DxOMarkにツァイス「Milvus 2/35」のスコアが掲載

DxOMark に、ツァイスの広角単焦点レンズ「Milvus 2/35 ZE」のスコアとレビューが掲載されています。

Carl Zeiss Milvus 2/35 ZE Canon lens review 

テスト機は5Ds R  Milvus 
 2/35ZE 
 Distagon 
 35F2旧型 
 Canon 
 EF35F2 IS 
 Canon 
 35F1.4LII 
 Sigma 
 35F1.4Art 
DxOMarkスコア 36 37 40 42 41
解像力 25P-Mpix 24P-Mpix 34P-Mpix 37P-Mpix 34P-Mpix
透過 2.2T 2.2T 2T 1.7T 1.6T
歪曲 0.4% 0.5% 0.4% 0.1% 0.3%
周辺光量落ち -2EV -1.8EV -1.8EV -2.3EV -2EV
色収差  9μm 9μm 6μm 4μm 6μm

  • Milvus 2/35のスコアは36で、35mmの単焦点レンズでは6位で、純正やシグマの35mm、ツァイスの旧型の35mmに後れを取っている。
  • 5Ds Rで25P-Mpixの解像力は良好ではあるが、5D Mark IVでの解像力は22P-Mix、1DX Mark IIでの解像力は17P-Mpixで、低画素センサーの方がよりセンサーの実力を引き出せている。Milvus2/35は、F2.8からF8で解像力はピークになるが、F2では周辺部の解像力が低下する。絞った場合でも完全に均一にはならず、隅で穏やかな解像力の低下が見られるが、それでもなお隅は良好だ。
  • 歪曲は0.4%で、良く補正されており、後処理での補正は必要ない。
  • 開放で-2EVの強い周辺光量落ちが見られるが、F2.8に絞ると-1EVまで改善し、F4以上では完全に解消する。
  • 色収差は、開放からF2.8では隅にいくらか色ズレが見られるだけで、よく補正されている。F4以上では周辺部で穏やかな色ズレが見られるが、大きな心配はない。
  • キヤノンEF35mm F1.4L II とEF35mm F2 IS との比較では、F2の比較では35mm F1.4L II が最もシャープで、EF35mm F2 IS とMilvus 2/35は同程度だ。F2.8~F8では3本ともシャープだが、ここでもEF35mm F1.4L II がトップで、隅までの均一性が高い。
  • 旧型のDistagon 35mm F2 との比較では、ほとんど同レベルの性能だ。
  • シグマ35mm F1.4 Artとの比較ではシグマが優っており、解像力の違いは顕著だ。F2の比較では中央はシグマが良好で、隅はシグマは若干解像力が落ちるが、Milvusよりは良好だ。F2.8~F8ではシグマは高いレベルの均一性で、Milvusも悪くはないが、シグマには及ばない。
  • Milvus 2/35の性能はとても良好で、特に中央の解像力は高い。このレンズは、キヤノンの旧型のEF35mm F1.4Lや旧型のDistagon35mm F2と同等の性能だが、EF35mm F1.4L II やシグマ35mm F1.4 Artには及ばない。

 

Milvusシリーズのレンズは、同じ光学系でも旧型より性能が上がっていることが多いですが、今回のMilvus 2/35は、旧型と同程度という結果になっているようです。

Milvus 2/35は、キヤノン純正の2本の35mmや、シグマのArtと比べると、解像力のスコアでは結構差を付けられているようですね。

2017年5月16日 | コメント(7)

コメント(7)

 このスコアを見ると、Milvusが・・・というよりも、EF35mm F2 ISが良すぎるという感じがします。
 10年以上は平気で更新しない純正非Lレンズの実力に改めて脱帽っと思います。

D800Eの評価ですが、タムロンの35mmF1.8が
スコア42 解像力39P-Mpixで
手振れ補正付き、最短20cm(0.25倍)なので、この値段払うならそっち買いますね

旧型とMilvusとの比較で顕著な差があったのはレンズ構成が
新型で変わったものくらいで、確か同じ構成の100マクロだった
かでスコアが違ったのは単なる計測ミスか、特別な個体差のように思いますね。今回の結果はむしろ当然でしょう。
同じ構成のMilvusの場合コーティングの差がわずかにある程度ではないでしょうか。

ミルバスは光学系変わってないレンズでも解像力大幅アップしてたのが不思議だったけど、35mmだけ旧型並みなのも逆に不思議ですね。

> 4マウ さん
タムロンの新 SP の 35mm F1.8 (F012) は最大撮影倍率 0.4 倍ですよ。やはりこの点はタムロンの大きなアドバンテージだと思います。

35mm F1.4 L Ⅱはさすが純正でそれなりの価格であるだけありますね。
BRレンズ使用の50mm・85mm・135mmの登場が楽しみで期待してしまいます。
Milvusは正直純正35mm F2 ISやシグマやタムロンのが優秀なので、余程ツァイスに拘る理由でもない限り選択肢には厳しいですね。

このレンズは非球面レンズを使用してませんし、ボケが最近のレンズにはない柔らかさがあるので、柔らかさが欲しい人にはオススメです。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2017年9月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

このブログ記事について

このページは、2017年5月16日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「キヤノンがEF70-300mm F4.5-5.6 DO IS USMなど3本のレンズをディスコン」です。

次のブログ記事は「ソニーがFE400mm 2.8(またはFE400mm F4)を開発中? 」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る