キヤノンが「EOS R」とRFレンズ群を近日中に発表?

軒下デジカメ情報局に、キヤノンの「EOS R」とRFシリーズの交換レンズなど、キヤノン新製品の一覧が掲載されています。

キヤノンが「EOS R」を近日中に発表

  • キヤノンが9月に発表する新製品で確認が取れたもの

    - EOS R ボディ
    - EOS R 24105キット
    - RF 35mm F1.8M IS
    - RF 50mm F1.2L USM
    - RF 28-70mm F2L USM
    - RF 24-105mm F4L USM
    - EF-M32mm F1.4 STM
    - EF400mm F2.8L III
    - EF600mm F4L III
    - Mアダプター R
    ※レンズ名は正式名称ではなく、確認が取れている部分のみ

(アクセサリ関係はかなり読みにくいので、現時点では参考程度に)

  • M(or Mount)アダプター R?:簡易注文書には「M.ADAP R」「M.ADAP R ND」「M.ADAP R PL」しか書かれていないので、正式名称は不明
  • リストに電波認証に登録されていたPD-E1もあり
  • リストのB(黒潰れ)E22がバッテリーグリップBG-E22かもしれない

 

CanonRumorsの噂通り、キヤノンの新しいフルサイズミラーレスカメラは「EOS R」のようですね。

レンズには、本当に噂のF2の標準ズームが含まれているようです(ただし、噂の24mmスタートではなく28mmスタートのようですが)。RFレンズにもEFレンズ同様にLレンズと非Lレンズ(Mレンズ?)が存在するようですね。

EF-M32mmとEF400mm、600mmのIII型も噂通り登場するようです。次の新製品発表(9月5日?)はとても大きな発表会になりそうです。

2018年8月31日 | コメント(68)

コメント(68)

Mアダプター Rは名前の通りEF-Mを RFに取り付けるためのアダプターだと思いますが、
EF- RFのアダプターはどうなのでしょう…?
まさかアダプターなしで互換性を持たせる方法が搭載されているのでしょうか。
また、軒下デジカメさんでは何やらマウントアダプターにNDやPLが組み込まれていそうなことも書かれていますね。

ついに来ましたね!もうこれは出るということでいいのではないでしょうか!?
あとはスペックですね。6Dmark2はもちろん超えて、4k動画、秒間10コマ、あとダブルスロットだったらいいかなーといった感じです。バッテリーもLP-E6系だといいです。
キヤノンはカタログにのるところではないところが強いので楽しみです!

シングルスロットで物議を醸しているニコンZに対して、キヤノンはどういった形式を提示してくるのか非常に興味があります。キヤノン側も事実上頓挫してしまったCFastの後継をどうするかという記録メディアでの課題を抱えている訳ですから…

28-70 F2は分かりませんが、それ以外は現実的なラインですね。
35mmは撒き餌でしょうか?

50mmがLレンズのみと言うのは不満ですが、レンズも一辺に発表の様ですね。これが事実なら、噂にあったEFマウントのミラーレスはガセだったんですね。ガッカリです。
それでもアダプターでEFマウントが使える事とAFがDPCMOSAFで有ることの二つでもしミラーレスを買うならキヤノンに決まりました。値段の情報早く出してくれないかな?

しれっと50の1.2LがRFででるんですね。。。
たのしみです。

RF 35mm F1.8M IS

Mはなんなのでしょうか。気になりますね!
発表間近ということでワクワクしますね!

