BCNランキングによる2019年7月の交換レンズの販売トップテン

BCN+R に、「BCNランキング」の集計データによる2019年7月の交換レンズ販売台数のベスト10が掲載されています。

交換レンズ、7月にもっとも売れた製品TOP10は?

  • 「BCNランキング」2019年7月の月次集計データによると、交換レンズの実売台数ランキングは以下の通りとなった。

    - 1位 EF50mm F1.8 STM EF5018STM(キヤノン)
    - 2位 AF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8G(ニコン)
    - 3位 AF-P DX NIKKOR 10-20mm f/4.5-5.6G VR(ニコン)
    - 4位 EF-S24mm F2.8 STM EF-S2428STM(キヤノン)
    - 5位 EF-S10-18mm F4.5-5.6 IS STM EF-S10-18ISSTM(キヤノン)
    - 6位 28-75mm F/2.8 Di III RXD Model A036(タムロン)
    - 7位 E 35mm F1.8 OSS SEL35F18(ソニー)
    - 8位 AF-S DX VR Zoom-Nikkor ED 55-200mm F4-5.6G(IF)(ニコン)
    - 9位 AF-S DX Micro NIKKOR 40mm f/2.8G(ニコン)
    - 10位 EF70-300mm F4-5.6 IS II USM EF70-300IS2U(キヤノン)

 

BCNランキングでは低価格な交換レンズ(いわゆる撒き餌レンズ)が中心で、ハイエンドレンズがずらりと並ぶヨドバシカメラの交換レンズランキングとは対照的ですね。

F1.8~F2.8クラスの安価な単焦点レンズや、APS-C用の広角ズームなどが人気のようですが、その中でフルサイズ用の大口径標準ズーム「タムロン28-75mm F/2.8 RXD」が6位にランクインしているのはすごいですね。

2019年8月18日 | コメント(11)

コメント(11)

何か平和というか、ホッとします。
ヨドバシのは圧巻のラインナップでしたね。

台数ランキングは庶民のレンズが並んでいて安心しますw
SIGMAの社長曰く50mm f1.8の前モデルは月産7万本だっんですよね?
STMになって若干高くなったけどまだ売れているんですね。
Tamronの28-75mmもコスパ高く売れているみたいですね。

金額ベースと台数ベースの違いでは?
売れ筋ランキングとしてみるなら断然台数ベースだと思います。

金額ベースだと、安価な機種が100個売れても、高額機種一つ二つであっという間に越しちゃいますからね。

マップは台数ベースでヨドバシと同じような結果なんだから、
単に客層の違いでしょう。

EF-Sレンズは多く売れてるのに、EF-Mレンズが入ってないのが意外です。
4位のEF-S24mmF2.8STMと近い価格・スペックのEF-M22mmF2STMもありますし
KissMの売り上げ台数から考えると、1本ぐらいMのレンズがあっても良い気がするのですが
エントリー層でも一眼レフユーザーの方が交換レンズを買いやすいのでしょうか。

タムロンのIR資料によると,発売から一年経つA036に加え,最近発売された17-28mm F/2.8 RXD(A046)も好評で,バックオーダーを抱えるほどとのこと.ユーザーが求めている製品企画を出せていて素晴らしいですね.

タムロンだけがボディと一緒に買う安価なサードパーティ製標準ズームで、他はレンズキットの次の一本って感じですね。
ヨドバシやマップと傾向が違うようですが、みんなどこで買ってるんでしょうか?

ニコンの撒き餌レンズAF-S 50mm f/1.8Gが入ってないのが意外です。
キヤノンの50mmは1位に入ってるのに…?

最近(相場が)値上がりしたせいでしょうかね?
私が買った時は18kにポイント13%でした。

逆に2,3位は納得です。

DX望遠レンズの中でも大分旧型の部類に入る55-200前モデルが売れてるのが意外です
在庫が余ってるんだろうか…

ランキングはいつもさらっと見る程度ですが、さすがに目が留まりました。

> 8位 AF-S DX VR Zoom-Nikkor ED 55-200mm F4-5.6G(IF) 

書式も懐かしい VR Zoom-Nikkor 。 VRロゴが赤文字の。
DX 55-200mm は後継モデルの VR II (2015年発売) ですらディスコンになってますが ・・・ もはや怪現象?

それぞれ親しみやすく入手しやすいレンズ達ですね。
なので、私は1位と6位と9位を持っています。皆良いレンズだと思います。
特に、1位のキヤノン50mmF1.8は全体の画質が良好で、5DsRに装着して周辺まで解像させるためするに50mmF1.2とF1.4とも比較しましたが、全面の平均的な解像はF1.8が一番でした。
価格を見て先入観を持ってはいけないレンズ達だと思います。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2019年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2019年9月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

このブログ記事について

このページは、2019年8月18日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「キヤノン「RF85mm F1.2L USM」は最高水準の画質で使い勝手も抜群のレンズ」です。

次のブログ記事は「キヤノン「RF24-240mm F4-6.3 IS USM」の実写サンプル画像」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る