キヤノンEOS 5D Mark II はシャッターを切ると中級機を実感

デジカメWatchにEOS 5D Mark II のレビューが掲載されています。

【新製品レビュー】キヤノン「EOS 5D Mark II」

  • 液晶モニターは発色、輝度ともに満足できるレベルになり、従来よりも圧倒的に良くなった
  • センサークリーニングの効果は少し効きが甘く、結構ゴミが目立つ
  • 98%のファインダーはよほど厳密なフレーミングをしない限り問題ない
  • 絵作りは、こってり系の味付けで青空の発色も濃く、色に深みが有る
  • 高感度はISO1600まではノイズを感じさせないが、ISO3200でノイズが目立ち始め、ISO6400ではノイジーに感じる
  • シャッターのフィーリングやミラーのレスポンスが物足りなく、シャッターを切ると中級機を実感させられる

 

発色がよく、なかなか綺麗な絵作りだと思います。遠景で一部の木々がモヤモヤしてしまうのは少々気になりますが、50Dほどには、高画素化の影響は感じられないですね。

2008年11月19日 | コメント(2)

コメント(2)

こんにちは。
50Dが発売になった頃、JPGのカメラ内の画像処理がちょっと変わったなと感じていました。
私も早い時期からβ機を手にする機会があったのですが
その時、同様に5D2もモヤっとしており50Dと同じ感じがしました。
ディジック4のJPG画像処理の特徴なのでしょうかね。
ただRAWだと別ものに変わります。
この記事のβ機はおそらく配布時期も同じでファームも同じ初期のものだと思いますね。
製品版がどのように変わっているか今後興味があります。

夢想花さん
コメントありがとうございます。

私もDIGIC4になってからJPEGが少々ソフトになったと感じます。
RAWではかなり画質が向上するので、
5DMk2でもRAW撮りだとかなりの画質向上が期待できるかもしれませんね。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年9月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

このブログ記事について

このページは、2008年11月19日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「キヤノンPowerShot G10はKiss X2を超える解像力」です。

次のブログ記事は「LUMIX DMC-G1はコンデジ感覚で使えるレンズ交換式デジカメ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る