シグマ「135mm F1.8 DG HSM Art」は極めてシャープでボケも美しい

ePHOTOzineに、シグマArtシリーズの望遠単焦点レンズ「135mm F1.8 DG HSM Art」のレビューが掲載されています。

Sigma 135mm f/1.8 DG HSM Art Lens Review

  • 鏡筒は素晴らしいクオリティだ。重さは1130グラムあり、非常に重い。フォーカスリングは滑らかに動く。
  • AFは、どのような状況でもキビキビとしていて正確だ。近距離の撮影ではフォーカスリミッター(0.875-1.5m)が役に立つ。
  • 中央の解像力は、開放からF8まで素晴らしい値(excellent)で、F11とF16でもまだとても良好な値(very good)だ。隅は中央とほぼ同じで、開放からF8まで素晴らしい値(excellent)、F11とF16ではとても良好な値(very good)だ。

sigma135f18_mtf_001.jpg

  • 倍率色収差は、中央も隅もほとんどゼロで、後処理による補正は不要だ。画像に色ズレの兆候は見られず、色収差の点では非常にクリーンだ。
  • 歪曲は+0.47%の糸巻き型で、後処理による補正は必要ない。建築物を含む、ほとんどの被写体で歪曲に気付かないだろう。
  • フレアはほとんど見られないので、安心して光源にレンズを向けられる。
  • 後ボケは素晴らしく、これは特にポートレートには有用だ。
  • 価格は1399ポンドで安価ではないが、素晴らしい性能を考えれば納得のいくものだ。
  • シグマ135mm F1.8 は本当にシャープなレンズで、使い勝手は素晴らしく、ボケも美しい。135mmはポートレートには少し長すぎると感じる人が多いが、シグマの135mmは寄れるので、顔のアップの撮影に使える。見事な性能と相まって、このレンズは間違いなく大成功だ。
  • 良い点:素晴らしい解像力、ほとんど色収差がゼロ、フレアがでない、美しいボケ、近接性能、歪曲が小さい、造りが良好、防塵防滴、F1.8の明るさ。
  • 悪い点:重い、手振れ補正が搭載されていない。

 

シグマの135mm F1.8は、他のレビューでも極めて高い評価を得ていますが、このePHOTOzineのレビューも例外ではないようです。

このレンズは、F1.8の大口径にもかかわらず、開放から画面の隅まで極めて高い解像力で、かつ倍率色収差がほとんど見られないのは素晴らしいですね。価格は、国内では12万円を切ってきているので、性能を考えればそれほど高くないかもしれません。

2017年8月 8日 | コメント(6)

コメント(6)

使ってる人の評判も良く、レビューも軒並み絶賛ですね。
でも、、、とにかく大きく重い。
正直ほんの少し常軌を逸した大きさ重さかと…。
逆に欠点はそこだけですね。

発売日に購入しましたが最高のレンズですね。
写真を初めて40年間、色々なレンズを使ってきましたが、
3本の指に入るほどのお気に入りです。
この大きさと重さが存在感があってまた良いのです。
1DXに付けたら最高にカッコイイ。
いや〜sigmaさん最高のレンズをありがとう。笑

手振れ補正をつけなかったのは、画質優先したから?
この重量を考えたら、手振れ補正は重要と思いますが、市場にどのように判断されるのかな。

ほとんど開放がピークなんですね。
独自の計測なので実際の使用距離でどう変化するか分りませんが、中望遠以上はなるべくスピードを稼ぎたいので、絞らずのそのレンズのピークに近い性能が出せるのは、使い勝手がいいと思います。

長いように感じますがスナップには意外と使いやすい焦点距離です。画質最優先で手ぶれ補正搭載見送りは無問題。絶賛貯金中!

α6500で使ってますが最高の画質です。
6500は手ブレ補正があるので(そこまで強くないですが)この重さでもブレにくいです。
重たすぎて左手が筋肉痛になった時はマジかと思いましたが。
あと6500とMC-11の組み合わせだとフォーカスが瞬時に合いませんね。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年9月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

このブログ記事について

このページは、2017年8月 8日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「キヤノンの新しいTS-Eレンズは「45mm F2.8L」「90mm F2.8L」「135mm F2.8Lマクロ」の3本?」です。

次のブログ記事は「オリンパスの映像事業(2018Q1)はミラーレス一眼の増収効果などで黒字化」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る