PowerShot G10はデジタル一眼を超える"どぎもを抜かれる"ほどの解像力

dpreviewにCanon PowerShot G10の詳細なレビューが掲載されています。

Just Posted! Canon Powershot G10 review

  • ISO80で光量が豊富な条件では、今までテストしたコンデジの中で最高の解像力
  • レンズは周辺光量落ちが少なく、ズーム全域で画面の隅々までシャープで歪曲も少ない
  • 手ブレ補正の効果は3~4段分
  • ISO80でもノイズが見え、ISO200からはノイズリダクションの影響でディテールが失われ始める
  • ISO800と1600はG9よりは進歩しているが、ノイズが多く描写が甘い
  • 望遠域やマクロモードでは暗い場所でAFが迷うことがある
  • ワイド端では色収差が目立つ
  • 条件がよい場所で適切な露出をすれば、G10のディテール描写と解像力はどぎもを抜かれるほどで、一部のデジタル一眼をしのぐ

 

G10は明るい場所で使う分には、コンデジでは無敵の解像力ですね。ただ、条件が悪くなると、とたんにノイズが目立って解像力も落ちるので、室内や夕景・夜景撮りメインの人には、少々つらいかもしれません。

2008年11月26日 | コメント(0)


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年9月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

このブログ記事について

このページは、2008年11月26日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ニコンが12月1日にD3Xとともに3本の交換レンズを発表?」です。

次のブログ記事は「EOS 5D MarkIIと1Ds MarkIII の画質は"ほとんど同じ"」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る