キヤノン「RF85mm F1.2L USM」は最高水準の画質で使い勝手も抜群のレンズ

ePHOTOzineに、EOS R用の新しい大口径中望遠単焦点レンズ「RF85mm F1.2L USM」のレビューが掲載されています。

Canon RF 85mm F/1.2L USM Lens Review

  • EOS Rに取り付けると大きく見えるかもしれないが、重さは1195グラムでそれほど重くはない。鏡筒の造りは非常に高品質だ。
  • フォーカスリングは、モーターによる駆動で非常に滑らかに回る。AFは非常に速く、F1.2で被写界深度が浅いにもかかわらず極めて正確で、ピントがピタリと決まるのは心地よい。このレンズは使っていてとても楽しめる。
  • 解像力は、中央は開放のF1.2でさえ素晴らしい値(excellent)で、F2からF4では際立った値(outstanding)になり、F5.6からF11でも素晴らしい値(excellent)を維持している。隅は、F1.2からF11に至るまで素晴らしい値(excellent)だ。このレンズは、間違いなく極めてシャープなレンズだ。

canon_rf85f1.2L_mtf_001.jpg

  • 倍率色収差は極めて少なく、実質的にゼロだ。色収差がとても目立ちやすい被写体でさえ、色ズレの兆候は見られない。
  • 歪曲は+0.10%のわずかな糸巻き型で良く補正されており、まっすぐな被写体はまっすぐなまま写る。
  • ボケは滑らかで、絞っても滑らかさが維持されている。
  • フレア耐性は極めて良好で、コントラスト低下の兆候は見られない。
  • 周辺光量落ちは開放で-1.6EVで、このような大口径レンズとしてはとても優れている。F2では周辺光量落ちは-1EVに改善し、それより絞ると-0.8EV前後になる。後処理による周辺光量落ちの補正は、必要なさそうだ。
  • RF85mm F1.2L USMは最高水準の画質で、使い勝手抜群の非常に魅力的なレンズだ。高価なレンズだが、このレンズを購入する余裕があってニーズに合っていれば、間違いなく期待に応えてくれるだろう。
  • 良い点:際立った解像力、実質的に歪曲が無い、非常に色収差が少ない、美しいボケ、造りの品質が最高、フレア耐性が非常に高い、高速で非常に正確なAF、防塵防滴。
  • 悪い点:手ブレ補正が無い、価格が高い、ボディより大きく平らな所に置いたときに安定しない。

 

RF85mm F1.2Lは、F1.2の大口径にもかかわらず開放から画面の隅まで極めて高い解像力で、色収差もほぼゼロと、見事な光学性能ですね。この色収差の少なさはBRレンズの恩恵でしょうか。ボケも、とても滑らかで美しいですね。

とても高価なので気軽に購入できるレンズではありませんが、この性能なら中望遠好きのキヤノンユーザー垂涎のレンズになりそうです。

2019年8月18日 | コメント(6)

コメント(6)

EFレンズと性能違いすぎです。EF85mmF1.4L買おうと思ってたけど、これだけ性能違うとRFに移行したくなる。貯金するかな。

Zのレンズもそうだけど、レフのレンズと別次元のクリアな描写ですね。でも無味乾燥すぎて収差(味)が欲しい人だと、逆にものたりないかも。。。

凄いけど値段が高すぎてちょっと素人には…
RFは高級レンズばかりで手が出ないですね
F1.8で10万以下の最新設計の50mmと85mmが欲しいです

一番使う焦点距離なので余り使わないレンズ9本ばかりかき集め、マップ○メラというクラウド防湿庫さんに預けて、RF85mmを出してもらうことにしました。

品川のキヤノンで写りに感動し、重さも極端に感じなかったので来るのが本当に楽しみです。

欲しいけど、高い。それにもうひとつの85mmも気になるところ、今から、お金貯めて、どちらを買うか検討します。しかし、Canonは、高価なレンズの発売ペースが凄いですね。もしかすると、近いうちに、凄い本体を出すつもりなのか?とにかくオリンピック迄に、今後どのような情報が入ってくるか楽しみです。

結局、20万出せるひとは30万だせますもんね。。。安くて数が出るラインと趣味でいくらでもとはいわないまでも、かなりの金額を出せるラインで最高性能のものを用意するんでしょうね。新しいRがどうなるのか楽しみですね。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2019年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2019年9月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

このブログ記事について

このページは、2019年8月18日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ニコンのAPS-Cミラーレスの登場は2019年の終わり?」です。

次のブログ記事は「BCNランキングによる2019年7月の交換レンズの販売トップテン」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る