キヤノンEOS 50Dは高性能なレンズを使わないと実力を発揮できない

CAMERA LABSにEOS 50Dのレビューが掲載されています。

15th October 2008: Canon EOS 50D full review

  • EOS 40Dと比較すると、細部の描写は画素数から期待するほど大きな違いはないが、これはキットレンズ(EF18-200mm IS)の問題が大きい
  • 高性能なレンズ(EF24-105mm F4Lのような)を使わないと、50Dは実力を発揮できない
  • 50D+キットレンズ(18-200mm IS)とD90+キットレンズ(18-105mm VR)とを比較すると、画面のそれぞれのエリアでD90のほうがよりシャープで細部まで解像している
  • EF85mm F1.8を使った解像力テストでは、50Dが縦横とも2450lpphで40D(縦2100、横1950lpph)を上回る
  • ISO100~3200では50Dは40Dと同等のノイズレベルで、画素数を考えると大きな進歩
  • D90との比較ではISO100~800ではほぼ同等だがD90のほうがメリハリがある絵作り。ISO1600~3200では50DはD90よりソフト

 

このテストではEF-S18-200mm ISが足を引っ張りまくりで、もう少し性能のいいレンズをキットレンズにしないと50Dは能力を発揮できないようです。また、高感度はややD90のほうが強いようですね。

2008年10月30日 | コメント(2)

コメント(2)

こんにちは。いつも情報ありがとうございます。
まいどD90と50Dの話題になると思わず反応してしまいます。

50Dはかなりレンズを選ぶ機種のようですね。
売り上げランキングを見てもKiss以外はNikonの独壇場ですし、比較作例を見てもD90の方がクリアでシャープに見えてしまいます。
冬のボーナス商戦まであと僅か・・・迷います。

>大山さん
こんばんは。コメントありがとうございます。

レンズ資産の関係で他社にはなかなか乗り換えられませんが、
ニコンの中級機は実に魅力的ですね。
50Dは少し気難しいカメラという印象です。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2019年
1月 2月 3月 4月 5月 
2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2019年5月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

このブログ記事について

このページは、2008年10月30日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「キヤノン EF-S17-85mm F4-5.6は光学性能に問題の多いレンズ」です。

次のブログ記事は「ソニーは24MPセンサーを他社に販売しない?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る