アダプターはeosMへRのレンズを付ける事ができるものだと思いますが、APS-Cのレンズをフルサイズに付けてもケラレますし
そうなると、値段やサイズにもよりますがRF 35mm F1.8M ISがRでもeosMでも使い安い画角なのでお買い得ですね
それとRF 35mm F1.8M ISのMが何の機能に対する表記なのか気になります
「Lレンズ」のような新しいシリーズがMレンズなのでしょうか

Mアダプター Rは、EF-MにRFレンズを装着するアダプターでしょうね。

もしかしてリデューサーレンズ入りであれば、NDなどが搭載される理由も分かりますね。

まずは4本のレンズが同時発売なら、まずまずの出だしではないでしょうか。

そしてEF-RFアダプターが存在しないところを観ると、RFはEFと同じマウント金具で、フランジバック化変で誤装着防止機能が搭載されていそうです。

やはりアダプター無しでEFも使えるギミックがあるのでしょう。
50LはEFの方がほしかったです。

35mmがIS付きなのが、ボディ内に手ぶれ補正が非搭載の可能性を感じさせてきて不安ですね。
せっかくの新ミラーレスシステムですから、是非5軸手ぶれ補正が欲しいとこほ。

光学的な仕様(フランジ・口径)はどうなるんでしょうね
EF-Mとのアダプターとなると、新マウントのレンズをEF-Mに装着可能とするやつですかね?(EF-Mよりも短いフランジでアダプターを作るのはおそらく不可能ですし。)
レフの2大メーカーがSONYにチャレンジする姿は非常にワクワクさせられます。

キヤノンルーマーズにEFレンズもそのまま装着できるとの噂が出ていますね。両マウント対応なのでしょうか。

MアダプターのEOS MのではなくマウントのMの略と考えるのが自然でしょう。

フランジ可変だとすると、一眼レフと同等の厚みになるってことなんでしょうかね。EFが使用できないボディのバリエーションも、いずれ発売になったりして...

K- blueさん
私もIS気になりました。
が、キットの24-105mm使う時に、レンズにもボディにもISなし、は考えにくいのでは…と希望してます。

確かにEF-RFアダプターがないため、EOS RはアダプターなしでEFレンズを装着できるのでしょうか⁈
RF50はいきなりF1.2とは。情報の信頼度が分かりませんが続報が待ち遠しいですね。

連投失礼いたします。
Mアダプター Rは、MマウントにRレンズを付けるアダプターなのか、単純にマウントアダプターの頭文字を取ってそういう名前なのかでまったく意味が変わってきますね・・
前者の場合は長フランジバックで、EF互換の可能性、後者の場合は短フランジバックでまったくの新規マウントと考えられます。
ですが、名前的には前者の可能性が高いのかな?
このアダプターにNDが入っているということは、RFマウントのミラーボックス相当の部分にはNDフィルター等が入るのかもしれませんね。
で、RFマウントはEFマウント完全互換で、電子接点の追加、もしくは信号の変換で高速化とか・・

ついに来ましたね!RFマウント。ずっと待っていました。今日は記念日になりそうです。
24-105mmがローンチレンズに含まれているのが最高です。よくわかっているなと思います。アダプターはEF-Mマウント用だと思います。アダプターにNDやCPLを内蔵しているものだと思います。動画ですとNDは必須ですからね。1機能多いマウントアダプターです。
Canon Rumorsによると新マウントはEFマウントのレンズもそのままつくらしいです!!これは以前私も書きましたが、レンズが揃っている時点でのスタートになりそうですね。あとは28-70mmf2の実用性にも期待しています。
あとは5軸手ぶれ補正、高性能EVF、ダブルスロットルがあればかなり売れそうです。

付けるレンズによって
センサーが動いてフランジバックを
調整?

去年、マウントは固定で、撮像素子の方が移動するという噂が出ましたが、どうなんでしょうかね。
RF 28-70mm F2L USMも28mmスタートは画質のことを考慮すると、妥当なところだと思いますけど、以前出たSONYの特許を見ると、かなり大きくなりそうですね。

35mmのMは動画向けということでしょうか?
24-105にISが付いてないのは、ボディ内手ぶれ補正が
付いているのからなのか、はたまた手ぶれ補正が必要なら
EFの24-105のF4L ISを使え(それだけRFとEFの互換性に
自信がある)と言うことなのでしょうか。
妄想が膨らみます。。。

マウントアダプターが必要でないなら、後玉がEFマウントの内側に入り込むのでしょうか?
昔のライカの広角レンズみたいに後玉がマウントの後ろにググっとのびているというのは、なかなかカッコ良さそうなんですけど。
…どうなるんだろう…

35mmの「M」はマクロのMじゃないかなぁ?
マクロ用は通常のISとは異なるモードを補正するからレンズ内にもIS搭載とか?

