ソニーから近日中に登場する可能性のある新製品

SonyAlphaRumorsに、ソニーから近日中の登場が予想される新製品のまとめが掲載されています。

What to expect from the upcoming Sony announcements...

  • まず、金曜日の噂(ハイエンドEマウント機の噂)は誤りで、ソニーは今週発表を行わない。とは言うものの、ソニーの新製品が発表されるまで、それほど長い間待つ必要はないだろう。近日中にSR5の噂を掲載したいと思う。以下はソニーから登場が予想される新製品のまとめ。

    非常に信憑性が高い噂(90%の可能性)
    - 2017年もレンズの年になるが、1~2機種のフルサイズEマウント機も登場する
    - 16-35mm F2.8 GM が近日中に登場する
    - 廉価な85mmのFEレンズ
    - 新しいFEの単焦点望遠レンズ(400mmかもしれない)
    - ソニーはデュアルカードスロットのEマウントフルサイズ機を開発している
    - α7R II より高価なフルサイズEマウント機も登場する
    - シグマは今年FEレンズを発表する

    信憑性が中程度の噂(60%の可能性)
    - 次のAマウント機はα77 III になるはずだが、2017年中のリリースは未確認
    - α7 III は今年の夏に発売されると噂されている

    信憑性の低い噂(30%の可能性)
    - APS-C機のRX5

    単なる私の夢
    - 55 x 41mmセンサーの中判のRX

  •  ソニーの発表時期に関して:2月の終わりにCP+が開催されるが、知っての通り、ソニーはこれらのイベントを外して新製品を発表している。昨年は、CP+の2週間後に新製品が発表された。FEレンズ群がまず発表され、新型カムコーダーが4月に、そして新型カメラは5~6月に発表されると予想している(現時点では、これらは推測にすぎない)。

 

先週の「ハイエンドEマウント機が間もなく発表される」という噂は、誤りだったようですが、夏頃までには新型機が登場しそうな雰囲気です。

CP+では交換レンズは登場するかもしれませんが、ソニーの大きな新製品は、CP+後の発表になるかもしれませんね。

2017年2月 7日 | コメント(11)

コメント(11)

今回のCP+は、SONYのブースが一番大きいので期待していますが、発売前の商品展示は、16-35mm F2.8GMだけなのかな?
勿論、α99Ⅱやα6500も実機体験できるでしょうが・・・
シルエットだけでも良いので、新型カメラの発表があると嬉しいですね

-1~2機種のフルサイズEマウント機も登場する
-α7R2より高価なフルサイズEマウント機も登場する
-α7M3は今年の夏に発売されると噂されている

α7M3とα7R3(α9)の線が濃厚なんですかね
α7M3待ちの身としてはひと安心ですが、α5的な機種は出ないんですかね

RX5ってもし出るとしたら、、単焦点なんでしょうかね?

RX1シリーズにならって高画質追求の単焦点か?
RX10シリーズみたいな信じられない便利ズームレンズか?

個人的には後者を希望。

α6500との棲み分けが出来なくなるか…

>信憑性の低い噂(30%の可能性)
APS-C機のRX5

RX100Ⅴは少々小さいので、 grade upしたものなら買いかな?

私もあのブースの大きさから少なくとも7Ⅲと複数の新型レンズが展示、体験できるのではないかと思っています。

VR関連だったりしませんか?>SONYのcp+のブース。

今回のCP+のブース面積は地方からのプロサポート面談希望者のために広くしたとの噂もありますがどうなんでしょう。
α9の発表が気になって気になって、早くしないとGFX50sに浮気してしまいそうです。

セミ判RXは夢があっていいですね。

非常に真面目で資料的な文章の最後に「単なる私の夢」なる文が添えられており、
不意打ちのあまり大爆笑してしまいました(笑)まさかここでこんなにも気持ちの良い笑いを提供してもらえるなんて。

ソニーのCP+の内容が発表されましたね。
残念ながら、カメラの発表はないようです。
α7RⅡが夏頃で2年目だったと思うので、
その頃に発売ですかね。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年9月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

このブログ記事について

このページは、2017年2月 7日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「タムロンが「SP 70-200mm F/2.8 Di VC USD G2(Model A025)」を正式発表」です。

次のブログ記事は「ソニーがDRAMを積層した3層構造のCMOSセンサーを開発発表」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る