ニコンが「D6」と「AF-S NIKKOR 120-300mm f/2.8E FL ED SR VR」の開発を発表

ニコンが、一眼レフのフラグシップモデル「D6」とFマウントの大口径望遠ズーム「AF-S NIKKOR 120-300mm f/2.8E FL ED SR VR」の開発を発表しました。

「ニコンD6」および「AF-S NIKKOR 120-300mm f/2.8E FL ED SR VR」を開発

  • 株式会社ニコンは、プロフェッショナルモデルとなる、デジタル一眼レフカメラ「ニコン D6」および、ニコンFXフォーマット対応の望遠ズームレンズ「AF-S NIKKOR 120-300mm f/2.8E FL ED SR VR」の開発を進めている。
  • フラッグシップモデルであるD一桁シリーズは、厳しい状況下においても最高のパフォーマンスを求めるプロフェッショナルフォトグラファーのニーズに応えるべく、ニコンが長年のカメラの開発で培ったトップレベルの技術・ノウハウを結集し進化し続けてきました。「D6」は、その最新機種として開発を行っている。
  • 今回新たに開発している「AF-S NIKKOR 120-300mm f/2.8E FL ED SR VR」は、プロフェッショナルフォトグラファーのスポーツ撮影などをより一層強力にサポートする。

nikon_d6_120-300f28e_vr_of_001.jpg

 

噂通り、ニコンがD6の開発を発表しました。D6の詳細は発表されていませんが、画像では、D6はペンタ部の形状がD5から少し変わっているように見えます。

また、望遠ズームの120-300mm f/2.8Eは、これまでシグマにしかなかったスペックの大口径ズームで、スポーツなどの撮影でとても便利に使えそうです。このレンズは、D6と併せて東京オリンピックの撮影で活躍しそうですね。

2019年9月 4日 | コメント(40)

コメント(40)

ついにD6が開発発表されましたね。
ペンタ部はD850のようなデザイン。
恐らくGPSレシーバーが内蔵されたことで、分割線が入っているのが残念です。
120-300/2.8はサプライズでしたが、SRの記載が気になります。

120-300/2.8E、一段と名前が長いですが、SRってなんでしょうね。それ以外は、ニコン使いなら知ってる名称ですが…。

もうFマウントのレンズは買うことないだろうなぁと思ってましたが、120-300mm f/2.8Eですか!
後継機が無くなるって噂のD500を買い足して発売を待とうかな。

120-300/2.8ってネイチャーフォトとかで使うのかな?
サプライズは600/f5.6PFがよかったなー

SR はスーパーレゾリューションではないでしょうか。

ニコンも一眼レフへの意地を見せたと思います。カメラのデザイン、レンズもいいですね。長年のFマウント支持者の方も安心と思います。Fマウントレンズを大切に考え、Zマウントを含めた今後の商品展開を考えてもらいたいです。

安くは無いだろうけど
Fマウントでいいレンズが出ますね。
これ1本あれば、一般アマチュアの望遠用は
無問題レベルですね。
安くは無いんでしょうけど・・・^^;

120-300レンズは、シグマ製との性能・機能等を差別化が
消費者にもわかりやすくPRできれば、買い替え需要が起きそうです。期待大!!

レンズに、音のオン・オフスイッチが付いているのが、興味深い。

レンズの音符マークON/OFFスイッチは何でしょうか?気になります。

120-300mm f/2.8E は意外でした。
Fマウンの新規レンズはおしまいだで 200mm f/2のリニューアルでオリンピックはいくんだと思っていました。
近くで撮れるプロカメラマン用ですね。素人は遠くからで(笑)

Silent Releaseではないでしょうか?
サイレントシャッターに呼応する新機能な気がします。

D6のスペックを早く知りたいです。
多分、買えませんけど。

音符マークはフォーカスプリセットの呼び出し音のオンオフではないでしょうか?
その上にあるのはMEMORY RECALLと読めるので、呼び出すフォーカス位置の切り替え(最短−任意−無限遠)だと思います。

まさ様>
anyu様>

音符のマークはMemory Callを操作した時に音を鳴らすか消すかのスイッチだと思います。従来からありますよ。


SRってのは何なんでしょうね。サンニッパとの写りの違いも気になります。それよりもサンニッパをEタイプにしてFL入れてほしかったなぁと言うのが正直な感想です。

最後のレフ機となるかもしれないので、D6は馴染みのカメラ屋にでもお願いしよう。

F6がフィルムカメラの一眼レフで最後のフラッグシップであったように、
D6もデジタルカメラの一眼レフで最後のフラッグシップとなるのでしょうか。

音符のスイッチはメモリーリコール機能使用時の電子音の設定スイッチですね。他のレンズにも付いてますね(少なくとも当方の500PFには付いています。)。

機能や性能は後々の楽しみに…と言いつつ
レフ機からは離れてしまってますが。
でもなんて言うんでしょう…フラッグシップ
なんか高くてフィルム時代以降は買ってないけど、
それでもD6画像を見ててワクワクするし、存在に
安心するし、しっくりくるし憧れる風貌です。
もうレフ機を買う事は無いので勝手な意見なん
ですが、レフ機はレフ機で残って行って欲しいと思う。
終わらせるにはデザインも含めて惜しい完成形です。

AF-S NIKKOR 120-300mm f/2.8E FL ED SR VRの発表を受け
ニコンは生粋の光学屋なんだなぁと思った

来年のオリンピックに向けて、フラッグシップの開発発表ですね!

