ソニーの中判カメラはRX1と同じような形状になるかもしれない?

SonyAlphaRumors に、SARの読者がフランスのイベントでソニーのマネージャーから聞いたという話が掲載されています。

Sony manager chatter at Salon De La Photo

  • SARの読者が、パリで開催されているSalon De La Photoでソニーのマネージャーと話をしており、次のように述べている。

    「ソニーのプロダクトリーダーと、中判カメラの発売に関する多くの話をした。彼女は、それは時間の問題で、ソニーは確実にいつか中判カメラを発売するだろうと話してくれた。そして最も興味深いことは、彼女がそのカメラはRX1のフォームファクターになると考えていることだ」

 

ソニーは以前のインタビューで「今のところ中判カメラを発売する予定は無い」と言っていましたが、将来の中判カメラの投入には肯定的なようです。

フイルムカメラでは、レンズ固定式の中判カメラは結構多かったので、デジカメでも中判のレンズ固定式コンパクトがあってもいいかもしれませんね。

2017年11月28日 | コメント(16)

コメント(16)

コンパクトなのに中判なんて、萌えますね。それ一台持って旅に出たい。

おそらく噂になっていた湾曲中判センサになるんだと思いますが、RX1とほぼおなじ大きさで登場したら間違いなく買いますね。

現在RX1のみで撮ってますが、わたしのように35mmが肌に合っていて、それ1本で撮っている人たちは結構大勢いると思いますし、なにより軽いのがサイコーですよね。

来年末くらいには出てほしいなぁ。

ソニーなら発表済みのBSIセンサーをベースに更に湾曲させ、
レンズに要求されるスペックを低くし、小型軽量をやってしまいそうですね。
センサーが高くなるでしょうが、レンズも開発、製造に大きなコストがかかりますし、それを低コスト化できる&中判コンパクトともなれば価格に転嫁してもよほどのことがない限り受け入れられるでしょうから期待してしまいます。

筐体の形状はRX1シリーズにもいえることですがレンズ一体型でレンズ部分が凸になっている(電源OFF時に収納されない)タイプならグリップ部分も凸にしてしまえばホールディング性も上がり大容量のバッテリーを積むスペースにもなるので例えばα6500のようなグリップがしっかりした筐体形状にしてほしいですね。
ところで大型の曲面センサー搭載カメラの実現はまだまだ先の話なのでしょうか。

ソニーはフェーズワンと仲がいいようなので
ソニー名義で4433の最小最軽量を目指し
フェーズワン名義で中判ミラーレスの最高スペックを目指すのではないかと思います。

 デジタル時代のカメラのアキレス腱と個人的に思っているのが撮像素子につくダストの写り込みと、交換レンズの片ボケです。中判は徹底したパンフォーカス写真を狙うために絞り込むことも多いと思いますし、こういった心配をせずに撮影に専念できるレンズ固定式中判というのも面白いですね。
 読み出しが速い新素子で、歪みのない電子シャッター、あるいはレンズシャッター使用で内部ダストの発生を抑え、光軸も徹底的に調整した中判が出ると魅力的ですね。値段が恐怖ですが。
 

中版と言いながら35ミリをちょっと大きくしただけセンサーの流れですが、
ソニーらしく、ここで一発、セミ版フルサイズ笑のセンサーで出して世の中を驚かせてほしいです。

もはや顕微鏡のように細部まで写し撮るデジタルカメラで、
さらに解像度を追求するより、質感描写など味にこだわった製品にしてもらいたい。

先日発表した、IMX461(裏面照射型100MP)の
搭載を期待しています。

ついでに、18fpsでもいいので、
8K動画も撮れたら嬉しいです。

かつての多くの中判単焦点カメラのようにレンズ収納型、沈胴型がいいなあ。薄いカメラに萌えます。

RX1は35mm固定のみですが、レンズ固定式ならば、21、24、28、50mmなどレンズのバリエーションは考えてほしいですね。

これから中判の新システムを出すなら(少なくとも将来的には)645対応になるでしょう
33×44から始めるにしても今出すのは時期尚早かと

そう考えるとRX1路線が妥当かと
RX0でやったように、各群一枚の非球面レンズでコンパクト軽量で攻めてくると面白いかも
湾曲センサも使って、現行RX1サイズで24mmF2.0なんて出たら最高

近年RX1が更新されてないのと辻褄があって興味深いですね。
ライカQと被らず、だけど対抗するには良策かと。

それなりに高価格になるでしょうから、
それであればRX1の質感ではガッカリです。
所有の満足度を上げるだけの、見た目と質感にも拘ってもらえると、
大金払っただけのことはあると思えて嬉しいのですが。
そこがライカやハッセルに負けている部分だと思います。

ソニーならやりそうだと思ってました。
手のひらサイズの中判いいですね!
レンズ一体型ならシステム化しなくてもいいですし、
RX1的なのはソニーのお家芸ですから期待してます。

ああ、これはいいですね。

フルサイズ35mmF2というのは一眼レフでもそれほど大きくならないので、RX1は微妙だと思っていたのですが、中判はまた別です。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2017年12月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

このブログ記事について

このページは、2017年11月28日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「キヤノンEF85mm F1.4L ISは指折りのポートレートレンズ」です。

次のブログ記事は「オリンパスが100周年記念モデルを準備中?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る