ボディ内手ぶれ補正+センサーシフトの高画質モードをのせてくる(はず。)
願望です。

少し混乱しているので整理させて頂きたいのですが、EFマウントのレンズがそのまま使えると言うことは、Sigmaが行ったような方式を採用するという事でしょうか?

また、新たなRレンズはEFマウントにも取り付けられる。さらに、フランジバックの問題は例えばイメージャーを移動させることで対応するのでしょうか?

いずれにしても、現EFレンズユーザーの方にはそのまま移行出来るので、ミラーレスの恩恵だけを享受出来る事になりそうですね。

同時発売?のレンズ群がニコンと違って良いラインですねぇ。

飛び道具もあるし、かなりの撮影で必要な領域をカバーする
24-105があるのが高ポイントです。

購買層のニーズを上手く掴んでいるなぁと思いました。

私は風景撮りなので、Rなら乗り換えてもとりあえず撮影
ができますけど、Zの24-70では乗り換え出来ません(^^;

すごく楽しみです。
28-70F2が24始まりじゃないのは少し残念ですが、
EFマウントのアダプターがないのが気になりますね。
マウント可変にした結果ボディが重くなるのは避けてほしい
どうせレンズはRFレンズも揃えるので。

RFマウントはEFマウント互換(マウント径もフランジバックも同じ)で像面位相差AFの性能向上やボディ内に手ぶれ補正のための信号ピンを増やしたということでしょうか。
RFレンズは既存のレンズをベースに手振れ補正系の省いて設計しなおしたということでしょうか。この方式ならそれ程時間をかけずにRFレンズのラインナップは早く揃いますね。

もしかして、マウントの構造自体はEFと同じで電子接点がリニューアルされてたりはないんでしょうかね?
EFレンズもアダプタなしでRボディに付くけれども、RFレンズとRボディの機能を最大限発揮させるには、新しいそれらの組み合わせが必要になる・・・とか。

αユーザーとしては、短フランジバックのマウントで出てもらった方が、レンズメーカーのミラーレス用レンズの開発が加速しそうで有り難いですが・・・(笑)

キヤノンは他社とは違う事を、やるのか
気になります。
フルサイズミラーレスを買おうと思ってるので
期待してます。

EFとRFの24-105mmがどう違うかで、RFマウントの素性が見えそうですね。
サイズも画質もEFとほぼ同等、ではつまらないですから、はっきり違いを見せて欲しい所です。

28-70mm F2には驚きです。F2ズームを展開するにしても、広角〜標準、標準〜中望遠として、50mm付近で区切って来るものと思っていました。
これがシグマの85mm F1.4ぐらいのサイズ感に収まれば、なかなか実用的だと思います。

MアダプターのMはマウントの略でEFレンズ装着用ですね。
EF-SレンズがEF機に付かないように、
フルサイズのRFマウント機にEF-Mレンズを
付けさせることはしないでしょうし、
万が一やるとしても優先順位は低く、同時に
NDやPL内蔵のものまで出すような手厚い展開も考えづらいです。

EF-MボディにRFレンズを付けるためのアダプターをいきなりNDやPLを組み込んだものまで出しますかね?
それ程の緊急の需要があるようにも思えないし。
名称もEF-EOS MにあわせでRF-EOS Mになりそうなもんですが。

Mアダプター R
ぽんぽこさんが書かれていますが、EF-Mマウント用のレデューサーだったらステキですね。もし、RF/EFレンズがそのままの画角で使えるレデューサーだったら最高です。

PD-E1
Power Driveでしょうか。バッテリーグリップで、装着すると連射性能も上がったりして。EOS-1vの時代の名称を持ってきたりして。

RFマウント
EFマウント装着時は少し回転してせり出し、フランジバックがEFマウントになるような気がします。その位なら強度も保てそう。EFレンズでは毎回マウントアダプター使用ではスムーズな撮影ができません。

