シグマ24-105mm F4 Art は広角端では驚きの高解像力

Lensrentals に、シグマ「24-105mm F4 DG OS HSM Art」と、ライバルとの解像力の比較レビューが掲載されています。

MTF Testing for the Sigma 24-105mm f/4 DG OS HSM Art Series Lens

  • シグマ24-105mm F4は、24mmでは、中央の解像力は本当に驚くほど高い。中央から離れると解像力は低下するが、これはこのクラスのどのレンズでも同じことだ。24mmでは、このレンズは並外れた性能だ。
  • 70mmでは、中央は24mmほど素晴らしくはないが、良好な解像力で、周辺部の解像力は24mmの時よりも優っている。
  • 105mmでは、広角側ほど良好ではないが、後述するライバル達と同程度の性能だ。
  • シグマの個体ごとの性能のバラ付きは、キヤノンEF24-105mm F4 IS II と同程度で、性能の一貫性は素晴らしい。

キヤノンEF24-105mm F4L IS II との解像力の比較

  • 24mmでは、中央はシグマの解像力が驚くほど高く、少なくとも中間部までは優っているが、外側1/3は大きな違いはない。しかし、中央の画質の違いは容易に見て取れる。(図は左がキヤノン、右がシグマ)

sigma24-105_canon_24-105_comp_24mm.jpg

  • 70mmでは、まだ、シグマがキヤノンよりも優れているが差は小さくなる。シグマも非点収差が見られるが、より滑らかでボケはシグマが良好だ。

sigma24-105_canon_24-105_comp_70mm-2.jpg

  • 105mmではシグマの優位はなくなり、キヤノンとの差はほとんどない。どちらのレンズも広角側ほどシャープではないが、いずれも十分に実用的な解像力だ。

sigma24-105_canon_24-105_comp_105mm.jpg

 

ニコンAF-S24-120mm f/4G ED VRとの解像力の比較

  • 24mmでは、中央は高周波(細部のディテール)ではシグマが良好で、隅に至るまでシグマが若干良好な解像力を維持している。しかし、ニコンは非点収差が少ない。(図は左がニコン、右がシグマ)

sigma24-105_nikon_24-120_comp_24mm.jpg

  • 70mmでは、中央はニコンが高周波で若干良好で、中央以外ではほとんど同じだ。

sigma24-105_nikon_24-120_comp_70mm.jpg

  • 望遠端(シグマは105mm、ニコンは120mm)でも、ニコンが優れている。

sigma24-105_nikon_24-120_comp_105mm.jpg

 

このテストで分かったこと

  • シグマの24-105mm F4 OS Art の24mmの解像力はとても驚きで、中央の解像力は本当に衝撃的だ。これは予想外だった。それ以外の解像力も、これまでにテストしたライバルと同等かそれ以上で、価格はライバルよりも安価だ。
  • シグマ24-105mm F4 OS Art は、解像力の点で明らかにキヤノンEF24-105mm F4 IS II よりも優れているが、ニコンAF-S24-120mm f/4 VRとはいい勝負だ。

 

単焦点のArtレンズに比べると、これまでの24-105mm F4 OS Artの評価はそれほど高くないように感じますが、今回のテストでは、解像力の点で、シグマはキヤノンよりも明らかに良好で、ニコンと同等ということなので、このクラスでは優秀な性能のレンズと言ってよさそうです。

特に広角端は優秀なので、広角側の画質重視の方には、シグマが魅力的な選択肢になりそうですね。

2018年2月18日 | コメント(13)

コメント(13)

個人的なイメージと違って、ニコンが良いようです。
このレンジのズームは、興味を持って評価の中身を確認しておらず、評価がぱっとしないイメージでしたが。
無限遠でテストするLensRentalsでこういう評価が出ているという事は、実際の写りとしても期待ができるのかなと思います。
ソニーの24-105と併せて、このレンジに興味が湧いてきてしまいました。

