富士フイルムGFX100の実写サンプル

DPReview に、富士フイルムの100MPの中判カメラ「GFX100」のプリプロダクションモデルによる53枚のサンプル画像が掲載されています。

Fujifilm GFX 100 pre-production sample gallery

  • GFX100のプリプロダクションモデルを使って、イタリアのフィレンツェで撮影する機会を得た。レビュー用のGFX100を入手し次第、更に実写画像とテスト画像を追加するつもりだ。しかし、差し当たっては、JPEGのサンプルギャラリーでGFX100の実力を見て取れるはずだ。

fuji_gfx100_sample_20190524_001.jpg

GFX100の100MPの画像は、さすがにすごい情報量ですね。富士フイルムのカメラらしく、発色もとても綺麗です。高感度はISO3200まで作例がありますが、問題はなさそうですね。

GFレンズはピクセル等倍で見ても十分に解像していて、余裕で100MPに対応しているという印象です。

2019年5月24日 | コメント(12)

コメント(12)

さすがのダイナミックレンジ、さすがの解像感、ため息しか出ません。今年出るカメラで一番でしょうねえ。はあ、、買うかなあ、、。

100MPで画像の全域で高い解像度!
これを手にできる方がうらやましいです。
ただ、JPEGで50MBにもびっくり。

フジはやはり発色がいいですね。
しかし、これからの中判は、データ量も半端ではないですね。
フルサイズの6000万画素クラスの画質を心配していましたが、この中判センサーの描写を見てみると大丈夫な気がしてきました。ピッチ同じぐらいになりますしね。

私にはこの画像では、云々解りにくいな〜。
50sで、JPG25MB、RAWで50MB、容量は順当だと思う。

困りましたねー
今財布のひもを思いっきり緩めてみましたが、
どうにもなりません。
いつの日かこれにパンケーキつけて、EVF外して
超贅沢街角スナップとか出来たら
思い残す事なく人生終えれそうです。

確かにすごいし、等倍でも良く解像してるなぁと思いますが、正直これを買うかと考えると自分的には魅力が良く分かりません。

ヴェッキオ橋の細部も良く分かり素晴らしいです。ただしレンズとボディの重さが軽くならないと旅行用としては使えないです。

価格は問題ないので、次機種か次々機種では軽量と画質を追求してほしい。

何気ない髪や肌で、とてつもない階調描写ですね。
ただただ恐れ入りました。
モノクロはかなり柔らかく見えますね。

当たり前ですが、この模写を見せられるとセンサーサイズと解像感は比例しているんだなと再認識です。
一見解像感があるように見える処理では、この緻密さは表現できない。

中判は645zを使用中ですが、
このカメラは試写してみたいですね。

現在GFX50Rのオーナーである僕にとってGFX100の発売はGFシステムの構築するにはもってこいのフラッグシップだと思います。
これで安心してフジの中判デジタルで心中出来そうです!(苦笑)

雨さんのコメントに深く共感します!!
先日タッチ&トライしてきましたが、困った事にこのカメラ、
バリバリのプロ仕様といった敷居の高さが無く、
最高の技術と性能を「便利で使いやすい形」に封じ込めた・・・といった感じで、
買えもしない物にも関わらず、なんか単純に「欲しい」と思えたアイテムでした。
(実物デザインも端正で秀逸)
しかしながら、これほどのデータ量、私には全く必要ないので、
願わくば、この機能(機構)・デザインでダウンサイジング版のXマウントボディが
出来てくれれば、私はそれでも充分思い残す事は無いでしょう。
(なんかイケそうな気もするけど・・・)


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2019年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2019年9月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

このブログ記事について

このページは、2019年5月24日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「パナソニックがLUMIXシリーズのシネマカメラの発表を予告」です。

次のブログ記事は「パナソニックの新しいシネマカメラはS1/S1Rより若干ボディが大型化される?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る