キヤノンのミラーレス用の「70-200mm F4」と一眼レフ用の「58mm F1.4」の特許

Canon News に、キヤノンのフルサイズミラーレス用の70-200mm F4とフルサイズ一眼レフ用の58mm F1.4の特許が紹介されています。

Canon Patent Application: Canon RF 70-200 F4.0

  • EFレンズのF4シリーズのレンズは、大いに成功しており、RFマウントのF4ズームの特許を目にしても意外ではない。

    この特許(USPTO20190113708)のレンズには、独立した2つのフォーカシングユニットと、デュアルAFモーターが採用されているように見える。

    RF70-200mm F2.8と異なり、このレンズはインナーズームで、ズームの焦点距離にかかわらず全長は変わらない。バックフォーカスから、この70-200mm F4はRFレンズだ。

    焦点距離:72.20-194.20
    F値:4.00-4.00
    半画角:16.68-6.36
    像高:21.64-21.64
    全長:215.54-215.54(※全長は前玉からセンサーまでの長さです)
    バックフォーカス:25.98-25.98

  • この特許にはEF58mm F1.4も含まれており、このレンズにもデュアルAFモーターフォーカスシステムが搭載されている可能性がある。

    焦点距離:57.79
    F値:1.44
    半画角:20.52
    像高:21.64
    全長:163.89(※全長は前玉からセンサーまでの長さです)
    バックフォーカス:39.99

 

この特許の70-200mm F4は、開発発表されているRF70-200mm F2.8Lとは異なり、インナーズームが採用されているようですね。全長はフランジバックの分の20mmを引いても、かなり大きいので、RF70-200mm F2.8Lのような小型化を重視したレンズではなさそうです。

一眼レフ用の58mm F1.4は、フランジバックの分の44mmを引くとOtus 1.4/55とほぼ同じ大きさで、かなり大きなレンズですね。EFの高性能な標準レンズが検討されているのでしょうか。

2019年4月20日 | コメント(7)

コメント(7)

EF58mm F1.4 は 非Lなのでしょうかね?
興味ありますが、50ミリじゃないんですね。

RF70-200F2.8がコンパクトなので、F4はさらなる小型化を期待していたのですが。
この特許とは別にコンパクトF4が発売されることを期待したい。

やはりインナーズームだとテレ端の長さに固定されてしまうので小型化には
不利になってしまいますね。
まあ堅牢性や防塵防滴には有利でしょうからこのへんはトレードオフなんでしょうね。

70-200mmf4は大歓迎です。デュアルモーターなのでAFが速そうですね。58mmは大きいということなので、性能を限界まで高めてきそうです。いずれにせよキヤノンは多くのレンズの特許を出しているのでRFマウントに力を入れていることがわかりますね。

この70-200F4の設計だとEF版よりも単体の全長が長くなるのですね。それと引き換えにどれくらいの画質やAFの向上があるのでしょうか。

70-200F4は最新型でも点光源にめっぽう弱く、作画の妨げになると感じています。
光学特性の改善に期待しています。

F4通しこそコンパクトさを求める人が好むレンズだと思ってるので
小型化よりも優先した何かがあるのでしょうけど、コストだったりするのでしょうか。
もしかして、RF70-200F2.8は衝撃的な小型化を追求したあまり高価になってしまうのでしょうか?


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2019年
1月 2月 3月 4月 5月 
2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2019年5月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

このブログ記事について

このページは、2019年4月20日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「キヤノンの新しいAPS-Cセンサーは32.5MPに高画素化される?」です。

次のブログ記事は「ソニー「FE24-105mm F4 G OSS」は美しい描写のレンズ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る