二週間くらい前にシグマの山木社長がツイートしていたレポートですね。
周辺光量落ちと重いのが気になるところですが、標準域用に欲しいレンズです。

シグマ9万円、ニコン10万3千円で、1万円ちょっとしか違わないから、性能同じくらいならニコンかな。望遠も120mmまであるし。

ニコンの24-120は28-300と同じ程度と言われていますが、使ってみるとびっくりするほどの違いで、解像感も高く、ついでに片ボケもない個体で活躍しています。シグマと同程度なら高性能だとわかりました。(シグマと同程度というのが、高性能の証になったのが嬉しいものです)

SIGMAの24-105って、サイトによって評価がまちまちですね。望遠側がイイと言ってたところもあったし。どれを信じればいいのか。

ニコン24-120との性能差はわかりませんが、手元にあった雑誌CAPAでのテスト記事によると、「シグマ24-105はキヤノン24-105より解像性能は優れるが、周辺光量低下が大きい、105ミリでは逆にキヤノンの方が解像性能は上、逆光耐性はキヤノンの方が良い、シグマは885グラムもありキヤノンより90グラム重い」等とありました。確かフィルター径もシグマは82ミリと大きかったと思います。
キヤノンユーザーとしてはシグマの解像性能は気になりますが、それ以外の部分、ブレ補正の効き具合や操作性、耐久性(キヤノンはフォーカスリングが幅広でMFがやりやすくて防滴防塵仕様)他に奥の手としてデジタルレンズオプティマイザが使える(旧24-105にこれを使うと画質がかなり良くなります)など純正レンズとしての優位性もあります。
最後は「シグマの価格を取るか?数万円高くても純正の安心感を取るか?」と言ったところでしょうか。
~追伸~
このクラスのレンズに凄く優秀なレンズが無いように感じます。
思うに価格が原因ではと思います。24-70F2.8がどれも20万円以上するのに、このクラスは15万円位ですよね。あと+5万円コストをかけたらどの位のレンズが出来るのか?!
気になるなあ~

このレンズ、使っています。
ピント面はとてもシャープで
逆光耐性 以外は、良いレンズと思います。
でも人間、もっと!もっと!
と思ってしまうもので、
シャープさはそのままにもう少しボケが。
となり、EF24-70mm F2.8L II が欲しく
なってしまいますw

この結果を見る限り、どれか選べといったらニコンですね。
望遠側が少し長く、一番軽量(シグマ比200g弱軽い)です。
ニコンはどの焦点域でも安定した解像度を出しています。
価格差も、一万円台です。
この焦点域は風景からポートレイトなど万能レンズとしての
性能を求められると思うのでなおさらです。

EF24-105の1型,24-70の2型の両方使ってましたが、24-105は、手放しました。解像度という点だけかもしれませんが、今回のシグマが優れているというより、EF24-105の解像度だけ、いまいちなのかもですね。

ニコンの24-120/4を使っています。良いレンズです。ズームレンジがより広くて、後出しの製品に負けてないってのがすごいですね。これまでいろいろな評価サイトではパッとしない評価でしたが、ニコンが公式にD850対応レンズとして推してるだけのことはあります。

80-400もそうですが、こういう独自の焦点レンジの商品は、そういう視点からもっと評価されて良いように思います。

Nikon 24-120mm F4は純正標準大三元が大変そうな時や、もう焦点距離が少し欲しいと予想される時に使っています。
設計は新しくはないレンズですが、高画素機(D850)で使っても問題ありません。大三元と両方あると便利です。
Nikonユーザは相性や価格差も考えると、純正を選んだほうが良いでしょうね。

D800にArtつけっぱです。
性能云々というより見た目に惹かれました。
スナップで使ってますが、解放でも中心は非常にシャープに感じたので自分はあまり絞りません。

先日、逆光耐性 以外は、良いレンズと
書きましたが、使っていたフィルターを
別のレンズで使ったところ、逆光で真っ白に
なり驚きました。このレンズが逆光に弱いと
思っていたのは、安物のフィルターのせい
だった可能性が高いです。すみません。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年10月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

このブログ記事について

このページは、2018年2月18日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ソニーFE24-105mm F4 G OSSはライバルをしのぐ性能だが自動補正が必須のレンズ」です。

次のブログ記事は「タムロン「70-210mm F/4 Di VC USD」の画像」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る