ペンタックスDA35mm F2.8 Macro Limitedはボケ味がイマイチ?

photozoneにPENTAX DA35mm F2.8 Macro Limitedのテスト記事が掲載されています。

 Pentax SMC DA 35mm f/2.8 Limited macro - Review / Test Report

  • 歪曲は0.4%のわずかなタル型
  • 周辺光量落ちは開放では0.8EVで対象によっては目立つが、F4でほとんど問題がなくなり、F5.6で解消
  • 解像力は中央は開放から高い値だが、周辺は少々低い。ピークのF5.6では、中央は最高(exellent)レベルの解像力
  • 倍率色収差は、F5.6まではよく補正されているが、それより絞るにしたがって大きくなる。最新の単焦点レンズとしては色収差は大きい
  • ボケ味は通常の撮影距離ではうるさいが、クローズアップでは良好
  • ハイクオリティなレンズだが抜きん出ているレンズではない

なんとも微妙な評価ですね(^^; MTFは可もなく不可もなくといった感じですが、色収差が大きいのと、ボケ味があまりよくないのが少々残念です。

2008年8月23日 | コメント(0)


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2017年9月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

このブログ記事について

このページは、2008年8月23日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「中国のCanon公式サイトにEOS50Dのスペックがフライング掲載」です。

次のブログ記事は「パナソニック LUMIX DMC-FX37は望遠側がややソフトな描写」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る