なんか,久しぶりにわくわくしますね,キヤノンフレックスRを想像すると,外爪マウントとか⋯

連投失礼します。
勢いで書き込みしましたが、冷静に考えるとFさんのおっしゃっているようにMアダプターR=マウントアダプターRでしょうか。
要はEFとRFの互換アダプターはあれどMとRFの互換アダプターはない。MシリーズにRFレンズをつけるには可能かどうかは別として、RとM用のアダプター二枚重ねですかね^_^;
つまりRはセンサー位置不変のショートフランジバック。皆さんと同じで妄想が膨らみますが現実的にはこんな感じでしょうか。続報を待ちたいです。

EF-Mは、まだ新しい上ミラーレス用のマウントなので
Mアダプターで救済するのではないでしょうか?

F2通しは28mmスタートなんですね。
それにしても予想以上に早い展開で驚きました。ほんとに出るんですね。
ニコンと両方同時に買うのは厳しいので、情報を見極めたいです。

キヤノンは一眼レフの売上を可能な限り守るため、ミラーレスカメラに本気になることはないと予想してました。

少なくとも東京オリンピックが終わるくらいまでは、ミラーレスはこの程度ですよってカメラでお茶を濁し続けるのではないかと・・・

ひょっとして予想は大外れでしょうか?

キヤノンからソニーにマウント替えした者としては、α9の対抗機は流石にまだ先だとは思いますが、ちょっと参ったなぁって感じです。

20年以上キヤノンを使ってきた者として、発表が本当に楽しみです。

 24-105のラインナップが、画質次第ですがNikonに対する強力なカウンターになりそうですね。ただセンサーが28MPだとするとその実力を正確に比較するのは難しいかもしれませんね。

 それにしてもNikonがZでCanonがRですか。なんだか、かつての日産自動車の2大高性能ブランドを彷彿とさせますね。

 とにかくカメラ好きには胸が高鳴る秋になりそうです。

Mアダプター R は、マウントアダプター R (EFマウント→RFマウント)ですよね。
RFマウントが、EF-Mマウント(及びEマウントやZマウント)よりフランジバックを長くして、(わざわざ他社のマウントでも)使える可能性のある設定をするとは思えませんし。
逆にRFマウントはフランジバックを14〜15mmにしてもらって、他社のレンズ群を使える可能性があるように設定したほうが、S社やN社のミラーレスをお使いの方々から羨ましいがられて…よいのでは?。

全くマウント規格が不明のままですが、EF-Rアダプターが見当たらないとすると、ガリさんが推定するようにEFマウントの新インターフェイスバージョンかも知れませんね。

従来EFレンズはそのまま使えるけど、RFマウントという進化版を開発したよということでしょうか?
35㎜1.8はマクロで手振れ補正が効きにくいからIS付けたけど、24-105はIS無しでいけるぐらいの素晴らしいボディ内手振れ補正を搭載したとも読めますね。

連写多用したりバッテリーライフを伸ばしたい人にはPD-E1付けると格段とパワーアップするよーということなら、フラッグシップじゃないけどかつてのEOS-3のような先進機ポジションの製品でしょうか?

何回考え直しても、シグマsd Quattro方式のような気が。従来のEOS用レンズはそのまま着く。レンズがボディ-内に入り込む専用の新レンズも登場する。新レンズのマウントに僅かな突起などが付加されていれば、新レンズはレフ式EOSボディーには着かずトラブルは生じない。近い将来、ミラーレス専用新マウントが登場しても、アダプターでレンズは使える。でも、電気接点について何も知らずに言っていることなので、全く問題外かな。

フルサイズ・ミラーレスはそのうち出るとは思っていましたが、新マウントですか・・・
これでCanonは3マウント体制です。EF-Mをオワコンにする予定なんでしょうか?今後が気になります。

