オリンパスが新型OM-Dのティーザー動画の第2弾を公開

オリンパスが、YouTubeで新型OM-Dのティーザー動画の第2弾を公開しています。

OM-D_24 January 2019_Vol.2 (YouTube)

今回の新型OM-Dのティーザー動画は、望遠レンズを使ったモータースポーツの撮影というシチュエーションなので、このカメラ(E-M1X?)は、やはり噂通り動きモノの撮影に主眼を置いた機種になりそうです。装着されているレンズは、現行の40-150mm F2.8と300mm F4でしょうか。

ティーザー動画の第1弾から1週間で第2弾が公開されたので、今から1週間後の17日に第3弾が公開されて、24日に正式発表というスケジュールなのかもしれませんね。

2019年1月10日 | コメント(6)

コメント(6)

ミニD5って感じなのかしら。
マイクロのプロ用連写機って需要あるんでしょうか。

手持ち推し動画と理解してますが、
150-400F4なんて容易に手持ちできそうにないスペックのレンズを出すのでしょうか。

大型レンズをつけても持ちやすいグリップなら予約してでもほしいと思っています。
もう写真がリークしているのに、いまさらティーザー広告する意味があるんでしょうかね。年末年始商戦で他社に取られないように、早い段階で公表すら方がマーケティング的には正解なのですけど…。こういうところが苦手なのが、オリンパスとニコンですね。

流出している写真はプロトタイプで、縦グリップの形状がちがいますねえ。

AFの向上と縦グリ一体型の登場を切に願う身としては、願ってもない機種なのですが、より汎用性の高い他のOMDや小型のPenの方が需要はあるのでしょうね。
一ユーザー的には、画質をある程度向上させつつ、本当にティーザー広告のイメージに相応しいAF性能とプロ機にふさわしい使い勝手を実現してくれるのかどうか、期待と不安で正式発表を待っています。

2月2日から始まるOM-D Special Forum 2019のテーマが機動力とのことなので、新型は機動力重視なんじゃないでしょうか?
ティーザー動画で手持ちされているのを見ると、縦グリ一体型といいつつも意外とコンパクトで、たしかに機動力は高そうに思えますね。
150-400/F4も、三脚なんて不要の手持ちで十分なレンズなのかも。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2019年
1月 
2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2019年1月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

このブログ記事について

このページは、2019年1月10日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「富士フイルムが海外の認証機関に新型カメラを登録」です。

次のブログ記事は「EOS Rシリーズの次の機種はエントリーモデルになる」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る