D700・D300・5Dの高感度ノイズ比較記事「5Dは今でも大変りっぱな性能」

CAMERA LABSにNikon D700とD300、Canon EOS 5Dの三機種の高感度ノイズの比較テスト記事が掲載されています。

Nikon D700 High ISO Noise preview

  • ISO1600では、D700と5Dはディティールを良好に保っているが、D300はザラつきが多く、フルサイズのD700、5Dと比較するのは目に見えて苦しくなる
  • ISO3200では、D700も明らかにノイズが目に付くが色ノイズが少ないので好印象。5Dはノイズがかなり多くなるが、高感度性能は今でも素晴らしいカメラ
  • ISO6400ではD700はノイズは多くなるが、多くのディティールが残っている
  • 高感度性能は全体を通してD700が優秀だが、5Dも大変りっぱな性能

こうして並べて比較してみるとEOS5Dの高感度性能は、今でもかなり優秀ですね。3年も前のモデルということを考えると大健闘と言ってもいいのではないでしょうか。

2008年8月 5日 | コメント(1)

コメント(1)

撮像素子の進化はどれ程のものなのか?進化なのか後退なのか
最新機種の高画素機は輝度が高くギスギスした画質は好きにな
れない。まだ絵作りが下手なのか?
高画素、高感度が必要なユーザーは何%いるのか?
などと考え古い評価記事を検索中。
LEICA-M   ◎
NikonD800 △
EOS-1DX  ○
EOS-5DⅢ  ○
EOS-5D ◎ DPP+DLO 艶、透明感がある。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年10月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

このブログ記事について

このページは、2008年8月 5日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「シグマ50mm F1.4 EX DGはシグマの意気込みが伝わる"熱い"レンズ」です。

次のブログ記事は「オリンパス&松下 「マイクロフォーサーズシステム規格」を発表」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る