Mアダプター Rは"マウントアダプターR”で、電子接点だけないので、余ったスペースにドロップインのND,PLフィルターがつけられるとか.....?RF 35mm F1.8M ISはマクロのMかな?
発表が楽しみですね。

Nikonのマウントはサードパーティに開示しないということですので、
Canonは開示してソニーから一気にシェアを奪ってほしいです。
ニコンよりも大きなマウントになるのか、またフランジバックが短くなるのか、楽しみです。

レンズ充実してますねぇ楽しみ!
問題はデザインです。ニコンは質実剛健でしたが、キヤノンにはミラーレスらしい先進感を期待しますよ!

自分もMアダプター RはEFレンズをEOS Rで使うためのマウントアダプターで EOS MはEFレンズもアダプター使える小型なミラーレスとして並行して販売されていく感じだと思います。

EOS MはEF-Mレンズで EOS Rは なぜEF-Rではなく RFレンズなのか詳細が気になります。

アダプターのNDやPLは、RFマウント機にEFレンズ付ける際にフィルター内蔵機になるという事だったら良いなと思います。

以前の記事で、従来のEFマウントにレンズ検出用スイッチが付くというものがあったような記憶があります。
何か関連があると面白いですが。

大口径レンズを揃えてきましたね
マウント大きいのかな?
何にせよ発表が楽しみです

M アダプタはEFーM用だと思います

EF用ならEFアダプタRと表記すると思いますので

EOS R とはRevolutionからとったものでしょうか?

EOSシステムを革新した新規格であるが、
もちろん従来システムとの互換性もばっちり。
やっぱりショートフランジバックになるのかな?
しかしEF-MのカメラではRFレンズを活用できないのでしょうか?

ボディ内手振れ補正もあるからといって、400 2.8 600 4
ISが搭載されないのも考えにくいですよね。
情報が錯綜してますねー。

5D4持ちですが
まあ~
もうすぐ発表すると思いますので
それまでいろいろと妄想するのも楽しいものです。

キヤノンはもう少し先だと思ってましたが、本当に出そうですね。
ニコンとは攻め方がかなり異なりそうで面白いです。
以前これからはレフ機とのカニバリは恐れないと言ってましたし、楽しみですね。
今はニコンユーザーですが、一眼はキヤノンから入ったので内容次第で出戻ることもあり得ます。
自分は動体・望遠で使えると思えるものが来るまではレフ機でいるつもりなので、気長に各社比較させてもらいますw

28-70F2L出たら面白いですよね
私は24-70だけは買わずに単でがんばってますが
これは欲しいな、ズームは便利ですしね

いよいよキヤノンもフルサイズミラーレス市場に参入ですか!

いずれにしても、予算的にRFマウントが出ても一気にはレンズを揃えるのは難しいです。

マウントアダプターによりEFレンズが現状のEOS5DⅣと同程度に機能すれば良いのですが、こればかりは発売されてみないと分かりませんね。

最近後れを取り始めたセンサー性能とAF性能の性能の飛躍的向上を楽しみにしています。

すごいなあ。最初のレンズラインアップに隙がない。
お仕事用高倍率ズーム、今までにない夢のF2ズーム
50はトップ仕様のf1.2、35は可搬性重視の1.8
どう組み合わせても、いきなり、ほとんどのことができる
夢のつまった、レンズラインアップ。
AFがよかったら、一気に勢力を盛り返すくらいの
インパクトだ。

RFマウント機でシェアを伸ばしていくためにはEFレンズが利用できることが最大のポイントであり、現在EマウントにEFレンズが付いてしまうことに最初から対抗できなければ大きなデメリットになります。
なので、やはりMアダプターRはEFレンズをEOS Rに付けるためのマウントアダプタであり、出たばかりの新マウントRFレンズをEOS M煮付けるためのアダプタは出すとしても後回しですし上にも書いたようにフィルタ付き含め3つも出すのはあり得ないかと。

