キヤノンEOS-1Ds MarkIII は高性能な広角レンズが必要

dpreviewにCanon EOS-1Ds Mark III の詳細なレビューが掲載されています。

Canon EOS-1Ds Mark III Review August 2008, Simon Joinson

膨大な量なので結論の"悪い点"の一部のみまとめます(良い点はこの4倍くらいあります)

  • 広角レンズで周辺部が甘く、色収差が目立つのでよいレンズが必要
  • 全体的にソフトな描写で期待通りの結果を得るにはシャープネスを強くする必要がある。ローパスの効きを弱くしたほうがよい
  • ライブビューでAFが使えない
  • 外付けトランスミッターがなければ、ワイヤレスフラッシュが使えない
  • ミラーアップ機構が使いにくい
  • CFをデュアルスロットにしほしい
  • 価格が高すぎるのが一番の問題

今後、ソニーやニコンなどから、2000万画素以上のフルサイズ機がより低い価格帯で発売されるといわれているので、1DsMarkIII は時期的にちょっと手がだしにくいですね。他社との価格競争でEOS-1Dsシリーズがもっと値下がりしてくれると嬉しいのですが・・・

2008年8月20日 | コメント(0)


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年3月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

このブログ記事について

このページは、2008年8月20日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「EOS50Dは1500万画素になる?」です。

次のブログ記事は「ニコンD90は8月27日 or 8月28日に発表?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る