マップカメラの10月の売上げランキングはキヤノンEOS Rの大勝 [内容更新]

THE MAP TIMESに、2018年10月のマップカメラのデジタルカメラの売上ランキングが掲載されています。

2018年10月 新品・中古デジタルカメラ人気ランキング

  • 新品デジカメ10月ランキング

    - 1位 Canon EOS R
    - 2位 SONY α7 III
    - 3位 SONY α7R III
    - 4位 Canon EOS Kiss M
    - 5位 Nikon Z7
    - 6位 FUJIFILM X-T3
    - 7位 Panasonic LUMIX DC-G9 PRO
    - 8位 SONY Cyber-shot DSC-RX100M6
    - 9位 Nikon D5300
    - 10位 Nikon D850
  • 今回のランキングの目玉は、何といっても10月25日発売の Canon EOS R。2位以下を大きく引き離して、というか、なんと2位 SONY α7III と3位 α7RIII を合計した台数を上回る販売台数で大勝。
  • EOS Kiss M も、前回初登場で上位を占めた Nikon Z7 や FUJIFILM X-T3 といった格上機種を抑えての4位と気を吐いている。
  • 前回初登場の Z7 は、EOS R だけでなく、SONY フルサイズミラーレス勢の後塵をも拝することになってしまった。

 

EOS Rはマップカメラでは2位以下を大きく引き離して大勝ということで、まずは順調な滑り出しのようですね。とは言え、ソニーのα7 III とα7R III は発売から結構時間が経っているにもかかわらず2位と3位なので、ソニーは相変わらず好調と言ってよさそうです。

ニコンのZ7が5位なのは、Z6を待っていた方が多かったためでしょうか。Z6が登場する来月以降、どうなるのか注目したいところです。

[追記] GfKの10月22日~10月28日のランキングでは、フルサイズ機ではEOS Rが3位に入っています。

2018年11月15日 | コメント(42)

コメント(42)

こう見ると、キヤノンという会社の実力はすごいものがありますね。

さすがキャノンブランド!
α7R3と比べた場合、私的には見劣りするしカメラとしてのグレードはEOS Rの方が低く購入意欲はわかないが、キャノンユーザーは持ってるレンズの資産も活かせるし価格も買いやすい価格なので手を出しやすかったのだろう。
あと、マップカメラの連日の在庫あり!の宣伝メールがウザいほどきていたのでマップカメラの宣伝勝ちのような気もしなくはない。

ソニーユーザーの私。何とか購入せずに踏み止まったのですが・・・

バリアングル液晶のミラーレス。
50mmのF1.2で真に開放から使えるレンズ。
タッチシャッターでもって最高のレンズを使うのは贅沢で魅力的だなと思います。

カメラ好きが購入するマップカメラで圧倒的な売上は、やっぱりキヤノンて凄いなと思いました。

ネット上では様々な意見が出て居ますが、このように実際の数字が出ると、なるほどとなりますね。
スチルカメラの世界シェア1位なだけあって、マウントが変わろうとも圧倒的な支持が変わらない事が再び証明されたように思います。

強烈な魅力があるわけでもないのに、きちんと売れるポイントをついてきますね。そういう所はニコンは苦手。
他社ユーザーですが、28-70F2はかなり惹かれます。
やはり画質に直接影響する、レンズのラインナップは大事でしょう。
αは堅調ですね。
最近7Ⅲ買いましたが、機能や操作性が良く洗練されています。
NEXから7Sまでいろいろ使ってきましたが、サイズや操作感で、どれも疲れるカメラだったのが見事に解消されています。
7Ⅲを超えて来ないと後続のメーカーはだんだん厳しくなってくると感じます。

キヤノンは凄いですね、ユーザーの支持が凄い。キヤノンとトヨタを見ていると商売とはスペックだけではない、ありとあらゆる総合力で商売をするものだという事がよく分かります。

EOS Rは特に品薄とかの発表もなく販売されてましたよね。
キヤノンの掛ける意気込みはもちろんですが、生産能力の高さに驚かされます・・・

キヤノンは一体月に何台生産しているのでしょうか。
αの二機種が発売から日が経っているとはいえ、かなり魅力的な機種にも関わらずこの結果ですから、
今の時代商売をするにはスペックや技術よりもマーケティングが重要なんだなと思い知らされますね。

しかしZ7は競合のα7Rが好調を維持しているにも関わらずなんとも残念な結果になってしまってしまっているのが気がかりです。

このランキングは、金額ベースなのか、それとも台数ベースなのでしょうか?

