PENTAX 6x7用レンズをティルトシフトレンズとして使用可能なマウントアダプター

Fotodiox が、PENTAX 6x7用のレンズをF / EF / E / A / Xマウント機でティルト・シフトレンズとして使用するためのアダプターを発表しています。

New: Fotodiox TLT ROKR tilt-shift lens adapters (Pentax Rumors)

  • Fotodioxが、ペンタックス6x7レンズ用のティルトシフトレンズアダプターTLT ROKRを発表している。このTLT ROKRは、ニコン用、ソニーEマウント用、ソニーAマウント用、富士フイルムXマウント用、キヤノンEOS用が発売され、ペンタックス6x7のレンズ群をティルトシフトレンズとして使用することができる。

    - このアダプターは20mmのシフトと10度のティルトが可能
    - 360度の回転機能内蔵

fotodiox_tlt_roxr_001.jpgイメージサークルの大きな6x7用のレンズを、フルサイズやAPS-Cのカメラでティルト・シフトレンズとして使うというのは面白いアイディアですね。価格も199.95ドルと安価なので、6x7のレンズ資産のある方にとってはとても楽しめる製品になりそうです。

2018年5月21日 | コメント(6)

コメント(6)

可能性のある製品ですね!
但し デジタル時代においての解像度を考慮
すると ペンタ67レンズ群は性能不足なのは
否めない! ハッセルマウントはあるのかな

これは素晴らしい。
パンフォーカスに写したい風景で、絞り込まなくてもあおることで解決できますね。
建物の撮影にも使えますね。

これもしかしてマウントアダプタに三脚座ついてますか?それだと非常にありがたい設計ですね。パノラマ合成をする場合、カメラを三脚に固定しても問題なく撮れるといえば撮れますが、レンズを固定してカメラをシフトするのが理想なのでそういう使い方ができるのは助かります。もっとも、もともと6×7向けのレンズであることを考えると6×7で最初から撮ったほうがいいというふうにもなりますけどね(汗

6x7だと広角レンズが標準になっちゃいますね。換算係数は丁度2倍?
シフトさせて建物撮るとかには向かなそうですけど、ティルトで小物撮るとかには良いのかも。

もっとも、ミラーレス用の方がレンズ選択肢が多いので、6x7レンズ持ってる人向けですねぇ…。

正式名称は当初のPENTAX 6x7からPENTAX 67に変更されていますね。

PENTAX 67用のレンズはフィルムでしか撮影した事がないですが、75mm/F4.5などはネガをルーペで見ただけでもライカ判用のレンズに匹敵するような解像度でしたから、645用のレンズ同様、実用になるとは思います。

ただ、67用のレンズは最も広角でも45mm/F4からで、あとは55mm、75mm、90mm、105mm…ですから、超広角~準広角の用途が多いシフト/あおりレンズとしては、焦点距離的にちょっと微妙ですね。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年6月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

このブログ記事について

このページは、2018年5月21日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ニコンのフルサイズミラーレス用の沈胴式レンズの特許」です。

次のブログ記事は「キヤノンから次に登場する一眼レフはEOS 80D後継機(EOS 90D?)?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る