キヤノンのEOS R用の90mm F2.8マクロの特許

DPReviewで、キヤノンのフルサイズミラーレス用のIS付きの中望遠マクロレンズの特許が紹介されています。

Canon patent details schematics for a possible RF 90mm F2.8L IS Macro lens

  • 最近、公開されたキヤノンの特許(特開2018205435)で、RF90mm F2.8L ISのためのものと思われる光学系について詳述されている。

    このレンズの特許で興味深いのは、通常、レンズ群の中央付近に置かれることが多い手ブレ補正用のレンズが前群に置かれていることだ(図のL12)。また、フォーカシングレンズが、レンズの後ろ側にあることも注目に値する。

canon_uspto2018205435_001.jpg

canon_uspto2018205435_002.jpg

キヤノンはEOS R用の中望遠のマクロレンズを開発しているようですね。このレンズでは、手ブレ補正ユニットやフォーカシングレンズの位置など、EFレンズとはいくつか異なる点があるようで、EFレンズのマクロからどのように進化するのか興味深いところですね。

2018年12月28日 | コメント(3)

コメント(3)

前玉が小さく後玉が大きいですね。これはこの前のキヤノンのインタビューで言ってたことが反映されていると思います。手ぶれ補正レンズが前にあるのは珍しい構成ですね。設計の自由度を反映したものだと思います。

明るさ以外で大口径を活かしたレンズですね。
前玉が重くならないのは重心的にも良さそうです。
ニコンにも期待しています。

EF100Lは今でも第一線級の性能であり、アダプタ経由でEOS Rでも問題なく動きますので、RFを出すにあたってはそれをどう超えてくるかですね。EFに比べると少しだけ小さくなりそうですが、それだけでは乗り換える動機には弱いので。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2019年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2019年9月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

このブログ記事について

このページは、2018年12月28日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「オリンパスの新しい超望遠ズームには1.25倍のテレコンが内蔵される?」です。

次のブログ記事は「ニコンZ35mm f/1.8S・35mm f/1.8G・35mm f/1.4G・シグマ35mm F1.4 Artの比較レビュー」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る