ニコンD700の詳細なレビュー「D700は何でも上手くこなす素晴らしいカメラ」

dpreviewにNikon D700の詳細なレビューが掲載されています。

Nikon D700 Review Lars Rehm & Simon Joinson, October 2008

よい点

  • ISO12800まで使用できる、高ISOのパフォーマンス
  • 低ISOでの高い解像力と、良好なディティールの描写
  • バランスのよいノイズリダクション
  • 起動がとても早く、シャッターのタイムラグ、像の消失時間が少ない
  • 14bitRAWファイルでダイナミックレンジが広い
  • 効果的な色収差低減機能と周辺光量補正
  • 低照度下でも、正確で迅速な51点オートフォーカス
  • 信頼できる露出制御
  • 大きく明るく、高解像度の液晶モニタ
  • ピクセル等倍で表示可能なライブビュー
  • バッテリーのインフォメーションがとても多い

悪い点

  • 競合他機種より解像力が低い(素晴らしい高ISO性能のためにお金を払っている)
  • デフォルトのトーンカーブが急勾配でJPEGでハイライトが飛びやすい
  • 人工光源ではオートホワイトバランスが信頼できない

結論

  • スタジオでもロケーションでも何をやらせても大変うまくこなす素晴らしいカメラ

ここでは、D700は文句なしの高い評価ですね。サンプルを見る限り、α900などの高画素機のように、レンズや画像処理の欠点が目立たないのでとても使いやすそうです。

2008年10月 8日 | コメント(0)


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2019年
1月 2月 3月 
2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2019年3月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

このブログ記事について

このページは、2008年10月 8日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「キヤノンが非DOのEF400mm F4L ISをテスト中?」です。

次のブログ記事は「ニコンD3xは24.4MP、9コマ/秒で12月に発売?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る