キヤノンEF-S18-200mm F3.5-5.6 ISは50Dで使うには時代遅れの性能

photozoneにCanonのEF-S18-200mm F3.5-5.6 ISの詳細なテスト記事が掲載されています。

Canon EF-S 18-200mm f/3.5-5.6 IS - Test Report / Review

  • 18mmでは大変に大きなタル型の歪曲(4.5%)だが、ワイド端以外では歪曲は中程度
  • 周辺光量落ちは18mmで1.5EV、200mmで0.9EVで大変に大きく、問題を避けるためには絞って使うべき
  • 18mmでは中央の解像力は高いが周辺部は1500万画素のセンサーには甘すぎで、600万画素機に対応する程度の解像力
  • 24mm、50mmでは解像力は良好になるが、100mmでは周辺部が再び悪化する。200mmは高倍率ズームとしては優秀
  • 倍率色収差は18mmと100mmでは2pxに達する大変に大きい値で、実写でも気になる
  • 2~3年前の低画素時代なら状況が異なったが、50Dと組み合わせるには時代遅れのレンズ

dpreviewのテストでも色収差と歪曲の新記録を作ったレンズですが、ここでもかなり厳しいテスト結果になっています。特にワイド端での周辺部の解像力はかなり酷くて、絞ってもあまり改善しないのが厳しいところです。

タムロンの18-250mm F3.5-6.3のMTFのテスト結果とは、大きな差があり、キヤノンの最新のレンズとしては少々寂しい性能ですね。

2008年10月24日 | コメント(0)


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2019年
1月 2月 3月 4月 5月 
2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2019年5月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

このブログ記事について

このページは、2008年10月24日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ソニーα900開発者のインタビュー「まだまだ(高画素化の)可能性はある」」です。

次のブログ記事は「ソニーα900は高感度の画質に目をつぶれるなら最高のデジカメ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る