ニコンD90の3本のキットレンズの中では18-55Gが画質で有利

マイナビニュースにニコンD90の3本のキットレンズの比較レビューが掲載されています。

ニコンD90 キットレンズ 実写インプレッション

  • 手ブレ補正は18-55Gと18-105Gが最大2.5段、18-200Gが最大2段で設計の新しいほうが進化している
  • ワイド端での周辺光量落ちはどのレンズもF8で目立たなくなる
  • 逆光では18-55Gがゴーストが発生しやすく、18-105Gや18-200Gのほうが少ない
  • 色収差は良い順に18-55G>18-105G>18-200G
  • シャープさは中央と周辺の平均では18-55G、中央部は18-105G、18-200Gは全体にシャープさが足りない
  • 画質を見れば、18-55Gが有利だが、トータルではD90には18-105Gがいちばん合う

 

キヤノンのキットレンズ(EF-S18-55IS)も非常に優秀なレンズですが、ニコンの18-55Gも負けず劣らず優秀なレンズですね。18-55Gがゴーストが発生しやすいのはdpreviewでも指摘されていたので、このレンズのウィークポイントのようです。

2008年11月 8日 | コメント(0)


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年7月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

このブログ記事について

このページは、2008年11月 8日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ドイツのニコン公式サイトで新型D3の発表準備中?」です。

次のブログ記事は「キヤノンPowerShot G10は高解像力が必要な風景撮影に最適」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る