EOS50D + EF-S18-200mm F3.5-5.6 ISによる実写レポート

ふぉとカフェにキヤノンEOS 50DとEF-S18-200mm F3.5-5.6 ISによる実写レポートが掲載されています。

キヤノンEOS 50D実写レポート

  • 周辺光量補正によって高倍率ズームなどの広角端の描写も安定し、画面の四隅までしっかりと使えるようになった
  • DIGIC4は高感度側での画像処理に特徴があり、ノイズリダクションが強化された
  • より緻密に画質をコントロールできるという意味においてEOS 50Dは40Dから大きく進化

EF-S18-200mmはかなりソフトな描写で、1500万画素のEOS 50Dと組み合わせるには解像力が不足しているように感じます。あと、高倍率ズームなので仕方がないかもしれませんが、ボケはあまり綺麗ではありませんね。

2008年9月 2日 | コメント(0)


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2017年9月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

このブログ記事について

このページは、2008年9月 2日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ペンタックスK20Dの天体撮影用モデルを開発中」です。

次のブログ記事は「EF24-70mm F2.8L ISがフォトキナで発表される?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る