EOS R用の大三元の広角ズームは広角端が16mmよりも短くなる?

Canon Rumors に、キヤノンのRFマウント用の広角ズームに関する噂が掲載されています。

The upcoming RF mount wide angle f/2.8L zoom will be wider than 16mm [CR2]

  • キヤノンは、既に、RFマウント用の3本のF2.8Lズームが2019年に登場すると述べている。

    「RF16-35mm F2.8L」「RF24-70mm F2.8L IS」「RF70-200mm F2.8L IS」のようなホーリートリニティ(大三元ズーム)の登場が予想されるが、広角ズームは16mmよりも更にワイドになると聞いており、RF12-35mm F2.8LとRF14-35mm F2.8Lの両方のテスト用レンズが開発されている。

    RF14-21mm F1.4Lの特許が出願されているが、このようなレンズの2019年中の登場は期待できない。この特許には、RF16-35mm F2.8LとRF12-20mm F2Lの実施例も含まれている。我々は、(広角ズームの候補の中で)12-35mm F2.8Lが勝ち残るのではないかと考えている。

 

広角ズームは、ミラーレスカメラの短フランジバックが特に威力を発揮するカテゴリなので、この特徴を活かして、キヤノンがニコンのZ14-30mm f/4 S のように広角ズームの広角端を16mmより短くしてきても不思議はありませんね。

ニコンの広角ズームは14mmスタートでもフィルターが使える仕様なので、キヤノンもできればフィルターが使える仕様にして欲しいところです。

 

2018年11月21日 | コメント(9)

コメント(9)

>RF12-35mm F2.8LとRF14-35mm F2.8Lの両方のテスト用レンズが開発されている。

これが本当に実現したら、フルサイズミラーレスはRマウント一択です。
価格が恐ろしいことになりそうなのがネックですが…。

超広角レンズや明るい広角レンズは、大口径ショートフランジバックの恩恵が大きいですからね、こうしたレンズが高性能なのはもちろん、できるだけ小型軽量そして安価に登場して欲しいです。

ニコンのZマウント24-70/2.8のモックを見ましたが、
現行Fマウント品よりも全長はかなり小さく、ちょっと太目に
できています。ショトフランジバック、大口径マウントの恩恵は
大きいようで、特に周辺画質の向上が期待できますね。

ニコンはロードマップで14-24/2.8を公表しているので、
さらなる広角化よりも画質向上を狙うのだと思いますが、
この分野でニコンの後塵を拝しているキヤノンが逆襲に
でるということになりそうですね。

もし12-30/2.8なんてなレンズが出たら、星景にはうってつけ。
12-20/2のほうがさらに魅力的です。一絞りでも明るい方が嬉しいし。
画質次第ではありますが、Rボディ一つとこのレンズだけを
導入っていうのもありだなぁと思うニコン使いです(~^;

こりゃもう少し様子見です。どっち道マウントが変わるなら
これも選択肢の一つに十分なり得る魅力的な話です。

20万を超えるプロ向けのF2.8の広角ズームレンズが売れるかどうかは
サイズより広角端や望遠(標準)端の画質にかかっていると思います
サイズを優先するならF4でいいですから
隙のない高画質で仕上げてきてほしいです

ソニーのEマウント及びキャノンのEFマウントは、従来の一眼レフの枠内のレンズが、一通り揃っていること(ソニーの超望遠除く)から、RFマウントでなければ使えないレンズを開発、拡充するのはソニーEマウントとの差別化、キャノンEFマウントからの移行を促す等の理由で、理にかなっているように思います。

11-24mm でレフ機用の高性能超広角ズームレンズの先頭を走るキヤノンの
R用の超広角ズームに期待しています。ショートバックフォーカスを生かして
なるべく小型軽量をお願いしたい。出目金レンズになる場合は、後部に
レンズアダプター用のPLとNDフィルターが差し込めるといいな。

これでも11-24mm F4よりやや小型軽量で、初値も下回るのではないでしょうか。

あまり大きく重くなりすぎないことを祈ります。
(レンズ単体でもマウント全体でも)

RFの広角レンズ群の発表には期待が高まります。
基本のレンズセットをどう新しく編成するか、楽しみですね!


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2019年
1月 2月 3月 
2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2019年3月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

このブログ記事について

このページは、2018年11月21日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「パナソニックがLマウントのシネマカメラを準備中?」です。

次のブログ記事は「オリンパスが代理店にE-M1Xの価格が3000ドルになると通知?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る