オリンパス&松下 「マイクロフォーサーズシステム規格」を発表

オリンパスと松下電器が「マイクロフォーサーズ規格」を発表しました。

オリンパスイメージングと松下電器フォーサーズシステム規格の拡張規格「マイクロフォーサーズシステム規格」を策定

  • マイクロフォーサーズ規格
    •  フランジバックをフォーサーズの約1/2に短縮
    • マウントの外形をフォーサーズ比で6mm縮小
    • マウントの電気接点がフォーサーズの9点から11点に増加
  • 広角系レンズや高倍率ズームレンズを小型化することができる
  • 超小型デジタル一眼システムの商品化が可能となる
  • これまでのフォーサーズ用のレンズはアダプターを介して使用可能

ミラーを入れるスペースは無さそうなので、ライブビューやEVF機専用の規格になりそうです。マイクロフォーサーズ規格を採用したレンズ交換式高級コンパクトカメラが登場するのがとても楽しみです。


トラックバック(1)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: オリンパス&松下 「マイクロフォーサーズシステム規格」を発表

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://digicame-info.com/mt/mt-tb.cgi/404

 オリンパスとパナソニック、「マイクロフォーサーズシステム」規格を発表(デジカメWatch)、既存のフォーサーズよりもボディとレンズをより小型化できるそう... 続きを読む


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2017年9月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

このブログ記事について

このページは、2008年8月 5日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「D700・D300・5Dの高感度ノイズ比較記事「5Dは今でも大変りっぱな性能」」です。

次のブログ記事は「キヤノンから今月(8月)に発表されるのはEOS5Dの後継機ではない?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る