ニコンD700+6本のタムロンレンズによるテスト

デジカメWachに伊達カメラマンによるD700と6本のタムロンレンズによるテスト記事が掲載されています。

【伊達淳一のデジタルでいこう!】タムロンで楽しむD700ライフ

  • SP AF 17-35mm F2.8-4 Di LD Aspherical
    • 絞って使えば、ごく四隅を除けば整った描写で画面中央部の画質も非常によい
  • SP AF 28-75mm F2.8 XR Di LD Aspherical (IF) Macro
    • 絞り開放から整った描写
  • AF 28-300mm F3.5-6.3 XR Di VC LD Aspherical (IF) Macro
    • D700との組み合わせでは結構キレがある描写にビックリ
  • SP AF 70-200mm F2.8 Di LD (IF) Macro
    • テレ側・最短撮影距離付近では絞り開放ではソフトな描写だが、1.2~1.5m付近からはシャープ。D700の高感度特性なら手持ち撮影も可能
  • SP AF 90mm F2.8 Di Macro
    • ボケのコントラストが高くならないため、フワっと柔らかなボケが得られるのが魅力
  • SP AF 200-500mm F5-6.3 Di
    • AFは遅いが、ちゃんと調整されたレンズであれば想像以上にしっかりした写り
  • D700は画素ピッチに余裕がり画像処理エンジンで倍率色収差補正も行うので、レンズのアラも目立ちにくい
  • タムロンのレンズはボケがキレイで発色が暖色系でにごりがないのが長所。フルタイムMFがまったく考慮されてないのが弱点

 

テストされたレンズのうち何本かをEFマウントやKマウント用で所有していますが、倍率色収差補正のためか、D700で撮影した作例のほうが自分のレンズより格段に性能がよく見えますね。

2008年10月20日 | コメント(0)


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2019年
1月 2月 3月 4月 5月 
2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2019年5月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

このブログ記事について

このページは、2008年10月20日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ソニーα900の実写速報が掲載」です。

次のブログ記事は「DXフォーマットレンズをD700のフルサイズで使うと期待以上の写り」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る