台数だったら、Z7のほうがずっと値段が高い(かつZ6がすぐに出ることがわかっている)ので下なのが当然の気もしますね。

D5300がいまだに根強い人気であることに驚きです!!

キャノンの勢いが凄いですね。
イメージソルーション事業に投資出来る
会社全体の売上が大きい会社が勝者になりそう。

順位は台数ベースでしょうが、比較的に安価なRが上位に来るのも納得。高価なα7RⅢが上位にあるのは、先駆者さすがですね。同クラスのZ7が低い(?それでも10以内)のはZ6が控えているからかも。Z6が販売されたら、どんな変動があるか興味が尽きないですね。

EOS Rは発売直後ということで、Lマウントアライアンス機が発売され、しばらく様子をみないとフルサイズミラーレスの先行きはわからないと思います。

マーケティングの上手さですね
実際は予約分も計上されるので予約開始時点からの集計ですから、1か月以上の売り上げに成る場合も有りますから。。。
価格コム等の安いサイト紹介を見ると、EOS RにしろZ7にしろ、安売り店にも在庫が有るのと、値落ち率が早くも10%超え(α7Mk3は6か月で10%程度かな?)なので11月や12月の販売数見てみないと。。。。
しかもZ7はZ6の販売が有るので買い控えも有るでしょうが、EOS Rは次機種は発表すらないので買い控えも少ないの筈なので。。。

販売台数が伸びるためには価格設定ももちろん大切な事だと思うので、Z7の価格では他社製品と比べて購入を考える新規購入層には明らかに魅力不足と感じます。
上位3位は価格と機能のバランスが良いことや、過去のレンズ資産を活かせる(EOS Rのユーザーフレンドリーな複数の純正マウントアダプターやソニーはマウントアダプターで他社製レンズを使用できることも踏まえて)等、品質だけではなくユーザーに寄り添ったマーケティングが出来ることが売り上げに繋がってるのではと思います。
職人が作る逸品が、品質だけでは売れなくなっている時代なんだな、と考えさせられます。

皆さんミラーレスに興味があるということが、よくわかる結果となりましたね。
こうなると是が非でもフラッグシップ機を出して欲しい二大メーカーですが、どちらが先に出してくるのか楽しみです!

多くのキャノンユーザーがRが出てくるのを待っていたんでしょうね。カメラの買い替えを急ぐユーザーもそう多くはないでしょうし、一般の人にとってみれば、5年くらいに一回で十分。そういうユーザーさんたちが飛びついたのもあるとおもいます。そこら辺のマーケティング力がほんとうにすごいと思います。今後の売り上げの変遷と、Z6が出たときにどうなるかで、この先のシェア争いが見えてきそうですね。Rは最初から、ハイエンドでないことはわかっているので、プロ機が出たときにもどうなるか、とても楽しみですね。。

売れてるんですねぇ
キヤノンユーザーですがレンズには魅力を感じますがちょっとお値段が高すぎる
ボディはボディ内手ぶれ補正が導入されたら乗り換え考えようかなと思ってます
結構自分の周りのキヤノンユーザーみんなこんな感じなのでそこまで売れてるとは思いませんでした

適切な価格設定に機会損失を生まない供給体制を揃えればこうなるという見本ですかね

ニコンしか買わない人や、キヤノンしか買わない人は、一定数いると思いますが、ニコンユーザーは待って、キレイユーザーは買った、という感じなのでしょうか。
個人的には欲しいとは思いませんが、ブランドの力や、ソツなく作る技術力を感じました。

カタログスペックだけだと眼を見張るものはそこまでありませんが、実際手にしてみると様々な工夫がされているのがわかります。質感やルックスも良いです。
24-105も大分良くなっていますから期待を持ってしまいますね。

何にせよ何処かのメーカーがシェアを独占という状況があまり好きではないのでソニーに追いついて欲しいですね。

最もユーザー数の多いであろうCanonですから、レンズは手持ちを使いアダプターで
ボデー買い増しの人や、Canonのミラーレスを待っていた人も
相当数いらっしゃったので、比較的買い易い価格とともに
売れる要素は多いので想定できる結果では無いでしょうか、
私も待っていた一人ですが、待ちきれずソニーに浮気したのと
ボディー内手ぶれ補正が無い点で見送りましたが、5DMⅣの出動が
激減しているのでRに買い替えも視野に。

キャノンの作戦勝ちなのでは?

