シグマがWeiboで複数のFEレンズの近日中の発表を示唆

SonyAlphaRumors に、シグマチャイナのWeibo上での発言が紹介されています。

Sigma China Weibo says they will announce "many" new FE lenses in one month

  • Weiboで、シグマがCP+で多くの新製品を発表することを認めた(CP+は3月1日から開催されるが製品の発表は2月の終わりになるだろう)。そして、シグマは、何が登場するのか秘密を漏らしている。

    Weiboのフォロワーが、新しい35mmのFEレンズがCP+で登場するのかどうか尋ねており、シグマの公式な回答は「それ1つだけではない」だった。

    もちろん、これはシグマチャイナのWeibo(Weiboはツィッターのようなものだ)の発言で、100%正しいとは限らないことを承知しておかなければならない。しかし、シグマのコメントは、これまでの信頼できるソースからの噂と一致している。これらのレンズのうちの1つは、35mm F1.4のFEレンズになるはずだ。

 

以前から噂が流れているシグマのFEレンズですが、近日中に本当に登場する可能性が高そうです。シグマチャイナは、登場するFEレンズは1本ではないと述べているようなので、複数のFEレンズが同時に発表されるのかもしれませんね。

2018年1月18日 | コメント(11)

コメント(11)

これまでも何度もシグマのFEレンズが出るという噂があって、しかしいまだに登場していません。
やっと出たと思ったらDCレンズ(APS-C用)だったりしたのですが、それでもこれは期待できそう。
どんなレンズを出してくるのか楽しみですね

シグマにはソニー純正を超える製品をどんどん送り出してほしいですね。

35mm以外だと性能の良い24-70mmあたり
あと本家が発表する前に135mmをいって欲しいものです。

期待しています。
100-400や150-600のような望遠系のズームを早めにお願いします。

御本家のFE単焦点広角側は28mm止まりなので
ぜひ20mm、24mm、16mmなどをお願いいたします。

どんなレンズが来るかは見ものですが一番は値段ですね
純正の半分、7割程の金額になるとありがたいですが
シグマソニーともに安いFEレンズを出して儲かるとはあまり思えませんね

すぐはないだろうけど軽量な望遠ズームに期待したい、AFが良ければ即購入になりそう。

AF-CモードでのAF追従性が、純正に比べてどこまで肉薄出来るかでしょうね。特にAF-Cでの瞳AFがどの程度か気になります。現状MC-11経由のAF-Cはシグマが動作保証していないレベルですし。

現在 FE 24-105mm F4 Gが激しく品薄なので、シグマにはこれを越える物を安く出して欲しいです。

EマウントネイティブのレンズはCラインで、画質優先の人はAラインをMC-11でどうぞってスタンスを予想してます。

100-300/f4の復活を待ちわびてます。
FEレンズに限らず出して欲しいですね。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年7月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

このブログ記事について

このページは、2018年1月18日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「オリンパスがE-M5 Mark III の新機能を含むE-M1 Mark II の新ファームウェアを準備中?」です。

次のブログ記事は「ニコンの新しいZマウントの外径は65.4mm?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る