うのですが。 ただ、ちょっと安っぽい感じですが、気軽に使えそうです。

キヤノンユーザー さんのおっしゃる通り、まだKonostだと決まったわけではない気がします。KonostはCMOSISのCMOSセンサーを使うとウェブサイトに書いていますし、まず商品の生産と発売に漕ぎ付けることこそが肝要なKonostのプロジェクトは、計画途中からカメラのデジタル部分の心臓部であるイメージセンサーを変更するわけがないと思います。

マウントされているのはコシナのMマウントレンズではなさそうですから、ボディを作ったダークホースはコシナではないと見ていいでしょう。ローライか、フェニックスか、シーガルか、ハンダビジョンか、ゼニットか...。その辺が思いつくところですが...謎が深まってきて楽しいです。

いや~、静かな中にも、皆様の真摯にMマウントを愛するお気持ちが伝わるコメントが良いですね。

kokonutsさんのおっしゃる通り、Mマウント難民の一人として、ニッチな市場の活性化に期待ですね。

CMOSIS社のCMOSセンサーは、本家L社にも使われてましたよね。
しかも、CCDの研究も以前していたようですので、意外と大穴でしょうか?

レンズがHandeVisionのMマウントIBELIT50mmですよね?という事はHandVisionじゃないでしょうか?

レンズですがHandeVisionのIBELIT50mmf2.4に見えますが
ちょっと違うような気もします…
IBELIT50mmf2.4のレンズの距離指標(m)は
0.7→0.8→1→1.2→1.5→2→4→8ですが
このカメラにマウントされているレンズの距離指標(m)は
?→?→?→?→1.5→3→5→? に見えます。

ちなみにライカの50mmは
最短撮影距離にもよりますが
0.7→0.8→1→1.2→1.5→2→3→5→10が多いです。
レンズもこれまでにない新しいものだとすると楽しみですね!

CGの可能性も高いですが軍艦部のダイヤルや、
ホットシューのフォントを見ると、
現行ライカのフォントそのものなんですよね。
ライカ製ではないとのことなのでライカ以外に
このフォントを使えそうなメーカーというと…

Panasonicとか?⁇ ないかー笑
いずれにせよ夢がふくらみますねー

まだM6を使っていますがさすがにフイルム、印画紙の値上げには参っています。デジタルのライカを買う金もありません。コシナがベッサのボディに撮像素子をそのせただけのようなカメラを出してくれる日を待ち望んでおります。

ゼニットの権利がどっかに買い取られたとのことでしたが、まさかそれでレンジファインダーじゃあるまいし・・・どこのなんでしょうね。

わかめさんのPanasonic説は面白いですね。たしかにフォントだけみると説得力があります!


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2019年
1月 2月 3月 
2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2019年3月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

このブログ記事について

このページは、2016年8月25日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「キヤノンがデュアルサイドマイクロレンズの特許を出願中」です。

次のブログ記事は「キヤノンがEOS 5D Mark IVを正式発表」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る