LUMIX DMC-G1の画質はコンパクトデジカメとは格段の差

日経トレンディネットにパナソニック DMC-G1のレビューが掲載されています。

パナソニック「LUMIX DMC-G1」、初のマイクロフォーサーズ機の画質や操作性を徹底レビュー

  • G1のファインダーは、従来のEVFとは全く異質の精細感のあるきめ細かな表示で、反応もよい
  • AF-Cモードで動く被写体を撮ると、追従速度や追従性などでちょっと厳しい
  • 画質は階調の豊かさがあり、高感度ノイズも少なく、コンパクトデジカメとは格段の差
  • 高感度はISO800くらいまでなら常用しても問題ないレベル
  • キットレンズの14-45mm F3.5-5.6は全体にシャープで、低価格レンズとは思えない写りを見せる
  • メニューに分かりにくい部分が多く、一部のボタンが押しにくいのはマイナスポイント

 

他のレビューでも指摘されていましたが、G1は動きモノの撮影はやはり少々苦手なようですね(ただ、泳ぐペンギンの撮影は、他の入門クラスのデジ一でも結構厳しいと思いますが・・・)。

2008年11月30日 | コメント(0)


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年9月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

このブログ記事について

このページは、2008年11月30日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ニコンD3xの価格は5500ポンド(約81万円)で12月2日より予約開始」です。

次のブログ記事は「ニコンD3xの次はD60後継機、D400、D800が登場?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る