ニコンは高級機を先に出したけれど、キャノンは普及機(?)を先に出しました。どちらが売れるかと言えば、当然ほどほどのお値段の機種でしょう。

これでキャノンは強い!断然売れている!と思わせる。そして、その後で高級機を出せば、高級機もよく売れる。

ニコンは性能にこだわり、キャノンは商売にこだわる。両社の特徴がよく出ていると思います。

どこをターゲットに最初にするか時代に合った選択をしたキャノンとそうでなかったニコンの違いですね。この一手一手の積み重ねが今のニコンとキャノンのシェアの立ち位置だと思います。

1発目だからコスト採算度外視で高級機を作るのと
1発目でもコスト採算を考慮して普及機を作るのは、
どちらが難しいのでしょうね。
結果を見る限り、キヤノンの戦略が当たっていたという事だと思います。

ニコンはZ7とZ6投入の順番を間違えたかなと思います。Z7買える人もZ6の発売を待って買い控える人もでますよね。逆にZ6しか買えない人は後からZ7でても関係ないですからね。

むしろZ7買える小金持ちは、仮にZ6が先なら先に出たZ6にも手を出しそうです。後からZ7が出たら買い換えるでしょう。

上位機種は後からと言う方が自然ですよね。仮にZ6の開発が遅れてたにせよ、人をかけてZ6を先に出すべきであったと思います。

キヤノンは凄いね。ソニーのα7と比べスペック上はあまり芳しくなかったけど操作性の良さやメニューの階層の分かりやすさは流石といったところ。触ってみないと分からない良さが確実にある。
レンズやアダプターについたあのリングも操作性改善のために採用してきた。
キヤノンの今後の展開も安心して見ていられるのも一眼から積み重ねてきた信頼の賜物かと思われます。

キヤノンはすごいなー。
EOS R に関しては、私はデザインがイマイチ好きになれないので、もう2〜3年は6D使い続けようと思ってますけど。
先日、実物を触ったのですが、大きさ、重さともに理想的だなという感想です。

既存ユーザーの多さ、そして1機種目は冒険せず性能と価格のバランスが取れ手を出しやすい製品を手堅くチョイス。
やっぱキヤノンってすごいですね。売り方を知ってる。

まずはスタートダッシュが成功というところでしょうか。
それなりに予約数があったということなのかなと想定しています。
次回以降のランキングの動きがどうなるのか?
気になるところです。

今回のEOS Rは、実機で比較しましたが、AF、画質、バッテリー、操作性など基本機能でα73に追い付いていない印象です。そしてここ数年の開発スピードもソニーが上なのでしばらく追い付ける気がしません。
回りを見ても様子見という人が多いのですが、販売数で1位を取れたのは往年のキヤノンファンが売り出し始めに買ってくれたからでは、と分析します。

やはり、マーケティング戦略の勝利でしょうね。
マップの主要顧客であるプロやマニア層向けには同時発売の50mmF1.2で興味を引き、家電量販店の主要顧客である一般層にはやや手ごろ価格なボディと(未発売ながら)35mmF1.8mmマクロで購買欲を湧かせたのでしょう。

ニコンZは、レンズ価格がやや高額なのと、普及機Z6が後発となったのがちょっと痛手ではないかと思います。

ソニーもマーケティング戦略に定評があり、言ってしまえば性能競争だけではなくマーケティング戦略も、今後フルサイズミラーレスでは重要課題となると思います。

EOSRのユーザーです。EOS5DⅣのサブのつもりで購入しましたが現実にはEOS5DⅣはほとんど使用しなくなりました。Rはかなり自由にカスタマイズができるので非常に使い勝手がよくなりました。自分が撮る動き物は野鳥ですがこれはまだレフ機の方が優れています。
スペックでみると確かに見劣りするのですがより高度な撮影をする人以外に選ばれているのではないでしょうか