最後のレフ機になるかは兎も角、まだミラーレスではオリンピックは撮れない、というニコンの回答だと思います。

低輝度時のAF性能、ボディ剛性、耐候性が必要となるプロの現場では、まだまだレフ機がメインですから。

D6 は本当に 「発表」 だけでしたね ^^;

> AF-S NIKKOR 120-300mm f/2.8E FL ED SR VR

SR が注目ですね。 文字の挿入位置的に、新たに採用されたレンズないしガラス材でしょうか ( VR もレンズ群の一種と解釈できる)。 R がつくので何かしらを減衰させる 「機能」 かもしれませんが、単純な新機能であれば、文字は VR の後ろに来そうな気がします。

ニコンがまだ採用してない最近のレンズって何でしょう? 高屈折低分散レンズ? あるいはキヤノンの BR レンズのようなものだったりして。

おおお、まさかの120-300 f2.8!
手は出せないと思いますがワクワクしますね。
望遠はまだまだレフ機で撮る人が多いですし、アダプターでZもカバーできるということでしょう。
久々にニコンで熱くなりました。

D6は最後のFマウント一眼レフですかね~。
これのために貯金していたので予約できる段階になったら即予約です。D一桁機を愛用していると買わずにはいられないです(^_^)

 最後のFマウントといわれるD6、発表になりましたね。
 個人的に奇数番号がラッキーナンバーなのでD7まで頑張ってほしい。
 にしても、スペックが気になりますね。

D6は正面の見た目はD5とほぼ変わっていませんね
ペンタ部天辺が何か搭載されて高さが増してる感じで
実質D5Sといった感じに見えますが正面以外や中身がどうなっているのか早く知りたいですね
まだまだこれだけでは何とも判断しがたいです

この120-300mmがテレコン内蔵だったら最強でしたね。

D6,と120-300 発売されたら絶対購入します!!!

ついに出ましたね!
D5を使っている身としては気にならない訳はありません!スペックの発表が待ち遠しい。ニコン一眼レフの集大成としての性能を期待します!
しかもまさかの120-300 f2.8も同時発表とは。
共に必ず買いたいです!

120-300/2.8には好意的なコメントが多いようですが、自分は単焦点の300/2.8に、できればテレコン内蔵というレンズが希望でした。
高額商品であれば、妥協なく単焦点をって人は多いのではないかと思いますが。

もちろん、使い勝手はズームなんでしょうが、心情は少しがっかりです。

なかなかFLタイプにモデルチェンジしなかった300/2.8も
AF-S NIKKOR 120-300mm f/2.8E FL ED SR VRという
のに変わってしまうんですかね?

レンズに関しては室内系スポーツには最強な物になりますね。
実際には武道系の試合には400では長すぎで300ではアップ目しか
撮れず全身もというと70-200と2台体制で持ち替えてる間に
技あり一本!と決められてしまい何度悔しい思いをしたことか・・・

このレンズなら全身、相手と組み合ってるところ、上半身アップと
これ1本でこなせ、後処理や即時送信の際は時系列通りに整理できルのもいいですね

去年サンニッパを買おうと思いましたが
踏みとどまって 今日という日を待っていました。
Zも持っているので 新しいサンニッパはZなのかEタイプなのか
それを見極める必要があったので
本日やっとニコンの回答をもらいました。

完全に予想の斜め上でしたが
やっぱり次世代サンニッパはZから出そうな気もして
自分の予想も大ハズレではない気もしました。

120-3002.8 出来る事なら 狙いたいです 後は値段ですね。

レンズ以外は予想通りのD6アナウンスですね。ただもう少し具体的な内容が分かるのかと思っていたのですが開発発表のみで残念です。量産カメラでないので今後は時間をかけて、何通りかの最終製品候補の中から、他社の動向やフィールドでのテストも見てのスペック決定をするのだと勝手に思っております。それにしてもZの上位機種あるいはAPS-Cモデルも同時に発表してくれるのかと期待していましたが、来週くらいにないかな。

D6が気になりますが、説明からだと新しいことは何もわかりませんね。デザイン的にはファインダー部分の高さが増したくらい(GPS?)で、ほとんど変わっていないように見受けられます。成熟方向に行ったということでしょうか。センサーとチップの高性能化で感度、動画のアップグレードはもちろんしていることでしょう。静音撮影、手ブレ補正などなにかサプライズ機能があるといいですね。

サンニッパの後継レンズの答えがこの120-300なんですかね?
値段とサイズが気になりますけど

D6ともなるとライブビューではZ譲りの瞳オートフォーカスや手ぶれ補正も搭載されそうですね。
楽しみです。

120-300/2.8E、お値段は120万~135万くらいでしょうか。
180-400テレコン付が140万越えで、300/2.8Gが81万ですから、テレコン機能を除いて考えると…。いずれにしてもお高い物だと思います。欲しいけどなぁ。

サンニッパの後継と言うより、ヨンヨンズームのバリエーションだと思うので、100万はするでしょう。
同じF値で単焦点と2.5倍の通しズームでは別物なので。
180-400に対してテレコン分だけ安なる程度かと。

ペンタ部横に入っている切れ込みは何だろう?
何かサプライズの仕掛けでも有るのかな?
あと、10ピンターミナルが相変わらず正面を向いているの残念。
少し外向きにシフトしてくれると、着脱し安いのだが…。

120-300mm/f2.8は面白いですね
所謂「大三元」は3本のレンズで200mmまでですが
このレンズをふくめて、300mmまでのf2.8トリオを出したら.面白いかも
「新大三元」とか言われそう

ペンタ部の盛り上がり、
まさかのハイブリッドファインダーでしょうか?
OVF、EVFどちらが良い悪いという議論に終止符を打つカメラだとしたら、
画期的な一台になるのではないでしょうか。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2019年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2019年9月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

このブログ記事について

このページは、2019年9月 4日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「富士フイルムX-Pro3にはボディ内手ブレ補正は搭載されない?」です。

次のブログ記事は「ニコンが「Z 24mm f/1.8 S」を正式発表」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る