ソニーα350のライブビューは動く被写体にきわめて有効

デジカメWatchに、ソニーα350のレビュー(長期リアルタイムレポート)が掲載されています。

ソニーα350【第1回】猫撮りで快適な「クイックAFライブビュー」

  • α350はα100よりAFが大幅に改善され光学ファインダーでの撮影も快適
  • ライブビューはAFが高速で動く被写体にきわめて有効
  • マクロ撮影では、撮像素子によるライブビューのほうが優れている
  • DT18-70mm は上位レンズに比べると若干甘い感じだが、カリカリしすぎないで良い雰囲気
  • DT18-70mmのフードは飾り程度で効果が疑問

 

α350の光学ファインダーは小さくて見にくいというレビューが目立つので、「快適」というのは珍しい評価ですね。

ソニーのキットレンズDT18-70mmは性能的には今ひとつのようで、このレビュアーもコメントの仕方に困っているという印象です。

サンプルを見ると、α350はキットレンズの描写力に足を引っ張られているようなので、別のレンズの作例もみてみたいところです。


トラックバック(1)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: ソニーα350のライブビューは動く被写体にきわめて有効

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://digicame-info.com/mt/mt-tb.cgi/264

ブログネタ:【クリスマス企画第3弾】年末にかけて、やってみたい遊びは? 参加中 クリスマス 本当は何が欲しくて現実的に何が妥当?  クリスマスが近... 続きを読む


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2019年
1月 2月 3月 4月 5月 
2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2019年5月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

このブログ記事について

このページは、2008年5月13日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「オリンパスZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6 発表」です。

次のブログ記事は「ニコン18-55mm F3.5-5.6G VRは広角端の歪曲が大幅に減少」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る