オリンパス「ED30mm F3.5 Macro」は良好な解像力だが逆光耐性が問題

LensTipに、オリンパスの標準マクロレンズ「M.ZUIKO DIGITAL ED30mm F3.5 Macro」のレビューが掲載されています。

Olympus M.Zuiko Digital ED 30 mm f/3.5 Macro

  • フォーカスリングは適切な重さがあり、滑らかに回転する。フォーカスリングの回転角はリングを回す速さによって変わる。
  • 中央の解像力は、開放で65lpmmの非常に高い解像力(良像の基準値は44-45lpmm)で、F5.6では72lpmmを超える。これは非常に素晴らしい性能と言えるが、それでもまだ、m4/3用の他のマクロレンズ(オリンパス60mm F2.8EDやパナソニック45mm F2.8は80lpmmをわずかに超えており、パナソニック30mm F2.8 OISは76lpmmに達している)よりも低い値だ。
  • 隅の解像力は、開放から良好だが、良好以上のものではない。それでもなお、51lpmmに達しており、実用的な画質が得られている。オリンパス30mm F3.5と比べて、オリンパス60mm F2.8やパナソニック30mm F2.8の隅の解像力は若干良好だが、パナソニック45mm F2.8の隅の解像力は、オリンパス30mm F3.5に劣っている。
  • 軸上色収差は、開放ではわずかに影響が見られるが、大きな問題はない。
  • 倍率色収差は、0.07-0.08%で、「中程度」に近い値ではあるが、まだ「低い」値に収まっていて、心配は無い。パナソニック30mm F2.8も同等の性能だ。
  • フォーカスシフトは全く見られなかった。
  • 歪曲はJPEGでは全く見られず、RAWでは-0.13%のタル型で、これはRAWで+1.09%の糸巻き型だったパナソニック30mm F2.8よりずっと良好だ。
  • コマ収差の補正は完璧ではなく、開放では目立ち、1段絞ってもまだ目に付く。このカテゴリでは、パナソニック30mm F2.8よりもずっと悪い。
  • 非点収差は、4.8%で平均的だ。この結果はパナソニック30mm F2.8よりも若干良好だ。
  • 周辺光量落ちは、開放でJPEGでは29%(-0.98EV)で、RAWではそれより1%高い値(-1.03EV)になる。F5.6まで絞ると、周辺光量落ちは解消する。
  • 逆光耐性は最大の問題で、強い青色のゴーストが発生し、絞るとそれがより明瞭で強烈になる。太陽を画面外に出せば、フレアやゴーストは現れず、コントラストも維持される。
  • AFは静かでとても速い。AF精度はスタジオ内のテストでは一度のミスもなく極上だ。前ピンや後ピンの傾向も全く見られなかった。
  • オリンパスのED30mm F3.5とパナソニックの30mm F2.8 は、どちらも、とても良好な解像力で、良いライバルだ。パナソニックの方がわずかに解像力が高く、絞ると収差がより素早く改善するが、オリンパスは、最大撮影倍率が等倍より高い(1.25倍)のが他には無い特徴だ。
  • 良い点:素晴らしい最大撮影場率、中央の非常に良好な画質、隅の良好な画質、軸上色収差が穏やか、倍率色収差が少ない、歪曲がほとんどゼロ、非点収差が穏やか、周辺光量落ちの問題が無い、静かで非常に速く正確なAF。
  • 悪い点:コマ収差が大きい。

 

オリンパスの30mm F3.5マクロは、開放から十分実用的な解像力で、価格を考えるとなかなか優秀なレンズという印象です。最大撮影倍率が1.25倍(換算2.5倍)と高いのも、用途が広がりそうです。

弱点は、他のレビューでも指摘されていた逆光耐性で、画面に太陽を入れるとブルーの大きく強いゴーストが出るようなので、逆光時には少し注意が必要かもしれません。

2016年12月22日 | コメント(3)

コメント(3)

安くするために内面反射処理が不十分なんでしょうけど、ゼロコーティング等を施すとどれくらいお値段が上がるんでしょうね?
コーティングが違うだけの高級バージョンがあっても良いような気がしました。

とはいえ、換算60mmという画角やマクロ用途が主ということを考えると、大きな欠点では無いですね。
実販3万円切ってるし。

30mmのAFレンズは4本あるわけで、いろいろ選択する楽しみもあります。個人的にはシグマのレンズがもうちょい寄れると完璧なんですが…。

逆光耐性が低いのは30mmマクロだけに限らずマイクロ43レンズ全般に言える事で、pro1240でさえフォーサーズ1454Ⅱよりも強い光源に弱いんですから。

ただ、3535マクロに比べると断然画質も使い勝手も良いし、60mmマクロよりも気軽に何でも撮れるのが強みですね。

こんなに前玉が小さいのに酷いゴーストが出るとは。フランジバックが短いからセンサーからの反射の影響もあるんですかね?


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2019年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2019年9月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

このブログ記事について

このページは、2016年12月22日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「キヤノン「PowerShot G9 X Mark II」が近日中に登場?」です。

次のブログ記事は「EOS 6D Mark II は一眼レフで2017年の5月か6月に登場?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る