パナソニック50-200mm F2.8-4.0 OISはボケが非常に綺麗なレンズ

ePHOTOzine に、パナソニックの新しい超望遠ズーム「LEICA DG VARIO-ELMARIT 50-200mm F2.8-4 ASPH. POWER O.I.S」のレビューが掲載されています。

Panasonic Leica DG Vario-Elmarit 50-200mm f/2.8-4.0 ASPH Review

  • 鏡筒は光沢仕上げが印象的で、全体的なクオリティは高い。このレンズのエルゴノミクスは見事だ。
  • フォーカスリングは重いが、滑らかに動く。ズームリングは非常に滑らかだ。ズーミングでレンズは繰り出すが、バランスは良好に保たれている。AFは速く正確だ。
  • 50mmの解像力は、中央は、開放(F2.8)からF5.6まで素晴らしい値(excellent)で、F8とF11ではとても良好な値(very good)だ。隅は開放からF8までとても良好な値(very good)だ。

pana_50-200_50mm_mtf.jpg

  • 100mmの解像力は中央は50mmと全く同じパターンで開放(F3.6)からF5.6までは素晴らしい値(excellent)、F8とF11ではとても良好な値(very good)だ。隅は開放からF5.6ではとても良好な値(very good)、F8からF16では良好な値(good)だ。

pana_50-200_100mm_mtf.jpg

  • 150mmでもまた同じパターンで、中央は開放(F3.9)からF5.6までは素晴らしい値(excellent)、F8とF11ではとても良好な値(very good)だ。隅は開放からF5.6ではとても良好な値(very good)、F8からF16では良好な値(good)だ。

pana_50-200_150mm_mtf.jpg

  • 望遠端が一番得意なレンズは希で、このレンズも200mmでは予想通り少し解像力が落ちる。200mmの中央は、開放(F4)ではとても良好な値(very good)、F5.6では素晴らしい値(excellent)で、隅は開放で良好な値(good)、F5.6でとても良好な値(very good)だ。

pana_50-200_200mm_mtf.jpg

  • このレンズの解像力は全体的に非常に一貫していて、ズーム全域でシャープな画像が得られる。
  • 色収差は極めて良く補正されており、中央ではズーム全域で色収差はほとんど見られず、隅ではズーム中間域でF11前後でピーク(1ピクセル弱)になるが、それでもなお良く抑えられている。後処理による色収差の補正は必要なさそうだ。
  • 歪曲は、50mmでは-0.02%のタル型、100mmでは-0.01%のタル型、150mmでは+0.03%の糸巻き型、200mmでは+0.08%の糸巻き型で、とても素晴らしい。これは、まっすぐに近く、直線は直線のまま写る。
  • 逆光では、フレアは見られず、コントラストの低下やゴーストも見られない。
  • このレンズのボケは極めて滑らかで卓越しており、背景をぼかした写真を取るのに理想的だ。
  • パナソニック50-200mm F2.8-4は、非常に使いやすく素晴らしい結果の得られるレンズで、加えて、非常に軽量コンパクトだ。
  • 良い点:素晴らしい解像力、色収差が少ない、フレアが出ない、高速なAF、美しい造り、際立った手ブレ補正、防塵防滴・耐低温仕様、コンパクトなサイズ。
  • 悪い点:小絞りで回折の影響が大きい。

 

パナソニックの50-200mm F2.8-4は、解像力はズバ抜けて高いわけではありませんが、ズーム全域で安定していますね。描写は、パナライカのレンズらしく、色乗りが良くボケも綺麗で、雰囲気のある描写をするレンズという印象です。

このレンズは1.4倍と2倍のテレコンに対応しているので、望遠と超望遠はこれ1本でほとんどカバーできそうですね。

2018年3月17日 | コメント(6)

コメント(6)

素晴らしい。
買います。
5月24日の発売が待ち遠しいです。

解像力はパナの100-400mと変わらないレベルです。
もう少し大きく重くなってもいいからもっと解像力のあるレンズを作ってほしかった。
または、このままで定価が5万円安かったら納得できるが。

しっとりとした上品な描写ですね。
でも、自分にはF2.8-4シリーズは高すぎて買えません(泣)
ライカブランド外して15万円くらいにして欲しいです。

望遠ズームのテレ端で少し画質が落ちるのはパナの設計思想なんじゃないかと思います。
焦点距離を短くすればズーム全域で高画質にできるのでしょうが、多少画質が落ちてでもより長い焦点距離を使える方が付加価値があるという考えなのでしょう。

実際サンプル画像では(数は少ないですが)テレ端でもよく写ってるように見えますし、超解像のオリンパス40-150PROと、ボケがきれいな50-200とでM43内でいい棲み分けができるのではないでしょうか。

竹ズーム復活ですね。こういう描写のレンズが増えてくるとかつてのユーザーも戻って来やすいのではないかと思います。ただオリンパスはこのような主力レンズをパナに譲ってしまって良かったのでしょうかね。

オリ使いですが、超望遠が充実してきたパナが羨ましいです。マイクロフォーサーズは望遠で有利なので、オリも超望遠レンズ増やしてほしいのですが。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年10月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

このブログ記事について

このページは、2018年3月17日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ソニーはAPS-Cは非常に重要だと考えているので待っていて欲しい」です。

次のブログ記事は「ソニーα7 III は α7 II から高感度のノイズとダイミックレンジが著しく改善」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る