シグマAPO 150-500mm F5-6.3 DG OS HSMはズーム全域で優秀な性能

PopPhotoにSIGMA APO 150-150mm F5-6.3 DG OS HSMのテスト記事が掲載されています。

Sigma 150-500mm f/5-6.3 DG OS HSM APO AF

  • AFは超音波モーターのおかげで静かで、大変高速かつ正確
  • SQFのテストでは150、200、250mmで最高(Excellent)の解像力とコントラストで、それ以上の焦点距離は設備の関係で一般のテストチャートを使用したが、300、500mmでも最高(Excellent)レベルの結果
  • 手ブレ補正は3人の異なるユーザーがテストして、1~2.5段分の効果
  • 歪曲はズーム全域でわずか(0.10%~0.16%)で旧型の170-500mm(0.43%~0.85%)よりも改善
  • 周辺光量落ちはズーム全域でF8で解消し、500mmではF11まで絞る必要があった旧型よりも改善

解像力はズーム全域で非常に優秀で、特に500mmでも解像力が落ちないのは素晴らしいです。歪曲や周辺光量落ちも旧型から改善されていて、価格から考えると、ほどんど文句の付けようのない性能になっていますね。

2008年9月 8日 | コメント(0)


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年7月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

このブログ記事について

このページは、2008年9月 8日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「キヤノンは2機種の新型デジタル一眼を用意している?」です。

次のブログ記事は「キヤノン EF24mm F1.4L と EF35mm F1.4Lがモデルチェンジ?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る