これはマーケティングのうまいキヤノンの勝利なのでわ?
確かに性能に関してはソニーに劣りますが、性能が全てでは
ないと思います。使いやすさ、魅力的なレンズ等…ニコンは
わからないですが値段が高いのがネックになってます…
これからの各社の動向が気になります。

これは台数ベースとのことなのでCanonユーザーの数や予約分を考えれば、今月のこのランキングでCanonが圧勝するのは当然かもしれません。問題はZ6が出てきたときや、2・3月後の台数がどうなっているかでしょうね。
それまではちょっと全体の様子がどうなのかわからないなあ。

ここに書き込まれるような方は情報にも敏感ですしスペックシートやベンチマークで一喜一憂したりするので、スペックの高いカメラが一番良くて一番売れると思いがちですが物というのはそうじゃないんですよね。
カメラに限らず、商品を売るにはマーケティングとブランド力が伴わないといけない。
マーケティングには要求されるスペックや価格が含まれる。
ブランド力は消費者の安心感になる。
そこに長年培ってきた販売力を加味して販売台数が決まるのでしょう。
マーケティングを誤ったりブランド力を失墜させないものづくりがいかに大切かは日本の家電を見れば明らかです。

キヤノンはAF一眼レフEOSやデジタル一眼レフのEOSデジタルのようにミドルハイの価格帯に商品を導入し、ニコンはD1の時のようにミドルハイより高価格帯に商品を入れてるような感じがしてますね。

Z7Z6は丸窓ではなかったので 見送ってD6に備えようと思っていましたが
先日上がったZニッコール3518のGレンズとの比較写真やZ6のカタログ向けの写真を見て割とショックを受けたので
とりあえずZ6なら買おうかなぐらいには考えが変わりました

今ちょうど ドラマの下町ロケットがまた盛り上がってますが
あのZニッコールなら 見る人がみたら他社ユーザーでも心を揺さぶる可能性を秘めていると思いますし そうあって欲しいです。

α7ユーザーですが、キヤノンのブランド力はさすがとしかいいようがありません。
個人的にはフルサイズミラーレス市場が活気づいたのも大変嬉しいです。来年以降、更なる激戦を楽しみながら見守りたいと思ってます。

2018年9月 新品・中古デジタルカメラ人気ランキング
https://news.mapcamera.com/maptimes.php?itemid=31746
だとZ7がX-T3と10数台差で2位になっていますけど、
NIKONは9月28日ですから3日間に対して、FUJIは9月20日の11日間
というのも影響しているかもしれないですね。
ちなみにEOS Rは10月25日ですから7日間ということになり、CANON
の方がNIKONより約16万円安いという事も考慮すると、売れた台数
だけで、どちらが人気なのかを判断するのは早すぎると思います。

発売翌月は- 5位 Nikon Z7、- 6位 FUJIFILM X-T3のなっています
から、NIKONも頑張っている方でしょうか。

11月の販売数で、フルサイズミラーレスの動向が分かりやすくなる
と思いますが、興味深いですね。

現時点ではRFレンズの方がZレンズより売れているようですし、
一眼レフ用のレンズをミラーレス用マウントに変換するアダプター
もRF用の方が売れているようですので、先に安い価格帯を出して
きたCANONの方が出だしは良さそうですね。

CanonEOSRのシェアの高さはキャッシュバックキャンペーンの影響もあるでしょうね。

キャッシュバックキャンペーンをするとランクが上がりますね。

恐らくNikonZマウントのメインになるZ6が発売されているキャッシュバックキャンペーン終了日以降は両社ともフルミラーレスでのシェアは同じ位でしょうね。

もしかしたら、この2社では若干Nikon有利かもしれません。

セット販売の有無等も考慮すると、現時点でもNikonが負けているとは言えなさそうです。

そして、α7が値下がりしてきました。キャッシュバック入れるとα 7 RⅢが25万ですよ!α 7 RⅡが現役の時はずっと40万オーバ―だった事を考えるとキャノンニコンに感謝です。一社独占ではやはり消費者としてはきつい。キャノンニコンもっと頑張れ~。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年11月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

このブログ記事について

このページは、2018年11月15日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ニコンの目標はフルサイズ市場で1位になること」です。

次のブログ記事は「2019年上半期の登場が予想されるキヤノンの新製品」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る