LUMIX DMC-G1は動きモノの撮影にはしんどいカメラ

デジカメWatchにLUMIX DMC-G1のレビューが掲載されています。

【新製品レビュー】パナソニック「LUMIX DMC-G1」

  • ゴミ取り用のSSWFの振動回数は5万回/秒に強化。フィルターとセンサーの間隔もフォーサーズ機より広くゴミが目立ちにくい
  • ファインダー像の大きさはフルサイズ並みで、E-520やE-420と比べると空いた口がふさがらなくなるくらいの大きさ
  • ファインダーは高精細で実用的な面ではE-520あたりのファインダーを上回る
  • コンティニュアスAFは苦手で、走る電車を撮ってみると"正直しんどいなぁ"という感想
  • 前ダイヤルはプッシュ可能で、素早く露出補正ボタンに切り替えられる
  • 高感度はISO400までは常用範囲、ISO800ではティテールのつぶれが気になる、ISO1600はオマケ
  • AF精度はそれほど高くなく、AFで合焦していてもMFの拡大画面で見ると甘いことがあった

 

動きモノの撮影には弱そうですが、MF時に拡大表示できるEVFなどのギミック満載で、他のデジカメにはない面白さがありますね。

 

2008年11月18日 | コメント(0)


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年9月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

このブログ記事について

このページは、2008年11月18日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「PowerShot SX10 ISは1台で何にでも使える便利なカメラ」です。

次のブログ記事は「ニコンD3xは11月20日の記者発表会では登場しない?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る