キヤノンPowerShot G10はKiss X2を超える解像力

CAMERA LABSにPowerShot G10の詳細なテスト記事が掲載されています。

11th November 2008: Canon PowerShot G10

  • 低ISO同士の実写テストでG10はKiss X2+キットレンズを超えるディテールの描写
  • 解像力はJPEGで縦横ともに2450lpphで、G9を10%超え、EOS50Dと同程度(LUMIX LX3は縦横2250lpph、Kiss X2は2220と2225lpph)
  • 絞ると回折の影響が出て、F8では解像力が2000lpphに落ちる
  • RAWで撮影してDPPで現像すると、更に高い解像力(2600lpph)になる
  • ISO80で絞りを開いて撮影するならベストの画質が得られる
  • 連写が遅いのと、HDのムービーが取れないのが欠点

 

G10は、低ISOで絞りをあまり絞らない場合という条件付きですが、デジタル一眼をしのぐ非常に高い解像力ですね。RAWの解像力「2600lpph」は、EOS-1DsMark3(水平・垂直、2775・2650lpph)に近い解像力です。

2008年11月19日 | コメント(0)


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年9月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

このブログ記事について

このページは、2008年11月19日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「マイクロフォーサーズ用のMマウント・FDマウントのマウントアダプタが発売」です。

次のブログ記事は「キヤノンEOS 5D Mark II はシャッターを切ると中級機を実感」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る