ニコンD90のレビュー「高感度の性能はこれまでのAPS-C機の中でベスト」

dpreviewにNikon D90の詳細なレビューが掲載されています。

Nikon D90 Review Richard Butler & Simon Joinson, October 2008

良い点

  • 素晴らしいファインダー
  • 実に見事な高解像度液晶モニタ
  • 自動色収差補正によってすべてのレンズのパフォーマンスが改善する
  • 力強いが、不自然ではない色乗り(そして、希望に応じて自由にコントロール可能)
  • 広いダイナミックレンジ
  • 使えるカメラ内RAW現像
  • カスタマイズできる機能が非常に多い
  • 高速のAFと役に立つAFに関するオプション設定
  • 高感度の性能はAPS-C機ではこれまで見た中でベスト
  • バッテリーの持ちが良く、チャージレベルの表示が正確

悪い点

  • 露出でハイライトが若干とび気味になる傾向がある
  • JPEG画像がかなりソフト
  • JPEGでもう少しダイナミックレンジが欲しい
  • バンドルソフトの機能が極めて限られている
  • 連写が100枚までの制限がある
  • 白熱電球の元ではオートホワイトバランスの性能がよくない
  • 動画の機能がかなり限定的

 

ファインダーが非常に高い評価で、こういうところで手抜きしないのがニコンらしいです。また、高感度ノイズのテストでは、APS-C機(D90、K20D、D80、KissX2)の中では、ダントツで優秀で、完全にキヤノンのお株を奪う形になってしまいましたね。

2008年10月15日 | コメント(2)

コメント(2)

こんばんは。
D90の作例をいろいろなサイトで拝見しましたが、確かに
素晴らしい描写ですね。
オートでの撮影でもかなりいけるように感じます。
50Dを狙っていた自分としてはとても歯がゆいです。

>大山さん
こんばんは
いつもコメントありがとうございます。


>D90の作例をいろいろなサイトで拝見しましたが、確かに
>素晴らしい描写ですね。
>オートでの撮影でもかなりいけるように感じます。

画素数を抑えて無理をしなかったのが、
結果的によかったのかもしれませんね。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2019年
1月 2月 3月 
2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2019年3月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

このブログ記事について

このページは、2008年10月15日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ニコンが10月22日にMXフォーマット機またはD3xを発表する?[更新]」です。

次のブログ記事は「キヤノンが2009年2月10日に1DmkIV、KissX2後継機、KissF後継機を発表?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る