カメラ好きとしてはワクワクしますね。
RFマウントレンズは他の方がおっしゃるようにEFマウントより後部にレンズが出た形なのでしょうか。その際、出た部分をEFマウント内径ぎりぎりにすればレフ機に装着は不可能なので安全でしょう。当然RFレンズを装着する時には電気接点が邪魔になるので何らかの待避する構造が必要になります。

Mアダプター Rはなんでしょうか。もしかして電気接点を繋ぐだけものも。これはこれで面倒ですね。

35mmは、ミラーレスらしいコンパクトマクロ(簡易リングライト付き?)っぽいので、ちょっと嬉しいかもです。ちょこっとかさばるコンデジくらいで、いつでも持ち出せるFFミラーレスを一台は期待したいです。

オールランドモデルがEOS Rで高画素モデルがEOS Rsといったところでしょうか。

マウントアダプタPLってPLマウント用の事ですかね
https://cweb.canon.jp/cinema-eos/lineup/digitalcamera/c700ff/index.html

EF用のアダプタが無いようですが、直接RFマウントに付くんでしょうか?

それとまさかのフルサイズミラーレスではなくて
https://cweb.canon.jp/prodv/lineup/xc15/index.html
のレンズ交換式カメラって事ないですかね?
以前噂に上がっていたこの機種の後継機はレンズ交換式だったと記憶してます

今回発表を控えている新製品はすべて気になります!
特にRF、EFのマウントの事!
そして長望遠レンズの更新!
ここにいる皆さんもそうだと思いますが、早く知りたい!早く見たい!早く触れたい!

家庭では私が1DX、妻が5D4なのでお互いのサブ機としてすごくいいかもしれません。特にマウントアダプター無しでEFレンズが装着できるのであれば本当に欲しいです。

ボディ内でセンサーを移動して可変フランジバックでEFレンズに対応
と言うのは、確かにアダプター無しでEFレンズを使えるマジックですが
そのために一眼レフと同等の厚みにのボディーになるのは
ミラーレスの利点を一つスポイルすることになるので、はたしてその様な事をするでしょうか、それともRレンズの
フランジはEFよりは短いがそんなに変わらないのか。
35mm1.8のISはSONY FEにも
レンズ内手ぶれ補正を入れたレンズ(初代α7にボディー内補正が無い事も
有りますが)が有ることを思えば、レンズによってはボディーとレンズの
ハイブリッド補正とか、レンズに入れたほうが有効とか何らかの理由で
この1本のISでボディー内補正が無いことは有るまいと思うのですが。

MマウントアダプターRは、まさかEFレンズ → マウントアダプターEF-EOS M → MマウントアダプターR → ボディーの順で付けるのでしょうかね?また、キットレンズ24-105はSTMのF3.5-5.6あたりなのか?また、RFマウントの望遠レンズ70-300とか100-400など出るのでしょうか。期待はふくらむばかり、わくわくしますね。

RFレンズ側は、後端のレンズが最初から後ろに出ているか、又は、マウントに装着するときにメカ的な力で後ろに伸びるようになっている。カメラ内の電気接点は、前後にスライド可能な機構があって、RFレンズを装着すると、奥へスライドするようになっている。これなら、センサを前後させるよりも精度を維持しやすのでは?

SIGMA方式でEFレンズ群がそのまま使えるのであればわざわざフランジバックの短いレンズを出す必要はないでしょう。
新マウント、M or EF互換のM(マウント)アダプターでしょう。

もしくは逆で、SIGMAの Eマウント方式で、既存のEFレンズ群にフランジバック分を付けたミラーレス用に改造したレンズでしょうか。
となると、Mアダプターは?になりますね。

なんにせよ、サプライズはなくキヤノンは王道を行くんでしょうね。
EOS Mユーザーが可哀想なことにならないようして欲しいですね。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年10月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

このブログ記事について

このページは、2018年8月31日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「タムロンが「SP15-30mm F/2.8 Di VC USD G2(Model A041)」を正式発表」です。

次のブログ記事は「パナソニックが9月25日にフルサイズミラーレスカメラを発表?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る