ペンタックスK20Dの天体撮影用モデルを開発中

AstroArtsにペンタックスの天体撮影向けデジタル一眼の記事が掲載されています。

【製品情報】ペンタックスK20D「天体用モデル」開発中

  • K20Dを天体撮影向けに改造した試作機が「第25回胎内星まつり」でペンタックスブースに展示
  • 赤外カットフィルターを取り外し、赤い星雲もくっきりと浮かびあがる
  • ボディ内手ブレ補正機構を無効にし、省電力化を図っている
  • 製品化の予定は現在では未定で、ユーザーの反応を見ながら判断

天体撮影用のデジタル一眼は、EOS 20Da以来で久々の登場になりますね。ペンタックスは望遠鏡メーカーなので、こういう展開もアリかと思います。ただ、交換レンズやデジタル一眼の開発が遅れがちなペンタックスなので、あまり手を広げないほうがいいような気もします。

2008年9月 2日 | コメント(2)

コメント(2)

こんばんは
どうなったのか興味津々です。

小瑠璃さん
こんばんは。コメントありがとうございます。
 
ペンタックスは、その後、大リストラを行うなどして、製品の計画を大幅に修正しているので、このカメラもどうなったかよくわからなくなってしまいましたね。
ペンタックスも厳しいようなので、もう少し余裕が出てくれば発売されるかもしれませんが・・・


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年9月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

このブログ記事について

このページは、2008年9月 2日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ニコンD90のサンプル画像が多数掲載」です。

次のブログ記事は「EOS50D + EF-S18-200mm F3.5-5.6 ISによる実写レポート」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る